2011年06月15日

花苗プレゼント

町内でここを見てくれてる人、居るかなぁ?
居ないだろうな。
近郊でもいいけど、暇があってお花が好きで、
ちょっとボランティアしてもいいって人・・・
やっぱり居ないだろうなぁ。

6月下旬頃今年も「まどか」に花の苗を植えます。
苗は町配布の1年草だけど、
余力があればウチにある苗を植えたり種の直まきもしたい。

去年は900本だったかな?
今年はちょい減らして800本だったはず。いや700?
どっちにしても半端ないです。
3人(途中で抜けたので実質2人以下)でやっても昼までかかりました。
これが4〜5人いれば2〜3時間で終るのに。

なので、お手伝いしてくれる人募集します。
日程は水木以外なら都合付けられます。
苗の到着を待ってからになりますが。

お礼に私が育てた花苗プレゼントします。
1年草から多年草、いろいろあります。
お一人10個、帰りにウチに寄ってくれたら、庭にあるのも追加できます。

ご希望なら朱鞠内湖の野草散策ガイドやウチの大庭園(嘘)の見学もOKです。
けど、やっぱり、居ないだろうなぁ。人口密度低すぎる。www



posted by kyouei at 04:54| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

今朝もやるぞ。

毎日毎日、冬の間に育てた苗を植えつけてます。
通路の先には、定住の地を望む苗ポットがすごーくたくさん並んでます。
草と石だらけの場所を掘り起こしてからなので、時間がかかります。
どこがその植物にとって一番いいか・・・を考えながらなので、なおさら。

今日は11時から仕事です。その前に一仕事する予定。

庭に毛虫が目立つ季節になりました。
今までは見つけ次第チョッキンの刑なのですが、その手間も惜しい。
放棄された元畑部分にアスパラが伸びてます。
それを収穫する時間も惜しい。

さーて、時計を外から見える場所に置いて、今朝も外に出て行こう。

posted by kyouei at 06:22| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

軽石

エゾ砂(火山礫)は毎年軽トラックの荷台に一杯、培養土は50リットル×4袋をまとめ買い、砂もダンプに半分と、ちょっとケタ違いに用土を買っている。それに加え最近は軽石をよく買う。
どうやら私が好きな植物は、水はけが良い状態を好むものが多い。高山のガラガラな岩場に咲くものが好きだから、庭の環境を近づけてやらないと、いくら苗を買っても、珍しい種子を入手してもその後の育ちが悪いばかりじゃなく、やがて消えてしまう。

軽石といえば、昨年末っ子のところから貰ってきた一抱えもある大きなもの、これをまだうまく使いきれてなく、庭の所々に無造作に置いてあるけれど、今年は配置しなおして有効に使いたい。これがあれば、超難関植物もきっとうまく育つに違いない。

昨日、わが家の修理でたびたびお世話になっている、地元のSさんがふらりとやってきた。庭先で夫とひとしゃべり、Sさんはこの軽石を目ざとく見つけ、これを縦に置き、穴を開けてナナカマドの小苗を植え込み、水盤に付けたら自然にコケが生えていい雰囲気になると盛んに言う。
Sさんのイメージするものは理解できるけど、盆栽のような究極の美を追求する小世界より、高山の切り立った岩の隙間に咲く小さな花の世界を再現したい私とはちょっと違う。

もっと大きな岩も欲しいけど、それはたとえ誰かが庭にあるのをくれると言っても、簡単に運べるものじゃないので、(夫が)持てる範囲のサイズを積み重ねるしかない。

私はもっと石や岩を庭に増やしたいので、もったいないなぁと思ったけど、Sさんには今までたくさんお世話になって、お礼もロクにしてないのを思い出し、「1つ要る?」と聞いたら、喜んで抱えて自分の軽トラックの荷台に積み、昼前なのに「さあ、お昼だ。」と帰っていった。

そいうや、前にネットで調べたら、軽石の大きいのって、けっこういいお値段がしてたっけ。今年も頼むね、○○ちゃん!



