2014年12月20日

リフォームその後

すっかりご無沙汰。
あれから、掃除もそこそこ、除雪も時々やってます。
タンクがあった一角は、床がへこんだり破れたクッションフロアーから土のようなものが出てました。
この家には床下がなく、砂の上にコンパネを敷いてるって聞きました。なので砂?と思ったけどちょっと違う。
食器棚の部分はごまかして上にコンパネを敷いてそこに新しいクッションフロアーを張ってしまったけど、タンクの部分は夫の一声で古いやつをはがすことにしました。
結果、砂っぽく見えたのは腐ったコンパネで、それらを取り除いた下にウレタンフォームが敷いてありました。さすがにそれは腐っていません。確認して無いけど砂はきっとその下なんでしょう。
なんと、腐ったコンパネにクワガタの成虫が潜んでました。以前、家の中でクワガタを見つけ、どこから入ってきたんだろう?と疑問でしたが、まさか家の中で育っていたとは・・・苦笑。

タンク跡はけっこういい感じに仕上がりました。こんななら他の腐れコンパネも撤去するべきでした。その周りは歩いたらぶわぶわします。けど、もう新しいクッションフロアーを張ってしまったし、やり直しする気力は残ってません。
たぶん数年後に今回の経験が生きるでしょう。だって次はあそことあそことこことそことって、気になる場所はいくらでもあるのですから。

カメムシが落ち着いて、仕事も暇な11月と12月は、リフォーム月間となりそうです。

次は「開かずの間」の腐れ落ちた床を修理して(あ、そっちは階段2段分高いので床下あり。)、猫ちゃん部屋にしたいものです。
いくらなんでも猫密度高すぎになってます。

DSC00061.JPG

DSC00063.JPG

DSC00075.JPG

猫を飼うことは、贅沢な趣味だなぁって思います。


posted by kyouei at 08:17| Comment(3) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

リフォーム中

掃除の勢いが高じて、かねてからの悲願だった台所の温水タンクの撤去をやりとげました。
使わなくなってからも、夫がずーっと「重くて動かせない」と渋っていたものです。
私の背よりも高く胴回りもずっと太いそれは500キロ近い重さです。
手が入らないタンクの裏側や床の汚れがずーっと嫌でした。

表示を見たら370リットルとありました。
中の水を抜けば動かせるんじゃないか?
夫は、やりたくないことを「出来ない」と偽ります。まあ、「(簡単には)出来ない」で、あながち間違いじゃないのですが・・・。

やり始めはタンクのこっち側に置いた食器戸棚でした。
その裏側がカオスになってたので、食器を全部出して動かし、裏側を掃除して仮に敷いてたコンパネをどかし、潰れたカメちゃんも片付けてクッションフロアーを敷きました。

で、やり残ったのが温水器の一角の約一畳だったのです。しかもそこが一番酷い場所。

何かをやるたびに「あれがないと(出来ない)、これが必要・・・」と言うので、ホームセンターへ行く度に少しずつ道具を増やした甲斐がありました。
タンクの下方についた排水口から水を抜くにも専門の工具が必要です。
そうそう、何より必要だったのは「時間」です。夫は今、「ひーまー」なのです。

長くなるので明日に続く・・・。
posted by kyouei at 20:43| Comment(3) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

レベルアップ

家の修理はもっぱら外が夫、中は私と暗黙の了解となっている。
夫より私のほうが仕上げがきれいと自負してるから、家の中はハウスキーパーの私の好きにする。

天井が落ちた通路は3m弱の長さで面積にして1畳半ほどだから、厚手のベニヤを1枚半使った。
買い物に行った時から、夫は自分がやる気満々だったので、まあ、目立つ場所じゃないし好きにやらせよう。

写真は暗くて見づらいけれど、出来上がりは上々。いつの間にかレベルアップしてました。

P1060651.JPG


屋根の上の猫さん。ここも直したいところだらけ。

P1060652.JPG


新入りさん。人懐こい猫です。

P1060648.JPG





posted by kyouei at 21:23| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

補修材

仮補修した天井がまた落ちました。猫も一緒だったか現場を見てないけど、たぶん一緒に落ちてきたことでしょう。
旧校舎の軒もかなり傷んできてるので、補修材を買いに旭川へ走りました。
旭川で一番大きなホームセンターで薄めのコンパネや長い木材を買いました。
そこは1万円以上なら無料配達をしてくれます。材木だけで2万かかりました。

