2018年11月19日

天然記念物

変わった鳴き声が聞こえたので外を見たら、黒い鳥が飛んできた。
赤い帽子をかぶってた。
この庭に来てくれたのは2度目? 3度目?
知らない間にも来てるかもね。

アカやヤマは時々くるけど。クマは滅多にこない。

鳥や小動物の楽園を作りたかったけど、猫がいる時点でアウトだよね。

写真は2度目の雪。14日の朝です。
その後、夫が積雪計を作ってくれました。

IMG_0951.JPG


IMG_0953.JPG


庭は3度目の雪でまた白い。
今度は根雪になるのだろうか?



posted by kyouei at 12:22| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

電柱その後

朝、気になって見に行ってきました。
すぐに対処してくれてました。
報告は要らないって言ったから、作業した人の感想は聞けなかったけど、
雪の重みで直径20cmくらいの木がおれてしまうことがあるので、
あの雪だったら相当の負荷がかかってたと思われます。

スッキリした本来の姿はこちらです。

IMG_0196.JPG

昨日のを再掲

IMG_0192.JPG


写真見比べて気がつきました。
新たに補強金具ついてます。
posted by kyouei at 10:44| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

豪雪

雪が多いのは毎年のことなんだけど、それにしても降りすぎて、
夫の週二日の休みはほとんど除雪に費やされている。

家の向かいに立ってる電柱の雪がずっと前から気になっていた。
予報を見てもまだ降り止む気配もない。
もしも壊れたら、一番困るのはウチだよなぁ。冬の停電は死活問題だ。

なのでほくでんに電話しましたよ。

IMG_0190.JPG

IMG_0192.JPG


こちらはウチの車庫。
一昨年の爆弾低気圧で屋根が飛んだので解体中なんです。
雪で潰れるのを待ってるから、雪下ろしはしてません。
軒は壊れてきてるけど、本体は今年も持ちこたえてしまうのだろうか?

危ないから絶対近寄ってはいけません。

IMG_0194.JPG

IMG_0195.JPG



posted by kyouei at 15:52| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

カワセミ

賑やかな鳴き声が聞こえた。
あ、朱い。そして青い。
すかさず首から下げた双眼鏡で観る。
おお、やっぱりカワセミだ。

双眼鏡持って出てきて良かった。
次はカメラを持参しようか。
たぶん撮れても点くらいにしか写らないだろうけど。
posted by kyouei at 17:55| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

クマゲラきたー。

私ひとりの日中は静かです。風が通り過ぎる音や猫の寝息が聞こえるくらい。
音楽が嫌いってわけではないんです。静けさが好きなんです。

戸外から変わった音が聞こえました。
おや、あっちの樹の幹に何か黒いものがいる。
2階にいた私は階下に双眼鏡を取りに下りました。

茶の間は眼前に雪の壁がそびえてるので、踏み台を兼ねてるRVボックスの上に乗らないと庭の向こうが見渡せません。
その点、2回の窓はいいですね。屋根の上ならもっといいけれど。

黒いものは鳥でした。頭が赤くて幹をつついています。
おお、あれはクマゲラだー。
家の近所で見るのは初めてですが、私のカメラでは写真を撮れません。

まあ、いろいろ居るってことで満足します。


雪降ろし出来ない大きな車庫(元体育館)の雪がますます酷くなりました。

DSC02002.JPG


雪はくっつきあって1枚の重たい布団のようになって、屋根全体を覆ってます。
いかにも落ちそうに見えるのになかなか落ちません。
でも、今日から気温がプラスになるようなので、一気に崩れ落ちる時が恐怖です。
今年はかつてない様相なので予測がつきません。

DSC01998.JPG


私の除雪道具(スノーダンプ)です。
これに雪を積んで何十回と往復します。

DSC01988.JPG


夫の除雪は主にこれ、古いけどとってもありがたいトラクターです。
毎週休みに通路を開けるけど、一週間で埋もれてしまいます。

DSC01990.JPG

上2枚は今日の写真、下2枚は先週の写真です。
posted by kyouei at 09:14| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