posted by kyouei at 04:19| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

私の植物図鑑

今日も雨なので、永遠に完成しないわが庭の植物図鑑としたいブログ「草仲間」の編集作業中。

とりあえずでアップした写真を、科に分類しさらに属に仕分けています。あっちこっちに散らばった同じ植物の写真を、属名から簡単に見つけられるようにしたいのです。
そして撮影年月日の記入漏れも随時明記中。なぜこんなことをするかって?何月何日頃には何が咲くかを把握したいのです。
けど、それ以前に撮影と撮った写真のアップが追いつきません。まだ空っぽの属名カテゴリーに入れたいものがたくさん残ってます。

植物園と言っちゃあ大げさですけれど、この地で咲ける植物を全て植えたいなどと大それたことを考えてます。耐寒性が足りないと思われている南半球原産の植物も、案外冬を越せるのがあります。それらはウェブ上のデータに公開されてないから、勝手に耐寒試験をしているわけです。

その他、植える場所(用土)によって、冬を越せたり越せなかったり。危ないと思うのは保険株を作るようにもしています。何度もやってやっぱり無理っぽいのは諦めます。雪の期間が半年間と長いので、耐寒性だけじゃなく耐湿性なども考慮しなければならないようです。

俗に1年草や2年草と分類されている植物の中に多年生のものが含まれます。多年草と信じてたら、寿命がかなり短くて焦ってしまうものもあります。次から次へと湧いてくる植物の不思議と向き合っていたら面白くて面白くて、残りの人生はこれを楽しむためにあるのじゃないでしょうか。

それを追求するためには、どんな虫だって我慢します。笑
posted by kyouei at 12:07| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

最後の注文

長野県の種子銀行に今期最後の種子の注文をしました。
ここは海外の高山植物の種子が豊富にあるので、リストは目移りしまくりです。ちっちゃい写真と簡単な説明だけじゃ足りなくて、学名からインターネットで画像検索します。

もうね、欲しいものだらけなの。今を逃すと二度とお目にかかれないかも?ってのがあるの。でもね、全部買えない・・・当然だけど。

絞りに絞って、国内では買えそうにないものを中心に選びました。ああ、この花を自分の目で直に見たい!

検索から種まきまでが至福の時間だね〜。

種まき後は、1週間、変化無し。2週間、変化無し、3週間・・・変化・・・無し。(涙 っていうパターンが多いのだけど。

だからこそ、ちっちゃな芽を発見したら小躍りするほど嬉しいのよ。一人でにやけてます。怪しい笑いも洩らしてます。そしてふと冷静になって、これからどう育てたらいいんだろう?ってなるけどね。
posted by kyouei at 05:42| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

階段昇降

あー、眠たいな。もう寝ちゃおうかな。
あ、2階の窓を閉めてこなくっちゃ。めんどくさーい。

晴れたら、西側の窓の内側を開けるの。
内窓は曇りガラスだから、少しでも窓辺に置いた植物に日が当たるように。
んで、まだ開けっ放しなのよね。

今の気温は? マイナス5℃。
気象衛星(画像)は? 
薄く雲がかかってるけど、その向こうは晴れみたい。
天気予報は?
朝の予想気温がマイナス11℃。

あーだめだ。やっぱり閉めてこなくちゃだめだ。
予報は5〜10℃も違うことがある。
窓辺の小さな苗にはまだ危険範囲。
ここで気を緩めては今までの苦労が水の泡だ。


ほとんど毎日階段を昇り降りする。
少なくて5回、多い日は10回くらい。
時にはカメラを手にして、
時には水4リットル入りのペットボトルを持って、
外に出した猫が、入れてくれと鳴いたり、
玄関のドアをガリガリしたら、また降りてくる。
そいつを入れる間に、別の猫が出て行ったりもする。
水も最近、1回では足りない。

運動不足だから、もっとやってもいいね。
落ちないようにだけ気をつけて。

と言うわけで、今日は「おち」ない。おわり。

posted by kyouei at 20:38| Comment(1) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

苗が届く日

先月、我慢しきれずに通販サイトから苗を買った。
前々からすごく欲しかったのを見つけて、お値段も安かった。国内では滅多に見かけなくて、たまにあっても2〜3000円。さすがにそれは買えない。

発見したのは1000円以下の。これは売り切れになる前に買わなきゃあと決断したのです。ついでにいくつか、手に入りにくいのもポチポチと。

発送(到着)日を1ヵ月先まで選べたので、一番遅い日にした。それが今日ってわけね。どんなのが届くかって?それは後で「草仲間」のブログに載せるわ。

今朝、ダンナの職場から電話があった。夜にやることがあるから、今日の出勤は昼からで良いと。あちゃー、ダンナが居るうちに届いちゃうわ。

いいんだけどね。別に内緒にする積りもないし。
posted by kyouei at 08:02| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

