2009年12月23日

解けない雪

昨日は新潟県にトップを奪われた積雪深、今日は再び返り咲き。(笑)

思うに、向こうの雪は一気にどーんと降るけれど、湿度が高くて解けるのも早いんじゃないかと。

それに比べここの雪は解けない。ひたすら降って降って、ひたすら積もっていく。
それに降雪の計り方に疑問がある。体感的には記録よりずっと多い。
昨日から今日まで10センチ? 嘘でしょ。雪はねしたのに夫の膝まで積もってるよ。という風にね。

そんなことはどうでもいいじゃん、一番なんだし。
だって暇なんだもん。(笑)


posted by kyouei at 09:41| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

うさ

共栄にはいろんな動物が住んでいる・・・ようで、
姿を見かけることは少ないけど、外に出ればその証を確認できる。特に冬は。

家の前の通路が、両側に壁の凹地になった。
つまり、通路は除雪しているので積雪数十センチ、北側は屋根からの雪も落ちて3m近く、南側は、はねた雪が乗って2m近くといった状態。

そのくぼんだ通路に、ウサギの足跡が西から東へ続いていた。
えっ?茶の間や玄関のすぐ前を通ってるんだ。へぇー。なんだか嬉しい。

うさを見たのは、ここへ来て3年も経ってるのに数えるほど、しかも警戒心が強くすぐに逃げていく。

玄関の前に野菜くずを置きたいなぁ。餌付けじゃないよ、そこに放置するだけ。(笑)
いかんいかん、それを餌付けって言うんだ。はい、よく知ってます。

だよね。これで万一増えて、わが家で繁殖してしまったら、庭の大事な植物を食べられてしまう。そうなれば害獣、うさに罪はないのにさ。

ひっそりと共存、これくらいがちょうどいいんでしょ。
posted by kyouei at 14:53| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

360cm分の雪

3連休の夫、半日は旭川に往復して、残る2日半びっちり雪下ろし。朝8時になったら出勤と称して身支度を始めていた。
冬の休日は、夏よりも、仕事の日よりも?よく働く。

足場の分の雪を残すから、見た目は相変わらず白い屋根だけど、「だいたい降ろせた、一回目終了。」これで安心して年を越せる?いや、年は勝手に越えていくけどね。(笑)

今日までの累加降雪深360cm。住宅部以外の雪はほとんど落ちないし解けないから、3m分以上の雪が乗っていたってことになる。

ほんとにほんとにご苦労さん。

え?その間、私は何をしていたかって?
冬眠しておりました・・・。
posted by kyouei at 19:18| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

ここだけなんだ。

お天気ネタばかりでごめんよ。
でも、この時期にこの話題は外せないもんで。

私がいつもチェックしているわが町の天気予報。

://tenki.jp/forecast/point-97.html
3時間おきの予測気温が折れ線グラフになっている。
あれ?明日はずいぶん暖かいんだなぁ?と思ってよく見たら、左端の目盛りの数値が−5℃〜−18℃だった。orz
ちなみに風速3以上だとほとんど吹雪。ここの雪はふわふわに軽いのだ。でもって、野にも山にも至るところに1m以上の雪が積もってるから、どこを見ても真っ白け、ここらは家もない原野ばかりなり。

でもって週間予報は岩見沢や札幌のだから、騙されないように・・・ずっと変だと思ってたワタシ。
さらにここ共栄の場合は、予報地点より35km北、もっと過酷なのであった。

最近、天気予報は西隣の士別も見る。ここの週間予報地は旭川、ちょい近い。でも70キロ以上離れてるけど。
その旭川空港に娘を送った夫、「旭川は雪なんもなかった。ちょっと白いくらい。」
おやおや、峠を越えない生活をしていたら、もっと全道各地に雪が積もっていると錯覚してしまう。

月曜日に娘を迎えに行く。次は私の運転、予報は暴風雪・・・やだな。
posted by kyouei at 17:37| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最大観測年度に迫る

夫は今期初、屋根に上がって雪下ろしを始めた。
どんなにちっちゃくても元学校、広さは100坪くらい、勾配があるから屋根の面積はそれ以上ある。もちろん一日じゃ終わらない。

天気予報は雪と冷え込みがしばらく続きそうで、自然落下は住宅部分しか見込めそうもない。屋根はそろそろ限界に近いほどの雪が乗っている。

12月19日午前0時の記録は、−21.3℃、積雪126cmだが、一昨日は150cm直前までなった。毎日氷点下なので、積雪深が減っているのは、雪が解けたんじゃなくて、雪の重みでぎゅっと詰まったため。ここはツララさえ出来ないのだ。