エゾクロテン

茶の間の窓ガラス越しにたまに見かける姿(すぐにいなくなって写真を撮れないので画像検索してね)は、とても可愛いのだけど、
今年は家の周りをやたらウロチョロし、ついには壁の中を走り回り、家の中まで入ってくるようになった。

この家の壁は、以前はヘビが這いずり回ったりしてるし、すき間だらけなんだろう。
最近はあっちこっちからエゾクロテンの鳴き声や壁をガリガリする音が聞こえてくる。
それが、とってもうるさいんだな。昨夜は何かと闘っている?あるいは複数いてもめている?な、感じで騒ぎまくっていた。
ギーギーというようなギャーギャー、ジャージャーみたいな鳴き声。

猫用ドアをすり抜けて校舎から住宅部分にもたまに入ってくる。
性格はあまりよろしくないようなので、家の中はごめんこうむりたい。
大きさは一番ちびっこ猫、生後約半年と同じくらいだ。

やつ(ら?)、食べ物を探すのに必死なんだろうな。
天井裏のネズミなんかも食べてるのかもしれない。
エサ箱に残ったキャットフードは、私の目が届かない夜間、猫も出入りできない場所に隠すことにした。

写真はエゾクロテンならぬ、ちびっちょ猫。
母親猫が生後1年未満のヤンママだったせいか、1匹しか生みませんでした。
一人っ子だとじゃれあう相手がいなくて可哀想?って思ってたら、しょっちゅう母猫とじゃれあってます。
身軽なのでドアをよじのぼり、ドアの上のせまいとこを歩いてたりします。


DSC01970.JPG


昨日は天気が良かったので私は小さい車庫の雪降ろしをしました。
夫が車庫に立てかけてくれた梯子を登ってみたものの・・・スムーズに上がれませんでした。
梯子は夫の自作品で板が細くて薄くて今にも壊れそう。でもこの程度の板じゃないと重すぎて持ち運びが大変で扱いにくいのです。
一段一段確かめながら登ってみたものの、屋根に乗り移れない。
屋根雪は見た目は70cmくらいですが実際はその倍くらい積もってました。
夫に足場を作ってもらい、梯子も支えてもらってやっと登れました。
下から見るよりはるかに怖いんよ。

DSC01963.JPG


DSC01965.JPG


DSC01967.JPG

小さいといっても2間×4間(16畳)以上あります。

そして校舎と住宅部分が夫の持ち場です。
写真の右半分、元体育館は今年は降ろせない。
例年より大幅にすくないけど、それでも小さな車庫の5〜6倍くらいの広さあります。

DSC01968.JPG


posted by kyouei at 10:54| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

日没

冬至までまだ1ヵ月以上もあるのに、最近の日没の早さったら・・・。
あー、もう日が沈むと、時計を見たらまだ3時。
正確には沈むというより西の山に隠れます。西の山低いんだけなぁ。

この頃は毎日種蒔きやってます。自家採取や購入の多年草種がメインです。
直径10〜15cmくらいのポリポットに2階で蒔いて、
買い物籠に20個近く詰めて外へ持ち出します。
それを何回も繰り返してるから100は超えたかな?

初めてのものは少しだけど室内管理用ポットにも蒔きます。
こっちはスペースが無いので小さなポットです。

長い長い冬も、こんな風にちんたら園芸関連で遊んでます。
疑問が湧いたらその都度調べて(こんな時ネットって便利)、
毎年何か新しい試みをして、寝る時も「あれがこうならどうだろう?」って、考えてます。

posted by kyouei at 18:36| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

ふん・ふん・ふふん

今年は来ないのかな?って思ったら、やっぱり来てました。
鹿とは違う糞が、庭を通ったのを証明しています。

○○さんも△△さんも見たことあるって言うけど、ウチら夫婦はまだ遭遇してません。
距離にしたら一番近いとこにいるかも?なのにね。
だって茶の間からの直線距離は50mもないんだから。