苗と種の間を

やっぱり種だよね。芽が出れば苗がいっぱいできるもん。
やっぱり苗だよね。間違いなく花が咲くもん。

長い冬は、種子を買ったり苗を買ったり、少しずつ間を置いて、時間は余るほどあるのだから、ネットや図鑑で検索して、花姿や好む環境、耐寒性なども調べながら、行ったり来たりしているのです。

あっちの店にもこっちのサイトにも、欲しい植物はいくらでもきりなくあるのだけれど、
種子は海外から直に買えば、べらぼうに高いことはないので、ちょっと冒険が出来る。
苗は海外から買えないので、国内の山野草を扱う店がメインだけど、送料と品揃えがネックになる。
やはりどうしても欲しいものが最低5〜6種ないと、高い送料を出してまで〜とならないのですよ。
それと自分のレベル的に1000円以上の苗は買えない。
高い=増えにくい、難しいのがほとんどだから。

やっぱり苗だよね。種は芽が出ないのも結構あるからねぇ。
やっぱり種だよね。高い苗が消えちゃったらショックだもん。

どちらにしても難しいのです。orz
posted by kyouei at 12:58| Comment(7) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

今日も種蒔き

冬は2階で種を蒔き続けています。
昨日はAGSの追加種子を蒔きました。

AGSというのはイギリスの山草会で、会員になると毎年23の種子を貰えます。種子のリストは小冊子になっていて、5000以上もの種類が載ってます。
私にはよだれもんの種子がいっぱい、その中から23を選ぶ作業は楽しいのなんのって。

でも、人気種には希望が殺到するのでしょう。そこで第2希望の56も選んでリクエストします。

今年は早いスタートだったので第一希望がたくさん来ました。

そうやってみんなが選んだ後に、残った種子の安売りがあります。これが追加種子(余剰種子)です。
こちらは種子番号を指定できません。

では、どうするのかというと、属指定なのです。
リストの番号は属ごと分かれています。希望する属の中からランダム?に選んで送ってくるので、たまにハズレもあるようですが、けっこういいものが来ました。

属ってなに?っていうかたのために、私が選んだのは、カンパニュラ、サキシフラガ、ドデカセオン、ドリヤス、エリスロニウム(カタクリの仲間)、ヘパチカ(ユキワリソウの仲間)、プリムラ、ロスコエア、スキラ(シラー)、テコフィアエラ、ソルダネラ、トリリウム(エンレイソウの仲間)です。
各属2〜4種の種子が入ってました。

あ、私は今年30パケット(袋)頼みました。これを50とか100にすると1属あたりの種子が増えます。
10パケットで2ポンドなので、1袋30円もしません。すっごい安いでしょ。

1袋の中身はわずか(人気種なら4〜5粒)ですが、たくさん入っているのもあります。向こうではポピュラーだけどこっちでは珍しいものが狙い目かもしれませんが、それがどれか私には分かりません。

この属も12までしか選べないので、今年は上記にしたけど、好きな属もたくさんあるから、これを選ぶのもまた楽しいのです。

とにかく冬の半年間は、ネットや図鑑から気になる花を調べて選び、それを探して買ったり山草会のリストから選んだり、種子が届いたらラベルを作り、蒔いて観察、発芽を見つけたらまた調べ(前に調べたのは忘れてるので)、毎日のように種蒔きポットを覗きこんで、発根や発芽を見つけて喜んでいます。

今日は立春、やっと春に向かってのスタートです。
posted by kyouei at 07:56| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

シェアしませんか?

