2018年10月08日

霜が降りて

今年の野菜は全然だめだった。
目の前の山が赤や黄色に染まってきた。
楽しい季節はもうおしまいだ。

IMG_0901.JPG

一週間ほど前の写真。



posted by kyouei at 06:41| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

耐寒試験

教室の方で、耐寒性はそこそこあるけど外じゃ無理な樹木や、春、まだ雪がたくさん残ってる頃に咲かせたい値下げ処分チューリップ、耐陰性や耐湿性が足りなくて腐ってるのかも?と思われる乾燥地出身の植物などを冬に育てたいと思ってる。
いや、育たなくてもいい、辛うじてでも生きて冬を越せたらいい。

でも、そこは寒いです。屋内なのにマイナス20℃いきます。気温だけで考えるなら、雪の中に突っ込んでしまったほうがよっぽど暖かいです。

昨シーズンはユリと原種スイセン、スノードロップなどをダメにしました。しかもかなりたくさん。
外に雪が積もってから買ったり貰ったりしたのだけど、本来なら耐寒性がかなり強いと思われるので、余裕で大丈夫だと思ったのが間違いでした。

鉢を2階から移動させたのが2月頃、2階もそこそこ寒いけど氷点下にはなりません。
それがいきなり厳冬状態にさらされたのだから、球根もびっくりだったでしょうね。
ほんと、申しわけないことしたと気付いたのは春になって芽が出ないと分かった時でした。

大きめの鉢に植えたのだけど、鉢の中で凍結と融解が繰り返された模様です。
もっと水分切れば良かったかもと思うのですが、真冬は自分も行きたくない場所なので水切れも心配だったのです。

今年は一重の部分の窓ガラスにビニールを張りました。
窓の近くに置いた鉢をもう少し引っ込めました。
鉢には暖かそうな古着を着せました。
隣の元職員室の薪ストーブを時々焚くのですが、教室は広すぎて全然室温が上がりません。
今はまだそれほど冷えないけど、1月2月が心配です。

鉢には水切れサイン用に葉がある小さな植物を植えました。
窓辺に水を入れたペットボトルを置きました。この凍り具合で室温の場所による違いを推し量ろうとしてます。
マイナス40度まで計れる、最低最高温度計も近々購入予定です。
そして今冬は、ガラクタ整理を兼ねてもっと頻繁に教室に出入りする予定です。
教室に電気や灯油のストーブを導入するのは最終手段と考えてます。
なんたって真冬の灯油代、月3万ですからね・・・。

あ、今年の耐寒試験植物は、ユッカ・グロリオサ(アツバキミガヨラン)、ニューサイラン、
半額チューリップとユリの小球もあったかな?
耐寒最強ビオラの小苗や、外じゃ無理なリッピア(ヒメイワダレソウ)なども植えてます。
ほか、外で越せるなら地植えにしたいけど、それで消えたらもったいないという、試せない植物がいっぱいあるのです〜。
posted by kyouei at 09:24| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

コンパネ外し

教室の出入り口と校舎の玄関を塞いでいたコンパネを、今日、夫が外しました。
これから日中は猫たちも、自由にそこから出入りできます。
春が少しずつ近づいているのですが・・・今日も雪降りました。
ちょっと吹雪きっぽく斜めに降ったりもしました。

まあ、4月でも5月でも雪が降るんです。ここは。


今年もメコノプシスの種を蒔きました。
小さな赤ちゃん苗が育っています。
ほわほわっと毛が生えた本葉が出てくると、あ、これは間違いなくメコノプシスだと思います。

今の段階では品種違いくらいは許せます。
いちおう3種類ほど育てているつもりですが・・・。

メコノプシス グランディス ・・・のはず。

DSC00434.JPG


アンドロサケ

DSC00416.JPG


リソドラ(ミヤマホタルカズラ)

DSC00419.JPG


アンドロサケもリソドラも外で冬を越せますが、一足早い春を楽しむために室内で育てたりもします。

posted by kyouei at 21:00| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

春に向けて

現在2階で育てている苗を、3〜5種類、5〜8苗ずつ、直径15cmほどの大きめビニールポットに寄せ植えている。
雪が解けたら怒涛の植え付け作業が始まるのだけど、小さい苗をちまちまたくさん植えるより、大きめポットをそのままどんと植えつけたほうが楽かな?と思うのです。
植え付けまでの管理も、ポットが大きいほうが水やりの頻度が少なくて済むし、根詰まりの恐れも減ります。

