2007年02月09日

続・軽トラック

昨日待ち望んでいた軽トラックが来た。総額348,000円なり。平成6年車とちと古いが足回り重視で色々新しくしてもらったし、何かあればすぐ修理を頼める安心感が地元業者のいいところ。

まだ初心者マークの娘や息子も乗れるよう保険の限定はなしにした。SさんのサービスでJAFにも入った。娘は免許をとってから半年以上になるが、全然運転してないので、運転の仕方を忘れそうだという。

世間ではウチがもうkyoueiに引っ越したことになり、娘は軽トラックでkyoueiから通うことになっている。噂はどんどん捏造されていく?



posted by kyouei at 13:12| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

町道除雪

この町は道内屈指の豪雪地帯である。
雪に関するトラブルでよく聞くのは除雪した雪の持って行き場。隣んちに広い庭があるからってそこに雪を捨てたら怒られる・・・みたいな。
でも、この町は過疎が進んで空き地だらけだし、除雪態勢はかなりいい。いつまで続くという保証はないけれどね。

さて、kyoueiハウスのある場所は、国道から斜め左に入った旧道が大きく右にカーブしてまた国道に出る、そのカーブのとこにある。この旧道は今は町道らしく、ひんぱんに町の除雪車が入り、カーブのところで一度奥へずーっと押すから、シャッターの前の道は、いつもかなり広い。これは除雪をする側にとってすごく楽。

もっとも本来の玄関までの道は、片手間の除雪じゃ追いつかないので現在閉鎖中。
posted by kyouei at 00:49| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

携帯圏外

わが町も集落のある所を中心に巨大アンテナが立って、普段は携帯電話を利用できるけれど、kyouei地区はいまだ取り残されたまま。家の電話はまだまだ移動しないので、kyoueiにいる間は連絡不可能な状態になる。

もっとも私の携帯なんてほとんどがスパムメールばかりだから、かえって静かでいいってもんだけど。

どうしても電話をかける必要ができたら3キロ先のsyumarinaiへ足を延ばす。

でも、kyoueiでも場所によっては電波が届くらしいと聞いたので、先日帰りの車中で携帯の電波状態をチェックした。国道を南に数百m行くとアンテナは立たないものの圏外表示が消える。ふと、屋根の上ならどうだろう?いや、その前に2階の部屋も要チェックだな、と気付く。どこかの家では窓から携帯を出したら使えるなんて聞いたこともある。

今度行ったら確認しよう。
posted by kyouei at 17:00| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

蛟竜尋常小学校

kyoueiハウスは、共栄小学校の前に蛟竜尋常小学校と呼ばれていたんだそうな。
この小学校の歴史について分かることがあれば、おいおい記していきます。これも何かの縁ということで。
posted by kyouei at 11:41| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

遠出の疲れもいえぬ内に、

旭川の法務局で手続きしてきました。
登録免許税、前に書いたのは土地の場合で、建物はその倍とのこと、22,500円を納めてきた。

帰りにホームセンターに寄った。どれもこれもあれば便利そう・・・な、物ばかり。財布の中身を気にしなければあっという間に持ち金が消えてしまいそう。いつもなら、そうそう買い物に出られないけど、今週中に出来た書類を受け取りにまた旭川へ行くから、今日の買い物は少しだけ。釧路で外食三昧をしてしまったので、今日のお昼は帰ってからのインスタントラーメン、夜は裏のおばさんから貰った煮物。

夕食後またNさん宅におじゃまする。共栄にまつわる珍しい話をたくさん聞けて楽しかった。

posted by kyouei at 23:43| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

目指すは月10万円生活

家計簿を買った。来年の予算を立てて今がいちばん張り切っている。

あなたは家計の集計を出していますか?1ヵ月いくらくらいの生活をしてるか把握してますか?「うちはそんなに使ってないよ」と言われる方、試しに総収入から税金・保険料・預貯金を引いて12で割ってみてください。思った以上の出費をしてるでしょう?

ウチの家計では、いくら貧乏貧乏と叫んでも純生活費は月20万を越してます。でも、2年半後に教育費がかからなくなって、娘の収入もあてにしない夫婦2人だけの生活になったら、月10万でやりくりをせねばと考えている。

もちろん、今のRV車は手放します。車は1台、軽トラックのみ。(まだ買ってないけど) ストーブも薪をメインにし、病気なんて出来ないから食生活に気をつけます。お金のかかる遊びは元からしないのでストレスは溜まらないでしょう。いかに工夫して暮らすかを考えるのが楽しいので、こんな生活自体が遊び&趣味みたいなもんです。
posted by kyouei at 09:37| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

リサイクルコーナー

元校舎の使い道がどんどん広がる。
1番に園芸コーナー、2番が木工・手作り関係、
その他みんなが集まって焼き肉なんかできるスペースも作りたいし、酔ったらごろっと横になれる、「こあがり」的な場所もいい。