某園芸関連のSNSで共同購入なんぞやってます。
今回もまた、イギリスから種子を買います。

粒数を明記してあるもの以外は、種の量がわりと多いので、
シェアしてくださる方を募集します。
単位はイギリスポンド 1£130〜140円です。
半分または3分の1とか10粒なんて希望もOKです。

以下が購入候補です。

444J  Delphinium requienii      £2.13
444R  Delphinium tatsienense 'Sky Lights' Mixed  £3.22
507E  Epilobium dodonaei       £1.99
523M  Erigeron compositus 'Rocky'   £3.50
848Q  Matthiola incana Cinderella' Formula Mixed  £2.78

921F  Ophrys apifera         £1.59
922E  Opuntia fragilis        £2.58
1084A Ramonda myconi         £3.08
1173T Silene wherryi         £1.90
1192Y Stachys lanata 'Silky Fleece' £2.50

1282C Viola odorata var. sulphurea  £2.53
101F  Anemone trullifolia var. alba £2.55
137R  Arthropodium candidum 'maculatum' £2.65
1241G Thlaspi bulbosum        £2.80

今回、共同購入希望者もあまりないと思うので、
イギリスからの送料は 1£(ポンド)のみご負担ください。
それにウチからの送料70円がかかります。

以下2人から共同購入依頼受けてます。
こちらも不可以外はシェアしてくれるんじゃないかな?

800X  Ligularia dentata 'Midnight Lady' £2.74(10粒なので不可)
966   Pennisetum villosum      £2.14

116E  Arabis procurrens 'Glacier'  £2.67
235F  Callirhoe bushii        £3.27(15粒なので不可)
903E  Nigella sativa         £1.80
977C  Phacelia purshii        £1.66
1174P  Silene hookeri         £2.85
1212A  Succisella inflexa 'Frosted Pearls'  £2.94

2月上旬に注文予定です〜。

そうそう、そこのコミュや園芸交換掲示板などで、種子や苗の交換もやってます。
上記私のリストで、興味ある種子があれば、交換も可能ですよ。
posted by kyouei at 06:43| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

ポツポツ発芽中

2階を私の園芸部屋にして、冬期間を種蒔きに専念し始めて3年目、ようやく先が見え始めてきた。

種子の入手方法も知り、苗として出回っているあらかたの植物は入手可能になってきた。といっても珍しい外国の高山植物の種子などは、オークションで高い金額を出すか、海外の専門ナーセリーに注文するかで、オークションは面倒だし高いのは買えない、海外は買い物篭を備えて、カード払いできるとこしか使えないレベルの私には、依然「可能性がある」というだけで、それはとてもとても低いのだけど。

それでも欲しい植物、図鑑でしか見たことがないものに、やがて「手が届くかもしれない」というのは、大きな希望でもある。

良い種子が手に入り、生育環境がつかめたものは、何とか発芽までこぎつけられるようになってきたけど、相変わらず難物も多く、奮発して買った苗などでも「高い=難しい」ので、原因が分からないまま衰弱し消滅するもの多数、まだまだ勉強が足りない。

それにしても、蒔かねば始まらないので、比較的安価で買えるところから種子を入手して蒔いて、毎日虫眼鏡を手にして数百の種蒔きポットを端から順に覗きこむ。早くに蒔いたものは1ヶ月以上も経過しているので、発根や発芽を見つけたら小躍りするほど嬉しい。
まずは第一関門突破ですねん。

でも、花が咲くまでの道のりは、まだまだ厳しく長く(開花まで10年近くかかるものあり)、途中で消えたり行方不明になったり、猫に抜かれたり蹴られたりシッコをかけられたり、虫に喰われたり・・・自分が種蒔きポットをひっくり返してしまうことだってある。

あまり難しいものばかりやってると、気が滅入るというか、自信喪失に繋がるので、時々易しいのも混ぜる。種を蒔いて2、3日であっという間に発芽するものでも、やっぱり発芽は嬉しい。

まだまだ長い長い、長い冬、この楽しみがなかったら、熊さんのように冬眠してしまうかもしれない。
posted by kyouei at 08:32| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

種を買うよー。

私の素行を知ってる人は、「えーっ、またぁ?」と言う。
知らない人は、「どこから?」って聞いてくれるかな。

いいじゃん、これが私の趣味を超越した「生きがい」なんだから。
植物のためなら何でも我慢できる。唯一の例外、猫を除いては。

んで、どこから買うかと言えば、イギリスのチルタンシーズなのです。
↓(頭にhを足してね)
ttp://www.chilternseeds.co.uk/

えっ?この前も買ってたじゃん・・・って。しーっ。笑
はい、この間はこの間、今度は今度。欲しいものは際限なくあるのですから。

イギリスの貨幣単位はポンドなのです。
今は1ポンド130円前後、お買い得なのです。

某SNSで何度か共同購入やってますが、今回はルールを少し変えて、こちらでも呼びかけをしてみます。

イギリスからの送料は4.5ポンドですが、たぶん今回は3〜4人も集まればいいほうだと思うので、一人1ポンド負担にします。それとウチからの送料が70円なので、合計200円前後足せばイギリスの種子が買えます。

ここのサイトには、4500種類もの植物種子があるので、探している植物があれば一度検索してみたらいかがでしょう?