そんな面倒な作業・・・いや、今は暇なんです。今は。だから少しでも先取りして、シーズン・インになったら、段取り良くさくさくと植えつけたいのです。
春になったら、雪が解けたら、やりたいこと・行きたいとこ盛りだくさんなのですよ。


今年の種蒔き苗はまだ小さいので、去年からの持ち越し苗をメインにします。

DSC00341.JPG

こんなポットを100個くらい作る予定。


耐寒性そこそこだけど、外では冬を越せないものたちが2階で咲いてます。

DSC00345.JPG

2階が手狭になってきたので、カゴに入れて(15cmポットがぎちぎち6個入ります。)、教室の窓辺に移動しました。
そろそろガンガンに凍りつく心配も無くなってきたようです。1月2月は建物内でもマイナス20℃越えたりして、行くのも嫌でした。
それでも一応、耐寒性が強いものを選んでます。

猫対策のワイヤーネットは必須です。(2階は完全シャットアウトしてます。)

DSC00373.JPG

DSC00372.JPG

通路の最終除雪が終わって、最低気温予報がマイナス5℃くらいになったら、かごのまま外に出します。
4月になってからかなぁ・・・。
去年は早くに出しすぎて失敗してるから、慎重にやらないとね。
posted by kyouei at 08:21| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

植物ブログ

多年草メインの、わが庭図鑑的な植物ブログ「草仲間」再開しました。
ここ、春から秋までは園芸作業が忙しく、写真を撮るのが精一杯なので、ほぼ放置です。
そして長い冬の間に過去の写真を振り返りながら、復習を兼ねて植物名や学名を調べて載せてます。
相変わらず「?」なのが多いのですが・・・。

なので、アップした日が1月2月に関わらず夏の花が咲いてます。
以前に載せたものはそのページを書き足してます。
多年草といっても「多=永遠」じゃないので、寿命が短い多年草・・・2〜3年?なんかもあるので、消えてしまったものもあります。理想はその株が寿命を終えても種子で増やしていくこと、さらにこぼれ種で増えてくれるのが一番です。
そのためにそれが育っている環境を知り、出来るだけそれに近づけたいと思うのですが・・・・・。

高山の頂きに咲くものはやっぱり難しいですね。

苗を買うのは簡単で楽しいけれど・・・
P1110162.JPG


種から育てたムラサキモメンヅルの白花
P1110360.JPG


買った苗です。ダボエシア
P1110459.JPG


これも購入苗から トリカブトの白
P1110526.JPG


ミセバヤ
P1110578.JPG

posted by kyouei at 09:05| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

種子購入

野外園芸メインの生活なので、冬はひまひま〜です。
猫と遊んで、雪はねをして、汚宅の片付けをちょっとして、種やら苗を物色して・・・

で、次の種子を買おうと思ってます。
リスト↓
http://d.hatena.ne.jp/ezoengosaku/20150109/1420803919
けど、ちょい予算オーバーです。
(値札を見ずにお買い物できる身分に「ちょっとだけ」なりたいよ〜。)

海外の種子は蒔いても発芽しないことあります。
原因はほぼ?私の技術不足なんですが、蒔かないことには始まらないのです。

誰か、シェアしてくれる人いませんか〜?
posted by kyouei at 10:12| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

戸外越冬

冬に向けてポットの苗を植えつけたり、埋め込み用の鉢に植え替えたりしてる。
鉢だと生育が良いけれど、地植えにしたら消えるものが多いので難しい。
基本的にはすべてを地植えにしたい。売り物のようにたくさん並んだポット苗は一時的な姿であり、最終的にはどこかに合う環境を作り出し、自然に増えるようにしたい。いや、とりあえずは消えないことが目標のレベルだけど・・・。

某園芸店からカタログが届いた。あ、ユッカが安い(ちびちび苗だから) ユッカって意外性があって素敵だと思う。なんか南国イメージだし。
この頃ぐんぐんと大きく育つ植物に興味が湧く。頼んだのは耐寒性があるユッカということだけど、ほんとにここで大丈夫なんだろうか? 心配なので今年は2階で越冬となる。


花がきれいなんで外国から買ったマメ。さやはどうみても美味しそうじゃない。
P1110451.JPG


西隣の荒地との境に生えてる桑が、ある日突然丸坊主になった。
私の大嫌いなアイツのせい?・・・かと思ったら、犯人は動物のようだ。
P1110456.JPG


アケボノソウだったかな?
P1110454.JPG


青いアリウム、イトラッキョウの仲間?
P1110457.JPG


カタログの園芸店からは、苗と種、それぞれ4種類ずつ注文したよ。
私の仕事一日分です・・・。

posted by kyouei at 22:22| Comment(10) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