たぶんその気になって、明け方に庭を凝視してたら見られるかもしれません。
けど見ちゃうと恐さが倍増するので、明るくなるまでカーテンは閉めたままです。

庭は先日の雪がとけなくて、このまま根雪になりそうな気配です。
冬支度は終わったようなやり残しているような・・・。
春になったら反省点がいっぱい出てきそうです。

posted by kyouei at 21:07| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

まだ雪の中

これが最後の通路除雪になればいいのですが・・・。

それでも今年は除雪トラクターの出動回数が減ってると思うし、屋根の雪下ろしもだいぶ楽できました。
これが当たり前だと思っちゃいけないのですが、毎年こんなだったらいいのになぁ・・・。

DSC00391.JPG


私の花壇はまだ深い雪の中です。
でも、今年はこうしよう、ああしよう・・・と、妄想はどんどん膨らんでます。

DSC00392.JPG
posted by kyouei at 19:55| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

暴風

昨日から強い風が吹いてます。先日の低気圧よりも今回の方が酷いです。
ストーブが不完全燃焼になるので、息子の部屋からコタツを引っ張り出してきました。
もぐりこんだらもう出られません。

今日は昨日より少しおさまりました。
それでもストーブの燃焼が不安定なので、点けたり消したりしてました。

午後3時に防災無線が国道の通行止めを知らせました。
北星から朱鞠内まで・・・って、ウチのとこやん。
あ、今日は生協の日だよ、配達来られなかったらどうなるの?
解除は未定だってよ。夫、帰ってこられるの?

やがてこの時点以降のJRバスが運休とのお知らせも入りました。
隣の小学生は帰ってこられるの?(車で送迎)
あれ、隣の高校生のお兄ちゃんも帰ってこられるの?(バス通)

通行止めって、やっぱり一切の車が通れないってことだよね?
でも、今日の吹雪はたいしたことないんだけど・・・。(止めた理由が吹雪なので)

やがて、生協さん来ました。ゲートの人に言ったら通してくれたとか。
それからそれから、夫も帰ってきました。
通行止め区間内の住民には、ある程度の配慮があるようです。
物理的に通行不能ってわけじゃないんだし。

それでも雪はねしながら国道を見てたら、車1台も通りませんでした。

今年は夏の大雨に続き2度目です。

明日は回復してくれないと困るな〜。除雪車来ないとどこへも出れなくなってしまう。
posted by kyouei at 18:22| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

カメムシ大飛来

今年のピークは昨日・・・で、あって欲しい。
とにかく次から次へと押し寄せてきました。
どんだけ?って。換えたばかりの紙パックがすぐに満タンになってしまうほど。

延々掃除機で吸い続け、こりゃあ外食も温泉も許される範囲よね、というか、こんな中で晩ご飯作るなんて絶対無理。

家の周りはどっちを向いても山と森林と草原ばかり。そこらじゅうからみんなわが家を目指してやってくる。
昔は住宅ももっとあって、きっと分散されてたのでしょう。10軒あれば単純計算で10分の1だもんね。今とは大違い。

P1110651.JPG

西の空き地。白樺が5〜6本、勝手に育っている。もう何年かしたらいい感じになりそう。ここは元畑で、草や木を生やしておくのは土地的にもったいないけど、とっても手が回らない。
posted by kyouei at 07:14| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

夜の訪問者

猫トイレの掃除は夫の日課になっている。

ウチの玄関には猫トイレが2つある。
1つは某社製の高いチップのやつ。でも、スノコの下のマットはもったいないのでペットシートで代用してる。ウチのはカバーが無いので、チップ飛散防止に段ボール箱で囲いを作った。
もう1つは衣装ケースにウッディなんとかって木製の砂を入れてる。ホームセンターで安売りの時まとめ買いをするけど、これも高くなったね。
両方とも毎日ウンコを取って、汚れが酷くなったら総替えをする。
 ちなみに猫の数+1には程遠いけど、教室や車庫にも猫砂トイレがあるし、庭もまぁ、猫のトイレ・・・かな。

昨夜、そのトイレから猫のウンコを取ろうとした夫、「火バサミがない!」
ああ、ゴメン、昼間私が使ったんだ。外は真っ暗だけどどこに置いたか察しが付くので、懐中電灯片手に玄関を出た。