注文は2月上旬の予定です。購入希望があれば今月末までにお知らせ願いますー。
そうそう、共同購入のメリットにシェアがあります。
1袋400円ならうーん・・・だけど、はんぶんこして200円なら買っちゃおうかって具合。
私はすでにカタログに10以上も付箋がついちゃったので、後で注文(予定)リストを「草仲間」に載せますね。
posted by kyouei at 09:52| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

種蒔きの季節

雪が積もり始めてからこのかた、山野草、高山植物をメインにかなりの種を蒔いている。今蒔いても芽が出るのは(出たとして)早くて春のものが多いのだけど、山野草類は採り蒔きが一番良いそうで、いつまでも種子で保管していると、寿命が尽きてしまうか、深い眠りに入ってしまう・・・らしい。

芽が出やすく育ちが早い多年草や1年草は、雪が解けて地温が上がり、外に定植できる時期(6月頃)から逆算して、ここでは2月〜4月に蒔くのが普通で、私はそれもする予定だから、いつ芽が出るか分からない、けど蒔かねば始まらないものは、暇な今の時期にさっさと蒔いてしまうのに限るのだ。

種の入手ルートがいくつか分かってきたので、あっちこっちに注文をしている。やはり上手くいけばの話だけど、苗を買うより種のほうが、いくつも苗を欲しい私にはいい。それに種でしか、その種さえも手に入らない、図鑑を見ては「ほしいぃ〜」と叫ぶ植物がたくさんある。

今はポット蒔きが主で、置き場所の都合もあって1種類に付き平均2ポット蒔いている。それでも2階が手狭になってきた。そろそろ春まで絶対芽が出ないもの、春に芽が出ても、地植えするまで1年以上かかりそうなものは雪の中に埋めようか・・・。

けど、それはどれだ?

「発芽は春」と書いてあっても、室内で日当たりがいいとこに置けば、春と間違えて出てきちゃうのもたまにあるんだよね。外に置かれたポットは目が行き届かなくなるので、なるべくなら、たっぷり暇な今の時期に少しでも定植サイズに育てたい。

にしても2階は寒いなぁ。

昨日は意気込んで2階に上がったけど、早々に撤収してきちゃった。電気のストーブくらいじゃ寒くて居られないよ〜。
posted by kyouei at 09:43| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

蒔き納め

日本列島大荒れだそうで、いつものごとくそんな時はここは晴れ。

掃除もそこそこ、お節も作らず、天気が良ければ種蒔き種蒔き。なんたってお待ち兼ねの種が届いたのだ。

山野草や高山植物を育てることにはまってまだわずかだけど、今まで図鑑で眺めてため息をついているだけだった高嶺の花が、ちょっとだけ私に近づいてきた。

叶わぬ夢と知りつつも、いつか自生地で咲き誇る姿を見られたらなぁ。

海外フラワーウォッチングツアー、長生きしたら誰かプレゼントしてね。笑


posted by kyouei at 22:25| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

園芸種の種子

今まで、高山植物系の種をメインに買ってたけど、今年から、園芸種ももっと増やそう(多年草)咲かそう(1年草)として、海外の種苗会社に種の注文をしました。

ショッピングカートは日本と同様、気に入ったのをポチポチしていけばいい。
で、???という文章が出てきたら、その文章をそっくりそのままコピペして、翻訳サイトのお世話になります。

最後に「サンキュー」という文章が出てきたら成功・・・ってなレベルです。

北海道の気候に合った植物は、日本よりイギリスのほうが多いです。
というか、種子の販売は圧倒的に向こうのほうが多い。歴史が違うんでしょうねぇ。
posted by kyouei at 11:59| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