他にも園芸用土や○代目のノートパソコンも買いました。展示品現品でまあそこそこ、低予算に見合うものに出会ったので。
おかげで財布の中はすっからかんになり、おやつやアイスは買えません。


4月上旬、娘2人、孫3人来てました。
まだまだ庭でそり遊びできます。私も久し振りに乗ってこけました。

P1060606.JPG

森の中の妖精? お散歩中。

P1060613.JPG

一度解けた通路が新たな雪で真っ白になりました。

P1060620.JPG

外に出してる苗たちはコンテナで日差しや風をガードしています。

P1060629.JPG

園芸用品をしまっている車庫の入り口が開きました。

P1060631.JPG

とてもゆっくりだけど、ときどき(しょっちゅう)冬に逆戻りしながら春が近づいてます。
今も雪がチラチラ・・・。あぁ。

posted by kyouei at 07:21| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

ゆっくり改造中

台所は8畳、床材はグリーン系のクッションフロアーだった。色も柄も好みに近かったけど、流し台付近の、面積にしたら3分の1ほどが黒く変色して見た目の汚さMAXだった。

予算と腕と猫対策のため、さんざ考えて結局落ち着いたのは、やはりクッションフロアーだった。水をこぼしても猫が汚しても拭ける。ネットで安いのを探して1巻き購入が2年以上も前、ホームセンターでクッションフロアー用の業務用接着剤を、有効期限間近のための処分価格で手に入れたのが数ヶ月前。
そして長年の懸念だった古くて汚い流し台、引き出しにネズミの糞を発見して以来、全部抜き出して使っていない、シンクの横も裏もベニヤが破れて中に物を入れる気にならなかった、それでもシンクの広さだけは気に入っていた流し台を、新しいのに入れ替えたのがつい最近、いたるところにある隙間からいろんな物が出てくる家なので、今度のはオールステンレスの業務用にした。

壊れて巨大な廃タンクと化した温水器が置いてある場所と、床が陥没している西側2畳分ほどはまだ手付かずのままだけど、まあ、パッと見はずいぶんときれいになった。まだ茶の間に移動した食品庫や食卓テーブルなどを戻してないので広々としてる。できればこのままがいいけど、茶の間がとんでもない事態なのは困るので、一両日中には元に戻そう。

来週からまた孫チンが来る。ウチのリフォームは孫のためとも言える。
posted by kyouei at 08:19| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

リフォーム中

雪が積もって外作業が出来なくなってしまったので、
かねてから気になっていた茶の間のリフォームをやっている。

基本が「家なんて雨露しのげればいい」という考え方なので、
そりゃあ、きれいなほうが気分はいいと分かりながらも面倒でお金がかかることは後回しにしてきた。

でも、幼い孫が来るようになったので、ちったぁきれいにせんとならん←何弁だ? と考えを改めた。

工作は好きだったんだよね。
リフォームも工作の延長みたいなもんさ。
ノコギリや金槌の使い方? やっているうちに慣れるのだ。

壁に貼る化粧ベニヤを何枚も切った。
ギザギザの切り口・・・最後のほうになってきれいに切るコツをつかんだ。
細かいことを気にしだしたら進まないので(実はこだわりたい性格だけど)、
以前よりちょっとでもマシになればヨシとした。

気にかけていることは、
安全な部屋、掃除しやすい部屋、猫の居場所がある部屋。

リフォームはパズルみたいなもんだ。
「なるべく安価に」が大前提だけど、だからといって何でもいいということじゃない。
自分の家だから好きなように改造できることは強みだね。
古いから、失敗したって気に病むこともないのがいいね。
ゆがんでいたり腐っていたり、仕方ないさ人間だって劣化する。

手をつけるまでに長い時を要したけど、やりだしたら面白い。
どこまで変われるかなぁ。構想はいろいろ尽きないのだ。

posted by kyouei at 08:48| Comment(3) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

水難

やろうと思っててもなかなか出来ないけれど、一度やらないと決めたら逆にやりたくなる、そんなことはありませんか?