ホップ

ここ数日、最低気温が10℃を切って、まだ8月だというのにすっかり夏は終わりました。
30年前の京都は10月でも暑かったのに、こちらは間もなくストーブが恋しくなる季節です。
けれど今年の初点火はちょっと遅らせないと・・・・。

だって、

P1110387.JPG

P1110379.JPG

ヨワヨワひょろひょろの小苗がすっかり逞しくなってしまいました。年々凄い勢いで伸びていきます。冬に地上部は全部枯れるのですが、春からの成長スピードは目を見張るものがあります。これ、来年はどうなるんだろう?
もっとも、蔦を壁に這わせたかった、けど、蔦は壁を壊すと聞いて諦めたので、毎年リセットされるホップは使いやすいです。そのうちここら一帯、ホップだらけになってしまいそうですが・・・。

  ホップのこぼれ種発芽のちび苗、ご希望の方に差し上げます。ただし植える場所はよーく考えてくださいね。


今年初開花の白花ムラサキモメンヅルです。基本種のムラサキモメンヅルの種か苗と交換してくれる人いませんか?(白花は余剰小苗あります。)

P1110360.JPG


庭作業中の私のおやつ、小苗しか買えなかったので、実が成るまでが長かった。

P1110378.JPG


最近は箱蒔きなんかもやってます。直まきもやりますが、購入種や少ないのはポット蒔きが主流です。

P1110362.JPG
posted by kyouei at 08:14| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

種蒔きからの花

雨が続いて草がすごい勢いで伸びてます。
新緑の季節を楽しむ間もなく、野山はすっかり緑一色です。
庭もまた、草だらけになりつつあります。
草取りも虫退治もやる時間が全然足りません。今日も庭に出たいのに、あいにくの雨です。
寒々としてるので(ストーブは我慢)、ポンポン1号が私の足元にきています。


種蒔きの成果が出てきて、お初の花が増えました。そこそこサイズの苗の時に植え込んでそのまま忘れてしまうので、ある日突然咲いててびっくりします。芽が出た頃に抜きそうになって「ちょっと待てよ。」と思いとどまって正解なのもあります。
抜くのはいつでも出来る、抜いたらお終いですからねぇ。よほど邪魔ならカットすればいいのです。

今日は、ちょっと珍しいかも?という基準で、種蒔き組をいくつか紹介します。

トロリウス ラクサス  クリーム色の小型トロリウス 5月30日
P1100063.JPG

プルサティラ 西洋オキナグサ 薄い紫色 5月30日
P1100089.JPG

ルイコフイチゲ オキナグサの仲間 5月30日
P1100093.JPG

レウイシア 6月8日
P1100208.JPG

シンフィツム コーカシカム 青いコンフリー 6月10日
P1100332.JPG

別サイト「草仲間」で種や苗の交換やってます。
興味のある方は覗いてみてください。
posted by kyouei at 08:22| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

好きな花

私の生き甲斐は植物を育てること。
孫が来ている時は 孫>植物 だけど、いない時は植物最優先・・・あ、猫も同じくらいかも?
でも、ダンナはそれ以下だな。


好きな植物分野はいろいろ、いろいろあるけれど、かなり上に位置するのがこのタイプ。
ドワーフ サキシフラガ と呼びます。「高山性のサキシフラガ」とも言うみたい。

P1060448.JPG

P1060451.JPG

庭の広さと図体に似合わず、ちっちゃいものが好きなんだな。



posted by kyouei at 23:01| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

ぼちぼち外へ

春ですね。
相変わらず、目の前に巨大な雪山があります。
庭はまだ白一色の平原です。
それでも春ですね。気分だけでも〜〜〜。

最低気温がマイナスの一桁台になってきました。
なので、耐寒性が強い植物を、ぼちぼち玄関先に出し始めました。
けれど、いくら強くても小苗や展開しすぎた葉っぱは不安です。
高山性のものならまず大丈夫かな。

予報はあくまでも予報なので、マイナスの時は玄関にまとめます。
プチプチなどで覆って防寒対策します。
たぶん大丈夫、でも、もしもの事態になったら、再起不能になるので慎重です。
失敗を山ほど積み重ねてきてますからね。