だんだんと物が集まって来るにつれ、リサイクルコーナーもあれば便利かな?となってくる。
今までのわが家の生活は、狭さと貧乏との戦いで、物を買わない・増やさないを心掛けてきた。それでも頂き物は増え、捨てられない性格ゆえ、収拾がつかなくなっていた。今度こそ物の置き場をきちっと決めた家にしたい。

もちろん、きれいに並べねばゴミ屋敷になってしまうので管理や注意は必要だけど、せっかくあるスペースだもの有効に活用したい。
posted by kyouei at 17:26| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税金

登録免許税が12,000円くらい
不動産取得税が36,000円くらい
固定資産税が・・・
まあ、仕方ないよね。
課税標準額はそれなりなんだから。
posted by kyouei at 01:45| Comment(2) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

本棚のあるコーナー

友人から○○っていう人の漫画いらないかい?ってメールを貰った。それで思い出した。

最近は、本を読んだり買ったりする時間もお金もないけれど、元々はかなりの活字好き。子どもが小さい時は絵本を次々買い込んで、絵本の読み聞かせをする家庭文庫を開きたいと考えた時期もあったっけ。

元校舎は、誰でも気軽に入れるオープンスペースにしたい。そこで一日中でも何日間でものんびりゆっくり過ごして欲しい。忙しすぎる現代人に。

北側の壁は一面の本棚にして、その前に靴を脱いでくつろげるコーナーを作り、コタツなんかあるのもいいな。コーヒーはセルフ&カンパ・・・近くにコンビニも食堂も無いから簡単な自炊もできるようにして・・・

なんて、夢は膨らむけれど、人口密度の極端に低い地域、誰が寄ってくれるんだろう???
posted by kyouei at 08:49| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

除雪要員

東京の学生寮に住む息子と電話で喋っていたら、2月下旬頃に車で荷物を取りに来て欲しいと言う。息子は4年生、4月からの就職が決まっているが勤務地は未定(多分本州のどっかの工場)

そうかー。3月はこっちに居るって事だな?こりゃちょうどいいや。kyoueiに住まわせてついでに除雪も頼んじゃおう。

さて、母の思惑通りに事が運ぶかな?
posted by kyouei at 10:45| Comment(2) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

バス停の除雪

今日は曇り、道路の雪は解けてきた。

玄関の所に変則的な手書きカレンダーが貼ってあった。
「これは何?」とNさんが居た時に訪ねたら、バス停の除雪当番の日付だという。

kyoueiの家は国道から少し離れた旧道にあるけれど、徒歩5分くらいの所にJRバスの停留所があるのだ。
しかもバス停だけのじゃなくて、フィンランド製コタハウスの待合室まで付いている。コタハウスは6角形の小さな小屋、あれ100万もするんだよ。
kyouei地区の人家は、ウチとバス停までの中間に1件、Hさんの家があるだけで、Hさんの所には車が2台、夫婦ともドライバーだ。
このバス停の利用者は、おそらく1年間でも延べ10人に満たないと思われる。それでもウチは車を1台しか持ってないし、もしかしたらいずれお客さんが来るとも思われるから、近くにバス停があるのは助かる。

このバス待合所にどんなに雪が積もっても、バスを待つ人が入れるように、各地区では除雪担当者を決めて(ほとんど近くの住人)、年間に何万かの手当てが貰えるらしい。

今まではHさんとNさんが一ヶ月を2つに分けて除雪当番を交代でやっていたようだが、ウチがそこに住むのは、まだ1年以上も先の予定だ。
それでも、ちょっと気難しいらしいHさんとうまくやっていくために、除雪の相談をしに行くつもりでいる。
手土産の菓子折りは用意してあるので、次の夫の休日にご挨拶を兼ねて行かねば。
posted by kyouei at 14:54| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

おもしろいひと

某情報によると、役場にぜにきんの某TV局から電話がかかってきて、「おもしろいひとはいないか?」と、聞かれたそうな。

2〜3年後なら、ウチもおもしろいひとになってしまうかも。
posted by kyouei at 06:47| Comment(2) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ハジメマシテ・・・。

北海道移住生活第2弾が間もなく始まろうとしています。
長年の夢、自給自足生活に一歩でも近付くべく選んだ場所は、hokkaidou-horokanaityou-aza-kyouei。
現在人家2軒、隣の家まで数百m、さらに隣は数km先のaza-syumarinai。申し分のない環境です。(笑)
昭和7年に建てられた木造校舎と、付属する中古住宅がこれからのわが家になる予定。
庭は広く約1ha。借地だけど、あんまり田舎過ぎて好き放題ができる(多分)のが取得です。

今はまだ市街地の公営住宅に住んでいて、近所の人に詮索されたくないので地名はすべてローマ字表記です。
まったく、田舎の人間ってよっぽど暇なのか、ひとんちのやることをよく見ています。
でもって、いくつかの事実から、本人さえ考えつかないことが捏造されます。
そんな世間から離れられるのは何年後のことでしょう?

「ハーディネスゾーン4」とは、耐寒性指標−28.9以下の地域のこと。植物を育てるのが生きがいな管理人です。
posted by kyouei at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。