という訳で(どんな訳?)、年末から掃除やプチ・リフォームをやり続けています。今日はペンキを塗りました。私って、盆も正月も関係ないんだな〜、やりたい時がやる時なんだな・・・。


ドライバー持ったりノコギリ挽いたり、メインは古くて汚くて臭くて使いづらい台所をちょっとでもマシにしようとしています。が、予算も腕も無い私のやることなので、かかる日数の割には劇的変化はなく、来週来る末っ子に「どこが変わったの?」と言われてしまいそうな気もします。

まあ、いいの。私が使いやすい台所にするんだもんね。
今日もチマチマと作業をしていたら、あれ?ジュータンが濡れている。何でだろう? 水はこぼしてないよね、誰かおしっこした? 夫はずっと外で雪降ろししてるから、夫がくっつけてきた雪がこぼれて融けたのでもないし・・・不思議だな。


茶の間のドアを開けたら、玄関もびしょびしょになってたよ。それを見て思いついて部屋を見回したら・・・いたよ。


ずぶ濡れの仔猫。

タオルで包んでしっかり水気をふき取って、ストーブの前に置きました。


久し振りの拭き掃除に使おうと、いつもならすぐ抜くお風呂の水を残したままだった。慌てて栓を抜きに行ったけど、半開きのドアを開け、浴槽の中を見るのがちょい恐かったわ。


子どもが小さかった頃は、風呂の水には充分気をつけてたけど、今ではすっかり忘れてた。
でも、落ちたであろう瞬間を想像したら、よく這い上がれたなぁと思う。
出てきてくれてありがとうだよね。
posted by kyouei at 23:39| Comment(4) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

クッションフロア

台所(約8畳)にはペラペラのカーペットを敷いていた。ホームセンターで一番安かったやつ、4.5畳サイズだけど。
数年経ったらかなり汚れて、さらに猫が爪をかけて、ループがびよーんと伸びたりもしてたけど、まだ替える予定じゃなかった。
けど、台所の掃除をしてて、カーペットの下が気になり、端をめくっているうちにえーい全部剥いじゃえーとなり、一人で冷蔵庫を動かしたりして、今日はかなり奮闘したのです。

屋根の雪下ろしをしてる夫が休憩で戻ってきた時に聞きました。「これ車庫で使う?」
ここらでは古いジュータンやカーペットを、車庫に敷く家がけっこうあるのです。
「要らない、俺はそういうの嫌いだ。」
はいはい、私も好きじゃない。1枚丸のまま剥がすのは大変だけど、ゴミ袋直行ならザクザク切ればいい。薄っぺらのカーペットは切るのが簡単だ。ゴミ袋2つに収まりました。

さて、下から出てきたのは緑系の細かい柄のクッションフロア。私の好み的には悪くない模様だけど、流し台に近いあたりが相当大きく黒っぽく変色している。だからカーペットを敷いていたんだっけ。

床は木を張りたかったんだよね。最初のイメージは。最低でもフローリング。けど、無理だな、少なくても今は無理だ。猫が何をしても惜しみなく拭けるクッションフロアでいいや。そう最近は思う。汚すのを防げないんだから、掃除するのが簡単なのが一番だ。
今あるクッションフロアの上に、重ねて張るのはそう難しくもなさそうだし、今はまだ替えれない流し台の下の分まで買っておいて、そこは後からやればいい。つなぎ目は諦めよう。

ネットで前から目をつけていた店は、1m(182cm幅)820円からある。8畳だったら約8m、送料を入れても1万円もしない。これなら惜しみなく挑戦できる金額だ。
けど、もうちょっと違う柄をと、下から2番目を選ぶあたりがほんとに小市民。(お店の思う壺?)
次のランクは1m1280円なので、1万ちょいか、まあ許容範囲だな。夫にいちおう確認をとる。夫はこの件に関しては何でもいいそうな。

それでも、もうちょっと考えてみようと、そこを保留にしたまま、食後にまたふらふらと検索をしてたら、まったく同じので1m880円という店を見つけた。これは明らかに安い。えーい、もう注文しちゃおう。

白っぽい柄にしたから台所が明るくなるだろう。けど、白っぽい柄にした一番の目的はカメムシを見つけやすいからなんだよ。そしてこの機に床と壁の境にある隙間を埋めようと思う。そこから越冬カメムシが出て来るんだよ。今は応急処置にマスキングテープを貼ってある。実は家の中あちこちにこのテープを貼っている。
それを見た夫が「それって、そういう使い方するんじゃないよ。」と言った。知ってるよー、それくらい。ぷんぷん。けど、ガムテープより使いやすいしはがすのも楽、とりあえずやつらの侵入を抑えるには、とてもいいアイデアだと思ってるのです。


さて久々のリフォームはうまくいくでしょうか?
posted by kyouei at 03:10| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