苗を外に出すのに猫対策が重要になります。
網や籠を乗せて防御します。
でないと苗ポットの上にどっかり乗るのです。
足跡の付いたポット、転がされた鉢、今年も被害ありました。


マメに夫が除雪してくれた茶の間の窓の下に、一部地面が見えてきました。
ほぼ半年振りの再会ですね。嬉しい〜〜〜。



posted by kyouei at 21:38| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

ひたすら種を蒔く

今日もまた2階の部屋に猫が入っていた。おかしいなぁ。

今日は60種類くらいの種を蒔いた。1ポットに1種類ずつ、置き場の都合でほとんどがポット蒔き。
この種蒔きポットをひっくり返されてしまうのが一番恐い。種1袋(数粒)300円なんてのもあるし、二度と入手不可能かも?なんてのもあるからね。

写真は西側の窓、これからどんどんポットが増え続けるので今は控えめ。

P1030552.JPG

晴れた日と2階で作業する日は灯油のポータブル・ストーブを焚く。
無暖房のままだとしばれた窓がいつまでも曇りガラス状で、せっかくの日差しが苗に届かないからだ。
ああ、お日様がいっぱい欲しいなぁ。
posted by kyouei at 19:46| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

毎日種蒔き

1年間にどれくらい種を蒔いてるかな?
たぶん何百種。どうしてそんなに?って。
うーん、これが私のすべてだから?

と、言う割には成功率が低いのです。
難しい種・・・ということにしておいてください。

今日も70種ほどオーダーしちゃったよん。
posted by kyouei at 23:51| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

チューリップ

積雪は1m近く、なおかつ最低気温マイナス10℃を超えて、雪と寒さダブルパンチの幌加内です。
まだまだこれから、積りまっせー、冷えまっせー。

去年までホームセンターや通販で値下がり球根をけっこう買いましたが、状態が良くないものがあったり、植え付ける適期から外れる(=だから安いのだけど)ということもあり、今年は控えめにしてました。

やはり鉢やプランターに植えるより地植えにしたほうが成績は良さそうで、特にお高い珍しい球根は難しく、大きめの鉢・寒い場所・水やり控えめにしても春には腐ってしまったりするのです。
花を見られなければ、安物買いの銭失いですよね。夢だけ買ったと割り切れません。


雪が積もってから、ほぼ引きこもり状態が続いてましたが、昨日娘が買い物に誘ってくれました。
孫ちんの服、安くていいのがあったら買いたいなぁ〜と思ってたので、いそいそ付いて行きました。
はい、隣町の某Sデパートです。デパートとは名ばかりの田舎のスーパーなんですけどね。

ここ、30〜50%オフの掘り出し物がよくあるんで好きなんですが、昨日は戦利品無しでした。男の子の服って、どうしてアルファベットばかりなんでしょう?女の子の服ってどうしてフリルやレースやハートばかりなんでしょう?

ホームセンターにはセロテープを買うので寄ってもらいました。種や植物の発送にかなりの量を消費するのです。
ホームセンターに行けば必ず園芸コーナーを覗きます。でも、冬の北海道では店頭販売は皆無、店内の室内用鉢植えがちょびっとしかありません。買わないと決めつつやはりチェックしてしまう球根コーナーも正月用品売り場になってました。今の時期は、種さえも売ってないのよ、ほんとつまんない。

レジを済ませて別行動の娘を待っている間、あれ?あれはもしかして?というのを発見しました。
さっきは目に入らなかったんだけど、それはなんと、ワゴンに詰め込まれた最終処分と思われるチューリップの球根でした。

チューリップなんて、今頃残ってるのはいいものないよねーと思いつつも見過ごすことは出来ません。
寄れば、どれどれ・・・と品定めを始めてしまう。だって1袋50円なんだもん。1袋には6〜12球入ってるのよ。おそらく90%オフほどですよ。

プランターに植えて、春に夫の職場に持って行けば喜ばれるんじゃないかしら?
ああ、娘のとこの玄関先でもいいね。思考はどんどん買うほうにいく。
球根代より土代のほうが高く付きそうだけど、プランターは後から回収するから土も戻ってくる。
チューリップだけじゃ寂しいね。あ、ムスカリもあるから一緒に買っちゃおう。これに私が育てるビオラも加えればバッチリよね。すでにプランターは花盛り。