球根ごろごろ

今年はいーっぱい球根を買っちまった。
もう、いくらが高いんで、いくらなら安いんだか、訳分からん。

でも、
なかなか流通してないやつなんで、今買わねば次はないかも?って思ってさ。
次があったんですよねー。しかも値下がりしてた。orz
悔しいからまた買い足したりして。(苦笑

今日はAGSに種子を頼んだから、しばらくは我慢が出来そうだ。
これらが届いたら、調べて蒔いて〜蒔いて調べて〜を繰り返す。

今年は成績悪かった。来年こそはって、毎年思う。

春が遅いと破産しちまうよ。
posted by kyouei at 19:50| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

妄想中

寝る前にいつも考えるのは庭のこと。そして、意識が遠のき始めた頃に突然思いつく。
「今年は売るほどに苗を作ろう。」

今年はあと1ヶ月ちょいしかないから、正確には来年の春に向けてってことね。
で、「売るほど」と言ったらいくつくらいかなぁ?500、いや、1,000にしよう。
いつも目標を高く掲げてから入るタイプなのだ。

私が入っている園芸コミュには、つわものがかなりいて、1,000苗くらいは多いうちに入らないけど、2階スペースの関係で、これくらいが限度と思われる。

ほんとは山野草や高山植物をそれだけ作れればいいけど、こっちは発芽も難しいし、育苗もなかなかなので、まずは園芸種の多年草からとする。

種子は、交換、お譲り、購入のものがすでにある。昨シーズンまでは1種につき2〜3苗育てばいいと思ってたので、ポット蒔きが主体だった。これらをちゃんとやれば、1種につき10苗、100種類となる。ものによっては20〜30できそうだから、50種類くらいかな。ちょうど連結トレー(連結ポット?)とかいう緑のを今年大量にもらったし、黒ポットも大から小までコンテナにぎっしりいっぱいある。

用土は毎回サカタから購入、残り少なくなってきてるので、そろそろ注文しよう。

売るほどって書いたけど、ほんとに売る予定はない。多年草花壇はまだ花より草が多い状態だから、植え場所には困らない。空きスペースがあれば草が育ってしまうのだもの。すでに大株に育っているところは草も少ない。

思い立ったらすぐに蒔きたい。けど、まだ我慢なのだ。これから日照時間が極端に少ない12月がやってくる。園芸種は種蒔きから発芽までの期間が短いので、早くても冬至を過ぎてからだし、1年草ともなれば成長も早いので、定植できる時期から逆算しないといけない。早く苗にしたいという例外もあるけれど。

今は毎日、発芽が来春以降の山野草や高山植物系の種を蒔いている。こちらは用土配合を2〜3通りに変える。未知の植物が多いので、種子名から検索して育つ環境を把握(予想)しながらなので、1日数ポットしか蒔けない。

思い入れはこっちがメインなので、新たな種子もまだ物色中だ。これらは寒さに合わないと発芽しないものが多いので、とにかく蒔くだけ蒔いて、玄関や教室の寒いところに置こう。最近猫対策も要領を得てきたし。

そんなわけで、今日も家事は片手間、種蒔きにうつつを抜かしているのでした。
posted by kyouei at 07:44| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

植栽イメージ

ウチは山の中にあった昔の小さな学校。
あたりは林や草原と化した校庭と元畑、隣は今年こそ潰れる廃屋、その庭は背よりも高い草に覆われている。

家の周りから徐々に花の苗や球根を植え、校庭の向かい側の林の下には、地元で採取した野草の種を蒔いている。

外作業が出来なくなった今は、毎日少しずつの種蒔きと、春から再開される庭作りをイメージして、ひたすら妄想の日々を送っている。

その中から思いついたことを実行に移す。まだまだ環境整備は始まったばかり。

ネットの世界を徘徊していると、いろんなお花に出会う。毎日どこかで感化され、今まで見向きもしなかった花の魅力に突然気付く。

少し前に、白の八重のホリホックに目が止まった。どーんとでっかくなるあれ、ね。私の記憶の中のホリホックは、薄汚れた赤やピンクの一重のタチアオイで、道端で見かけたそれは、いつも虫だらけだった。