短期貯金

温水器をボイラーに替えるにあたり、設備屋さんに聞いた。まずは手の届く範囲かどうか分からないとね。
「およそ、10万?20万?30万?50万?100万?」ってね。
50とか100だったら今年は無理。

返事は「30もかからない」だった。

今度は電気温水器をやめて、灯油のボイラーにするので、新たに配管をしたり、壁に穴を開けて煙筒を付けたり、その前に、今ある私の背よりも大きく直径1m近い巨大タンクの中身を抜いて、外に出し、沈んでいる床や掃除の手が届かなかった後ろの壁を直したりと、ちょっとしたリフォームも含む。

工事予定は夏頃なので、お金を貯めよう。
ウチの貯め方は私が働いて収入を増やすのじゃなくて、支出をいかに抑えるか。特に食費は腕?の見せ所。

長期の貯金は苦手だけど、目標がはっきりした短期ならやれそうだ。

もしも上手くいったら、来年は流し台を取り替えよう。
こっちも相当酷くて、引き出しや流し下の収納スペースが死んでいる。
こうして経済と相談しながら、優先順位を付けてちょっとずつ替えていこう。

あと2〜30年は生きるつもりだから。笑

posted by kyouei at 10:43| Comment(3) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

素人左官

茶の間のサッシ窓が壁より浮き出ているもんで、
そんですぐ横に玄関の小屋根があって、そのトタンがどうも壁側に傾いているようで、
雨が降ったら2階の分もそこに落ち、窓の上の壁際を流れる。

結果、雨漏りなんて程度じゃなく、茶の間の窓から雨が降る。

モルタルの壁はどうしようもないもんなぁ。

見もせずに夫が言う。

どうしようもなくても、どうにかせにゃならんでしょ。

屋根を付け足すか?はしごを立てかけるようにして上にトタンを張れば・・・。
冬は外す、でないと壊れる。

それより壁を盛ってみたらどうだろう?
要は茶の間の壁に流れて来なければいいんだし。

と、いうのは簡単だけど、やるのは結構難しそう。
今、はしご持って来て夫が登り「やっぱダメだな。」と言ってる。
「何でもいいから、なんかやってみたら。」

とにかく言うだけじゃ前に進まない。
posted by kyouei at 13:26| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

重い腰

延び延びだった、外への水道配管工事。
今年の春は雨続き(で、必要に迫られない)だったり、ダンナが忙しいからなんたら、まったくウチは夫婦そろって超のんびりになってしまっている。

工事主任のSさんが、見かねてダンナの休みにやってきて、メジャーでパイプの長さを計り、ダンナが必要な部品をメモした。水道のパイプは風呂場からトイレに向かう配管に分岐をつけて、天井や壁に沿って玄関横まで伸びる予定。途中洗濯機の近くにも蛇口を付けてもらう。直線距離なら8mほどだけど、曲がりくねるので、4mのパイプ3本を買うことにした。
「見かけはどうでもいいから、工事がしやすいようにしてね。」と、言ったものの、見るからに面倒くさそう。部品はどうぜ足りなくなって、後から買いに走るんだろうと予測している。

私はともかく、外に蛇口が付けばいい。靴を脱がずに、風呂場の蛇口までホースを付けに行かずに済めばいい。今日は旭川まで久々にお買い物。
posted by kyouei at 07:00| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

憧れの外蛇口

Sさんがやってきて、前々から私が望んでいた、外への水道配管の話を進めてくれた。幌加内の家もそうだったが、この家も外の水栓がない。庭や畑に水を撒くには、風呂場の蛇口に長いホースを繋ぎ、玄関を通して外まで引っ張っていた。
洗濯機はその中間にあり、先日買った6mのホースはさすがに長すぎたが、使うたびに風呂場の蛇口にホースを取り付けてと、いちいち面倒だった。それまで使っていたホースは劣化して細かい傷があったらしく、洗濯するたびに辺りが水浸しになっていた。だから、同時に、洗濯機に近いところにも蛇口を付けて貰う予定にしている。
配管は天井や壁を這わすから、見栄えは悪いけど、そんなことはどうでもいい。実用第一なのだ。

蛇口も玄関の横に、壁からにょきっと突き出る予定。何ともユニークな家になるだろう。

実際の工事はSさんがやってくれるけど、配管の図面や資材の調達は自分たちでしなくてはならない。いざ付けるとなると、いくつかのルートが考えられる。
工事のしやすさと使い勝手を考えながら、頭の中でシュミレーションを描いている。
posted by kyouei at 02:20| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