家の通路の雪は一段下がった元校庭へ飛ばすから、どんだけ降ったか実感は薄いけど、昨日、朱鞠内の郵便局へ行ったら、道路わきに、車道と歩道の雪を集めた屋根まで届く高さ3mくらいの雪山がいくつもでき、道端の家が見えなくなっていた。

過去のデータを見れば、累加降雪深15m、最大積雪深3mという記録がある。
://yukidb.yukicenter.or.jp/yukidb/yukidb_amegraph01?ame=15900 (コピペして頭に4文字追加)
今や、その年の折れ線グラフに迫る勢いで、今年のグラフが近づいている。
posted by kyouei at 01:22| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ずっと雪

土曜日から降りだした雪がやまない。天気予報は月曜日まで雪だるま・・・ってことは10日間降りっぱなし?
雪が降ったらそんなに冷えない。でも、「そんなに」のレベルが違う。今日は終日7〜8℃、昨日の夜中は18℃。もちろんマイナス。

屋根雪がやばい状況になってきた。今度暖気が来たら、校舎のストーブをガンガン焚いてって考えてたけど間に合わない。去年の年末も同じことやってたなぁ。まったく進歩ない。

夫は、「ジェットヒーターがあればなぁ。」って言ってた。ネットで調べたらオークションに入札殺到、考えることはみな同じらしい。あれから1年が過ぎたのよね。

夫の休日は雪はねと雪下ろし、雪まみれの冬は始まったばかり。
posted by kyouei at 18:46| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

荒れ模様

−20℃が2日続いた翌日に、気温がプラスになり雨が降った。そして今日は一日中氷点下で風が強く、終日吹雪き、窓からの景色が白くかすんだ。
積雪80cm、吹き溜まる場所はもっと・・・かもしれない。

外へ出たいと騒いだ猫が、玄関のドアを開けたら躊躇(ちゅうちょ)して、一歩だけ踏み出してすぐUターン、私も猫同様ずっと引きこもり。

この時期の外出は極力控えめ、約束も「天気が良ければ」という前置き付き。それが20数年間この地で暮らした結論。どんだけ吹雪の中で往生したことか。

いくら対向車が滅多に来ないとはいえ、気が付いたら対向車線を走っていたなんて、生きているからこそ笑える話。
posted by kyouei at 16:59| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

縛れ始めた湖へ

今朝の朱鞠内湖

P1030641.JPG



P1030629.JPG



P1030626.JPG



P1030637.JPG



P1030648.JPG

posted by kyouei at 23:36| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

やっぱり日本一寒く・・・

雪も多い。

朱鞠内 今朝、7時の気温 −20.5℃ 積雪44cm。
ぶっちぎりの一番です。\(^o^)/

この時期、道東に負けることが多いけど、なんのなんのしてやったり。(笑)

外の景色がとてもきれいだけど、このブログ、画像アップが面倒なのよねぇ。
posted by kyouei at 07:52| Comment(7) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

あと一ヶ月

11月〜1月の間は、日照時間が極端に少ない。だいたいいつも曇りか雪、雪は降り出したら数日間やまないのがいつものパターン。
日が差せば窓辺は暖かい。2階の植物たちも喜んでいるように見える。長期予報で気温が高め、雪が少なめと発表されても、「だからどうよ。」なのだ。
だって、最低気温−30℃が25℃になっても、積雪2m超えが2m弱になってもたいして変わらない。さらに夫の職場のことを考えれば、ガンガンに冷えてくれなくては困るのだ。

冬は人一倍お日様が恋しい。どんなにマイナスになっても太陽の日差しは暖かい。いつもいつもお日様は偉大だと敬っている。

あと一ヶ月先に何があるか?
答えは冬至。今はどんどん深い穴倉に落ちるごとく日が短くなっているけれど、冬至はどん底、それを過ぎれば徐々にでも上に向かう。たとえ寒さのピークがさらに一ヵ月後でも、春に向かっている実感がある。

お盆を過ぎたら冬を意識して、冬至が過ぎれば春に気持ちが切り替わる。それだけ冬は恐れるもの、春は待ち焦がれるものなんだなぁ。ここに暮らすものにとって。
posted by kyouei at 22:24| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

雪は解けるか?

どーんと雪が降ったけれど、その後の雨、そして昨日からいい天気、今日から気温も上がりそうで、真っ白になった庭で再び地面が見られるか微妙なところ。

通路は解けるだろう。ってか、どかすなりして消さねばならない。こんなガチガチの雪というより、もはや氷の固まり、除雪トラクターが壊れる。

軒下の屋根から落ちた雪の部分は、まず無理でしょう。ここも雪というより氷に近い。ここは根雪確定。

でもって、耐寒性がいまいち不安&冷たい風が嫌いな植物には、もしも解けて出てきたら、たくさん残っているところから雪を運んでかぶせよう。こういう風に部分的に雪があるってのは案外便利。
posted by kyouei at 08:45| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ほぼ根雪?