虫が付くからという理由で敬遠している花は、けっこうある。普段は八重より一重の花のほうが好きだけど、白の八重は素敵なオーラを放っていた。

これをあの草原の真ん中にどーんと植えたら・・・いいんじゃない?そう、アップじゃなくて遠目に見るのだ。
イメージが決まればやることは早い。さっそく交換掲示板で種を入手し蒔いた。今は可愛い双葉が2階の窓辺で育っている。咲くのは再来年なんだけどね。しかも上手くいけばの話。

んで、次は・・・、

やっぱり虫が理由で敬遠してたバラ。これをどこかに植えたくなってきた。こっちは断然一重がいい。ほんとは木造校舎の壁に添わせたいけど、ツルの誘引なんて面倒なこと出来ない。たぶん冬は外さないとダメになりそうだ。

ツルバラを向かいの林にとも思うけど、そこらは自生植物エリアとしたい。外来のものは手が届く範囲か、すでに自然が壊されたところに限りたい。

んで、買うあてもないのに、バラのページなんかをめくっていた訳ですよ。そしたら、ひらめいちゃった。
車庫の向こう、隣家の境界がいいんじゃない?って。

修景バラってやつ。丈夫で花付きが良く大きな株になるタイプ。だって、すぐ隣は廃屋、崩れかかった粗大ゴミみたいな家・・・もとい、元(もと)家。
庭は草ぼうぼう、私の背よりも高い。

けれどこっちは、わざわざ苗を買うほどじゃないから、何か挿し木でもしようかな。そうだ、種蒔きと挿し木で育てつつあるのが咲いたら、あっちに移していもいいな。実は、ちょっとだけあったのですよ。花が咲いてないので実感湧かないだけで。

家の周りはまだまだ、何かを植えたいけど、イメージが定まってない場所だらけ。
posted by kyouei at 08:03| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

球根

今頃の時期になると球根を買いたくなる。
多年草の種は花が咲くまで足掛け2年かかる長丁場。それでも蒔かねば始まらないので蒔いているけど、もっと即効的な、雪が解けたらすぐ咲いてくれる球根はとても魅力的だ。

ということで、すでにいくつか注文しちゃってるんだけど(笑い)、外遊びが出来ないとついネットショップばかり眺めて、ああ、これも欲しいなぁ〜となる。

ユリやチューリップはネズミの食害に合いやすいので、あまり植えないできた。
けど、鉢植えにして、玄関に置いたらどうだ?あ、チューリップなどの春に咲くやつね。玄関は時々氷点下になるけど、庭だと無理な耐寒性がちょびっと足りない球根だって育ちそうだ。

ここは雪解けが遅すぎるんで、3月になっても4月に入っても花が見られない。雪が積もらない鉢なら、一足先に拝められるってことないだろうか?

そうだチューリップじゃなくてもいいんだ。注文したやつ植えたらいいんだ。去年は雪が積もってから買った、安売りのユリを失敗しているから、今度は慎重にしよう。

ついでに猫のトイレにされない工夫も考えなきゃね。
posted by kyouei at 21:04| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

通販

今年は自分の収入がちょっとばかりあったので、種子だけにとどまらず、苗もずいぶん買ったなぁ。

今まで園芸店に出かける時は、予算2,000円とか、多くても3,000円と決めて、かなりきっちり守ってたけど、その時欲しいものは、そこで我慢してもやがて買わずにいられなくなるんだと思うようになり、まして植物の場合は、再び出会える可能性も低いので、見つけた時が買い時とばかり、もう予算は決めないことにした。
万の単位になるとビビルけど。

それでもやはり自制心が働いて、1苗1,000円以上のは躊躇する。「大株だから高い」のは、小苗を買って年月を費やそう。「珍しいから高い」のは、育てるのが難しいってことで、まだ私には早い。「新品種だから高い」のは、もう少し待とう。2,3年したら手頃な価格になるだろう。待ちきれなかったら種を探す。

素敵だなって思った植物は学名を探しだす。学名を入れて、日本語のみの検索を外すと海外の種苗会社のHPがヒットする。うーん、ぼちぼちチルタンだけじゃなく次へも進もうか?

海外通販の基本は一緒だよね?欲しいのをかごに入れて決済すればいい。ネットのおかげでその気になりさえすればすぐ買える。中学未満英語力でもどうにかなるっちゃなる。

まだ多少ハードルが高いくらいが、ちょうどいいかも知れんけどね。
posted by kyouei at 08:54| Comment(6) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。