が、暗闇に進もうとした私の足が止まる。
居る、何か居る。あっちの方に。

懐中電灯で照らせば光る目がいくつも。
ちょい、ビビリました。

「ダメだわ、恐くて行けない。」「ああ、なら、掃除は明日の朝するわ。」

たぶん、相当高確率で鹿なんだろうけど、もしもそれが外れたら恐い。

早く冬眠してくれないかな・・・。
posted by kyouei at 10:13| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

やっぱり来ちゃった

わずかな望みはまたも打ち砕かれました。
カメムシ軍団今年も飛来です。

吸い過ぎた掃除機の排気で目が痛くなります。
カメムシが出す汁で紙パックがぐっしょり濡れてます。
あまりにも臭すぎるので、紙パックが満タンになる前に交換しました。

でも、部屋の窓全部にビニールを張った2階や各自の寝室は少なめです。
茶の間の窓や玄関にも張ってしまえばいいのだろうけどねぇ・・・。

園芸作業を出来る時間が極端に減ってます。
その分何をするか、北海道の冬はつまんないね。

posted by kyouei at 08:09| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

ユキムシ飛んだ

冬に備え、毎日苗を植えつけたり、植え替えたりしてる。
どんだけあるんだ〜?というくらいのポット数なので、全然終わらない。
まあ、いざとなったら、手当たり次第に埋めてしまえばいいのだけど・・・。

秋が深まったらまた「あの季節」がやってくる。それは避けられない運命なんだろうなぁ。
そいつらが来る前に、窓のビニール張りを終わらせたいと思うのよ。
無駄な抵抗? 悪あがき? すき間だらけの家だからねー。

庭に咲く花も秋を感じさせるものが増えてきた。秋の花ってなんだか侘しいね。
しかも、今日は雪虫を見てしまった。間もなく本物の雪が降る。最低気温も3度を切ってるし。

秋の花 コルチカム

P1110557.JPG

不思議な色合い
名札はデルフィニウムだけど間違っている。トリカブトっぽい不明の花

P1110549.JPG

煙筒をホップにのっとられて、まだ灯油のストーブを焚けないでいる。
朝は電気のをちょっとだけ。寒いと猫がかたまる。

P1110522.JPG
posted by kyouei at 22:35| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

ふん

本日発見。新しい糞。ドロノキのすぐ向こう。至近距離ですねぇ・・・。
前も後ろも山だから、どっちにしろ近くを通ってると思ってましたが。

ドロノキにセンサーを付けて見たいともちょっと思いますが、
見たら恐さ倍増しそうです。知らないのが一番ですね。

ちなみに本体は見たことがありません。
posted by kyouei at 21:43| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

スズメバチ

山の中に住んで分かりました。スズメバチは普通にいるもんなのですね。
毎年春になると女王様が偵察にやってきます。この頃のスズメバチは人間なんか眼中にないので、よほどの近距離で無い限り恐れることはありません。開けた窓から茶の間に入られたらさすがにびびります。オオスズメバチですからとてもでっかいのよ〜。この時に退治してしまえば後々困ることにならないのですが、つい情をかけて逃がしてしまいます。

女王様はその後、お一人様の小さいトックリ型の巣を造ります。車庫の天井にトックリが逆さ向けに付いていて、トックリバチ?と思って検索したら、スズメバチの初期巣でした。
この時に退治すれば・・・いえいえ、まだ静観です。

さてそれから半月以上経った先日のこと。軒下に今度は本格的な巣を見つけました。大きさはまだソフトボールくらいですが、これから見る間に大きくなるでしょう。場所的に避けられなくも無さそうな所ですが、9月に孫たちが来る予定なので駆除決定です。

去年は3ヶ所もの巣に蜂の大群が飛び交う状態だったので、役場に駆除をお願いしましたが、今回は行政に頼らず、自分たちで出来そうと判断しました。
スズメバチ用のスプレー(千円くらい)は常備しているので、一昨日の夜に決行しました。以前半袖の軽装でやろうとした夫ですが、今回は言う前に長袖を着てくれました。帽子と手袋も忘れずに・・・。