カーテンを開けたら、今朝も雪が降ってる。
天気予報も雪だらけ、これは・・・根雪の予感。

しまい忘れた物たちの記憶が、だんだん遠のいていく。
とりあえず、除雪トラクターが通る場所のだけは、堀り出さなくては・・・。

こうやって、いつも後手後手、修行が足りんなあ。
posted by kyouei at 06:10| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

どか雪

一昨日、軽トラ。昨夜、娘の車。
慌ててタイヤ交換したのが正解のようで、今朝は一面真っ白、積雪24cm(午前6時)、雪は今も降り続く〜。

アメダスランキング 積雪深の部 堂々の全国一位なり。

さて、この雪、冬前に、一度解けるんだろうか?それともこのまま根雪になってしまうのか?まだ庭や花壇や通路に、出しっぱなしのものが〜。

気温がそれほど低くないので、屋根の雪がドカドカ軒下に落ちる。ここはあっという間に50cm、いや1m、根雪決定。春まで解けないでしょうね〜。
posted by kyouei at 07:27| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

ちら雪

雪が降ってきた。
そう言ってダンナは帰宅後、軽トラックのタイヤ交換をした。

初雪は見にゃーなるまい。そう思って何度か玄関に出たけど、(まだ?)降っていない。
帰宅時にちらちらと舞っただけなのか?
明日の朝は白くなっているのか?

いよいよ・・・だな。

過去のデータを見たら、だいたい11月中旬に根雪になっていた。
posted by kyouei at 21:06| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

枯れ葉舞う

風に吹かれて、枯れ葉が舞う季節となってきました。
花壇にもたくさんの葉が積もっています。有機物の少ない土なので、しめしめ、いい肥料になる。と喜んでいたら、強風の日にみんな吹き飛ばされてしまいます。なので、暇があれば落ち葉に土を乗せて、狙った獲物は逃がさない・・・自然の恵みを最大限に利用しようという魂胆です。

正面の山の赤く色づいた樹、あれは何かなぁ?私の双眼鏡では判別不能です。今度もっと近づいて見てみよう。赤くなる樹が少ないので、モミジの小苗を入手中。

posted by kyouei at 08:08| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

今朝の風景

茶の間から見える景色。
寒いんで窓を開けてパチリ。


P1030132.JPG

posted by kyouei at 06:44| Comment(5) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

テントウ襲来

テントウムシがわんさか、わが家に暖を求めて押し寄せてきた。
壁も窓も軒下もすき間だらけ、いわば無防備状態。
しゃーないなぁ・・・。

テントウはまだいいよ。あと半月もしたらカメムシ登場だ。(>_<)
半年間の平穏な幸せよ、さよ〜なら。(涙
posted by kyouei at 19:01| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

白鳥が南へ

第一陣と第二陣、Vの字編隊で飛んでいった。
雪解けの頃に北を目指し、
初雪が迫ってきたら南へ向かう。
自然界の動物たちも、冬に備えて忙しい頃だろう。

うす霜が降りたけど、お花たちはまだ元気。
posted by kyouei at 20:17| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2度目立つ

早春に林床を埋め尽くしたマイヅルソウ、夏の間はひっそりと緑に紛れていたけれど、山の木々が赤や黄色に染まりだし、夏草が枯れる頃になって、再び目立ってきた。

真っ赤な実、あっちにもこっちにも。鳥や小動物を誘うのだろうか?「食べてー。美味しいよ。そして種を遠くに運んで〜。」と。

林の中は宝の山。うはうは言いながら種を集めてきた。鳥さんごめん。リスさん失敬。

白いマイヅルソウのグランドカバー、何年か後を想像し、にんまりする。種はたくさんの夢を見させ、少しだけ実現してくれる。
posted by kyouei at 07:36| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

求む:きのこマスター。

秋の湖畔へ行ってきた。連休さなかとあって、キャンプ場は案外の人出。秋は虫も少ないし、人もまばら、天気さえ良ければ絶好のキャンプシーズンだ。

林の中をちょっと散策。きれいに手入れされた林床にさまざまのキノコが生えている。けれどはっきり分かるのは、真っ赤なベニテングタケくらい。

あれも、これも、いかにも美味しそうなんだけどなー。

先日貰ったばかり、姿かたちの記憶が同じシメジだけ少し採ってきた。まだ生きているから間違いない。(笑)
posted by kyouei at 13:30| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。