2年がかりのペンキ塗り

先週、屋根のペンキ塗り作業が一段落した。最初は私も手伝うつもりだったけど、結局夫が1人で全部やり終えた。20間×4間、ほぼ80坪分の建物だから、素人がちまちまやるにはかなり広い。
いつもその日塗る予定の反対側に軽トラックを置いて、そこからロープを伸ばし、屋根の一番高いところを越してから、自分の腰に巻いて命綱もどきにした。

高いところは怖くて嫌いだし、キズだらけのトタンをなるべく塗りつぶすという意外に細かい一面もあって、作業はぼちぼちだ。しかも勾配が相当あるので腰が引ける。不自然な姿勢はすぐ腰が痛くなり、長時間はできない。

それでもやり続けていたら、いつかは終わるものだ。「一生懸命やればあと数日で終わる」と宣言してから先の長かったこと。ああ、完了記念パーティでも開いてやれば良かった、などと今更思う。

その日の夫は、寒かったから、疲れたからに加え、安堵感もあったのだろう、私が暗くなって外から家に入ったら、あれ?茶の間に居ない。2階にも風呂場にも気配がない、どこだ?と探したら、寝室で寝てた。夕方に寝てしまうなんて滅多にないことだ。

「今年の雪下ろしは慎重にしないとなー。」
そう、ペンキは屋根を丈夫にし、雪の滑り具合を良くする。屋根の直下は雪を残して、仮に落ちても大事に至らないように気をつけなくちゃ。

田舎暮らしは慎重すぎるくらいがちょうどいい。
posted by kyouei at 08:43| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

リフォーム方針

毎日住む家は、床は木がいい、棚は作りつけにしたい、など、大まかな理想はあるものの、超低予算と力量不足に加え、柱や梁がほとんど表面に出てない作りなので、簡単に手を出せないまま1年以上が過ぎようとしている。

台所はまず水回りを直さないと先に進めない。それには流し台を全部どかさないとならないから、そのとき邪魔になる大きな家具や重たい物をまだ置けない。
ガスも換気扇も手付かずだ。もっとも今のところちゃんとした料理を作る意識が低いから、それは全然苦じゃないが、それぞれを然るべき位置に決め、早くすっきりさせたい。

茶の間も同様、私の足腰の都合から、床に座るより椅子に座る生活に変えたいと思いつつまだだ。

でも、玄関はTさんのアドバイスのおかげで、少し方針が見え始めた。どこに釘が効くのか分からないなら、まず釘を打てる板を張ればいいとな。

どうせなら、そこを定位置とする物のサイズに合わせた棚を作りたい。玄関に常駐するだろう物が、1年分の玄米(4俵=30キロの米袋8つ)だったり、漬け物用の樽、越冬野菜、まとめ買いの卵(生産者から直接50個)などになりそうだから、ネズミ、猫、カメムシ、その他の虫などから守れ、それぞれの保存適温に合う位置、それに時々起こる水害なども頭にいれるとかなり広いスペースがあるにもかかわらず、難しいパズルのようになってくる。

北海道の冬の家は、茶の間と台所は暖房が効いて暑いが、玄関は寒い上に注意しないと物が凍る。が、温度管理が上手く出来れば天然の冷蔵庫、冷凍庫にもなる。

一瞬の油断で、全てがパーになる危険も隣り合わせだけど。
posted by kyouei at 08:00| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

近所のSさん

近所といっても3キロほど離れているけど、リフォームの達人Sさんが寄ってくれた。
去年一部を換えた水道管の残りを、今年はお願いする予定にしてる。ま、それを見に来た訳じゃなく、ぶらっと遊びにってとこかな。山菜はまだでないし今が一番暇だと言ってたから。

Sさんも茶の間の窓側を見て、ここ一面を透明の窓にしたらいいねと言ってくれた。そうそう、そうしたいのよー。どうぞSさん、その資金が貯まるまで長生きしてー。
posted by kyouei at 17:28| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

壁紙貼り

今まで手付かずだった洗面所を、いかに安価できれいにするか長いこと考え続けてきた。水周りってのはどうしても汚れがちで可愛い壁紙が貼られていたけど、相当くすんでいたし下の方がはがれていた。
どこもかしこも本物の板を貼りたい、でもそれは予算が許さぬ・・・。

5m3,800円から1,000円に値下げされた、明るい木目柄模様の壁紙を一昨年に4〜5本買っていた。値段に釣られて買ったものの「やっぱり茶の間にはなぁ・・・」と保留していた。これを使おう。