スプレーには11m先まで噴射できると書いてあります。けど、夫は壁に梯子をかけて至近距離でやります。離れると命中しないからと言いますが見てる私はハラハラ。実際スプレーをかけた後4〜5匹の蜂が巣から飛び出してきました。慌てて梯子を降りた夫は途中で踏み外して地面に転げ落ちました。蜂のブブブブって音が不気味です。懐中電灯で照らして踏み潰しました。
それから再度梯子を上りスプレーをたっぷりかけ、何も出てこないのを確認してからスコップで巣を削り落としました。
散らばった巣には幼虫がたくさん詰まってました。これらが孵る前にできて良かった〜。


最近の写真から少々。

6月下旬、種から育てた青ケシが咲きました。寒い日が続いてたので、きれいな青が出ました。

メコノプシス バイレイ(=ベトニキフォリア)
P1100651.JPG

P1100679.JPG

こちらはメコノプシス ホリデュラ
P1100692.JPG

まだ鉢植えです。次の目標は地植えで咲かせることです。

7月上旬
草に埋もれ始めた。青いのはベロニカ
P1100911.JPG

ヒメヤツシロソウとヤツシロソウの白花 これらも種からです。
P1110027.JPG

ベルケア パープレア
今年は冬を越せた。
P1110119.JPG

7月中旬 孫が来た。
初めての海(留萌)
P1110052.JPG

初めてのプール(朱鞠内)
P1110078.JPG

初めて・・・じゃないかな?遊園地(小樽)
P1110138.JPG

孫が帰って再び静かになったけど、最近「よその猫」が出没中。







posted by kyouei at 08:42| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

降り過ぎな雨

今日で十日目、ずーっと雨が降り続いています。しかもけっこうな降雨量もあったりします。
北海道に梅雨が無いなんて、もう過去の伝説です。この時期北海道旅行に来た人は「嘘つき」って思うでしょう。
蒸し暑くないだけマシ? でも、雨が降ったら寒いです。ストーブ焚いたりしています。

草がぐんぐん伸びてます。夫の草刈り(機械刈り)も私の草抜き(手作業)も全然はかどりません。
所詮は趣味の花壇だから・・・と、言ってしまえばそれまでですが、乾燥を好む植物と一緒で私も腐ってしまいそうです。

そんな中、ブルーポピーが咲きそうです。一番手はアルバ(=白花)ですが、その次に咲きそうなのは青でしょう。去年は気温が高く青がきれいに出ませんでしたが(紫になる)、今年はこんなに寒いので期待が持てそうです。

今年の種蒔き組も育ってます。34℃になった時は「やばいかな?」と思ったけど、風通しが良い草原と日中日陰になる場所に置いたのでセーフでした。地温はそれほど上がってなかったということですね。
一部育苗トレーのが燃え尽きました。青ケシ以外に何種類かも召されました。

この雨でまたいくつか消えそうです。ポットを持ち上げたら底からジャーって水が滴るのです。(←したたる)
それでも初見の花が次々咲いて、やっぱり種蒔きは面白い。
posted by kyouei at 04:46| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

累積降雪量

久し振りに太陽が輝く朝、私が起きる頃にはもう夫は屋根の上にいる。
今週はかなりの雪が降った。先週までの雪降ろしだって終わっていない、その上に容赦なく雪が積もった。
とにかく屋根が広くて、前の住宅の4〜5倍はある。私たちの暮らしを考えるだけなら、この半分も要らないんだけど、建物の形を残したい想いがある。まあ、いつまでもは無理でしょうけど、せめて私たちが動ける間くらいは延命させてやりたい。

アメダスの計測地点が3キロ北と近いので、気象統計データが好きな夫婦はお互いのパソコンで頻繁にチェックしてる。
それらを検索すれば簡単に見られる昨今はありがたい。知ってどうするということもないけど、小さな知識欲が満たされる。

さて、今シーズンはどんだけ雪が降ったんだ(降っているんだ)? という疑問には、気象庁の積雪の深さ一覧表というのが役に立つ。
2013年11月1日から2014年1月13日 累積降雪量644cm ほぼ平年並み。

今日の積雪深は214cmだけど、今まで降った雪のほとんどが融けることなくぎゅっと固まっていると言ってもいいと思う。
だって12月の最高気温は1.4℃、1月は一度もプラスにならない真冬日が続いている。それでも晴れれば多少は融ける、融けたってすぐまた凍ってしまうんだけど・・・。
ちなみに1月の日照合計は5.1時間、1日分じゃないよ、13日間の累計だよ。


さてさて、こんなことぐだぐだ書いてないで、たまには除雪を手伝ってこよう。
太陽はもう雪雲に隠れてしまったよ。また雪が降っている。

posted by kyouei at 09:06| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

半端無い雪

早出する夫のために夜中に弁当作って、熟睡してた私を玄関から夫が大声で呼ぶ。
「おーい、ちょっと手伝ってくれ。」 うわぁ、眠たいなんて言ってられん。すかさず起きて階段を降りる。

「車はまった。動かん。」
上着を着たら、「下も履かないと雪が酷い。」と言うから、オーバーズボンを履いた。普段の除雪じゃ履いてないから1シーズンぶりだ。

「懐中電灯持って来てくれ。」ああ、外はまだ真っ暗な時間帯。
玄関前の通路は昨夜夫が除雪したので、積雪ふくらはぎくらい。
家の前の町道は膝くらい。そしてこの道が国道に向かってまっすぐ100mくらいあるんだけど、ここが歩くにつれ積雪量がどんどん増えていく。しかも雪が重い。

ウチの車は国道に出る手前数メートルの場所で立ち往生してた。ここらの雪は私の腰くらいあって、向こうに見える国道はきれいに除雪されている。すでに国道の両脇は高い雪の壁になってるから、国道を走る除雪車に押された雪が、どんどん脇の町道に押し込まれて来るんだ。町道の除雪車はまだ出動していない時間帯。

夫はトラクターを出して車に繋いだ。「バックするからハンドルを握っててくれ。」 ウィンウィンウィン・・・びくともしない。スコップで車の周りの雪をはねるも、前にも後ろにも行かない。私も車の下の雪をすくい出してみた。けっこうお腹にがっぽり溜まってる。

職場のN君が助っ人に来てくれた。慣れないハンドルを私が握るより彼のほうがいい。何度か繰り返してようやく動く。
朝は忙しい職場なので、夫はトラクターとウチの車を車庫にしまって、国道脇に停めたN君の車で仕事に出かけた。

早朝出勤で手こずったことは何回かあるけど、こんなに酷いのは初めてだ。なんだかんだ、軽トラはパワーがあったってことらしい。けど4駆なんだよ。いちおう。


現場検証してきた。

玄関前敷地内通路

P1060283.JPG

町道への出口 ここでも嵌りかけたとか。(車は左の建物から出す)

P1060284.JPG

町道  正面を国道が横切る。 この道が雪で埋もれていた。

P1060285.JPG

細かい雪がわさわさ降ってるから、良く見えないね。

posted by kyouei at 11:22| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

夜の訪問者

窓の向こうで何かが派手に暴れてました。
窓は私が座っている位置から右へ1mほどです。
猫が勝手に外へ出た?と思ってカーテンを開けて覗くと、猫よりちっちゃい生き物が、「家の中へ入れてくれ〜」というような素振りでぴょんぴょん窓に飛びついてます。

うわっ、カメラカメラ。こんな時に限って充電切れです。
背景が雪なので姿がバッチリ見えたのに〜。

何年か前に出てきた時は、ちらっと姿を見せただけなのに、今日のはしつこいくらい窓にぶつかって来てました。
小さいけれど凶暴な性格のようです。ネズミとかウサギも食べるそうな。

最近私が2階に居る時に、天井裏に何かがいる気配を頻繁に感じるんだけど、もしかしてコイツが住んでいるのかもしれないね。

突然の訪問者は、エゾオコジョっぽいです。

posted by kyouei at 01:38| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。