壁紙を貼るのは、京都でおじいちゃんち(かなり古い家)に同居していた新婚時代以来、ほぼ四半世紀ぶり。
それでもあの時、何とか出来たのだから楽勝だと思っていた。1枚目を貼るまでは。

ああ、「情けない」を通り越して「悲しい」よ。いくら洗面台との隙間までカバーしようとしたからって、なんなのこの無様な出来栄えは。シワになるしあっちこっち浮いてるし意気消沈だー。

でも、やらにゃ始まらない。やり続けなきゃ終わらない・・・なんとか気を持ち直して貼り方説明をもう一度よく読みなおす・・・「あっ、水をたっぷり含ませたら3分間置くと書いてある!」失敗の原因を見つけ、糊だらけの水滴をポタポタと落としながらさっきよりもっと広い面を貼る。今度は邪魔な物もなく、「私って上手じゃん」と、さっきとまるで別人の気分。
しかもトイレに行くとき、開け放たれたドアから見えるのはこのきれいな部分。普段感想をのべない夫も「きれいになったね」と言ったよん。

posted by kyouei at 17:48| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

木材半額

旭川の帰り道は士別経由だった。で、友人がネズミ捕りを買うというので、そこのホームセンターへちょっと寄る。この時期はお花関係が全然ないので、私はまっすぐ木材売り場へ。そしてそこで目にした黄色いラベル、そう値下げ処分のしるし。私はこれに弱い。
さっと見たところ、展示中に反ったりひび割れしたのが半額以下になっているっぽい。どうせゆがんだ家に合わせながら作るのだし、試作品みたいのしか作れないし、何より先立つ物がないのだから、即「買い」を決意。

翌日、夫の仕事終了後に軽トラックで買いに行く。何をどう作るとか直すとかどこにも教科書は無い。ある日突然ひらめいた時のために、手元に材料をたくわえておきたいのだ。
posted by kyouei at 21:14| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

タダ素材

友人の店から出るダンボールをせっせと貰ってきてる。半分にたたんで壁際に置いて防寒対策にしたり、一番安いペラペラのカーペットの下に敷いたりする。

ダンボール箱が、それと分かる状態で家のあちこちにあると、いかにもチープな感じになるので、ふっと思いついてスカート(タイトっぽいの)をはかせてみた。それが箱にぴったりなので、そのままゴミ箱カバーにした。ならば、とTシャツも着せてみた。それもぴったりなので調子に乗って何個も作った。
もちろん、スカートもTシャツも不要衣類の再利用。

ダンボール箱に生地を張って簡易家具というアイデアは昔からあるが、これなら糊やボンドも要らないし手間も大幅に省ける。こんな利用法を考え実行し、元手をかけずにいかに生活を(ほんのわずかでも)向上させるか、工作大好きな私は楽しい毎日を送っている。
posted by kyouei at 15:38| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

簡易食卓を作ったよ(まだ不完全)

毎日氷点下、毎日雪だるま(の天気予報)。
年末年始に娘のダンナも一緒に来るみたいだし、外作業もできないので、やっと室内に目が向いた、というか、リフォームのスイッチが入った。

共栄の夜はTVもネットもできないので、最近は針と糸をもって縫い物をしている。昨夜友人からもらった布を引っ張り出したら、食卓椅子の形に切ったのを発見。そのままわが家用に縫い始めた。
座布団の中身は「猫におしっこされたから要らない」と言った息子の掛け布団。それを三つに切って洗濯機で洗った。
やっと、ゴミになりそうな物たちを活かせる暮らしが始まってきた。ビニール、ダンボール、不要衣類、布団・・・ゴミ屋敷にならぬよう上手に整理してリフォーム・リユースさせたいな。
posted by kyouei at 16:29| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ルンペンハウス

夫が遠くで娘と話しているのが聞こえた。
「まるでルンペンハウスだよ。」そんな会話。

確かに、ここ数日の冷え込みで焦って玄関にまで布を張った。しかも2色柄違い。すきま風対策にビニールやダンボールも多用した。ちょっとやりすぎ・・・いや、今だけだよ。
カーテン(布も含む)をつければ暖房効果は高まる。でも、その分光が入らないので暗くなる。通路を遮れば歩くのに邪魔になる。下手な布使いはルンペンハウス以下。

だけどねー、お金をかけずにってのがネックなのよん。センスがないと難しいわ。
posted by kyouei at 11:48| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。