いつの間にか、カゴには球根の袋が7つも入ってましたよ。笑

庭はこんなです。

P1030378.JPG



posted by kyouei at 09:31| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

草刈り

毎日庭で遊んでます。
抜いた草はすぐコンテナいっぱいになって、花を育ててるんだか草を育ててるんだか分からないほどです。
茶の間から見ると草に埋もれて花は目立たないけど、花壇の中に座ってるといろんな花が咲いてます。
派手な花がほとんどないので、草ばっかりと言われるのも頷けるのですが・・・。

草を抜きすぎて手首や指が痛いです。でも、楽しくてやめられません。
そろそろ手作業では追いつかなくなってきたので、今期初、電気バリカンの始動です。
刈っただけじゃすぐ伸びてしまうけど、刈った直後だけはきれいです。
こんな小道が10本以上、昨日は一ヶ所やっただけで雨が降って終了でした。
もっと植栽部分と通路の境をはっきりさせて、いずれは夫の機械で刈ってもらおうともくろんでます。
今はまだ夫を入れられません。花壇の中の小道は迷路みたいです。

P1020155.JPG


posted by kyouei at 07:34| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

6月の遠出

昨日も行ってきました。ここ数年恒例の占冠某ナーセリーツアー。

でも、出発直後にトラブル発生。ウチの車、もうダメなんかなぁ。
ちょうど公衆電話があった場所なので、夫に連絡・・・するにもひと騒動ありまして。

出先でメモなし、職場にtelするにも電話番号が分からない。
それはまあ、備え付けの電話帳ですぐ見つかったけど、10円玉が1枚しかなくて、やむなく100円玉投入・・・するも留守番電話。orz

そこは郵便局の前だったので両替をお願いし、電話の「3」がしっかりプッシュしないと認識されないのも何度かやって分かり、隣の関連職場に電話して夫にことの次第を伝えて貰い、夫から郵便局に電話して貰ってやっと状況を伝え・・・

郵便局の人が「外は暑いから中で待ったら?」と缶のお茶を差し入れてくれた。
夫を待つ間、お礼のつもりで切手1000円分を買い・・・、
車は何とか動いたものの、この先電話もない場所で止まってしまうかも?の不安があったので、夫の車に付いてUターン。

その間、待ち合わせを約束した友人の携帯に何度も電話して、こういう時は携帯が便利なんだけど、あるからと頼り切れば、きっと電波が届かない場所でトラブルに遭うんだろう。

友人は遠くから、わざわざわが家まで迎えに来てくれて、3時間遅れの出発、その後12時間の超ロングドライブ、ハードだった(友人が)けど、目的地までのおしゃべりも含めて楽しかったぁ。


もちろん、ナーセリーでは前から欲しかった意外なものを発見したり、見本園に咲くのと同じ花を買ったり、巨大なロックガーデンを垂涎の眼差しで眺めたり、あれもこれもでいつしか苗が増え、見れば見るほど欲しいものにはキリがないけど、お財布の中身はキリがあるので、残りは次回のお楽しみとした。

行く季節が変われば並ぶ花も変わる。咲いてれば目に付くし、珍しければ欲しくなる。ここのものなら、冬越しの心配がないので、安心して買える。私が好きな洋種高山系、お宝がぎっしり詰まったナーセリーでもあるのです。


posted by kyouei at 08:53| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

寒いよ〜。

雨が上がってさあ今日も庭で遊ぶぞーと外に出たら・・・寒いでやんの。
日中は何とか頑張ったけど、3時を回ったらもう限界。
今日は薄日だし冷たい風が吹いてるし最高気温は10℃いかないし・・・。

次々とってほどじゃないけど、ぼちぼち花が咲いてます。
種蒔きから苦節何年(笑)、やっと初花っていうのもちらほら。
それに真冬に雪の中に仕込んだ種蒔きポットに、ちっちゃい芽を次々発見。
一昨年に蒔いたササユリの小さな芽も発見。いいねー、楽しいぞ。

何だろ?きれいな花を買って植えつけてというより、種からの花は数倍嬉しいね。
まだまだ咲かない発芽苗を見て、一人にやけていたりするのです。

もちろん、それだけじゃ追いつかないから、苗もバンバン?買うよ。
といってもそれぞれに自分が決めたボーダーラインがあって、それ以上高いと買わないし、
今買わないと次はいつ会えるか分からないのは、少々高くても買う。少々・・・ね。

庭を作りあげていく、その過程も楽しんでます。
元は畑だった場所が花壇になり、草だらけだった斜面がロックガーデンに変わりつつあります。
冬が終わって消えちゃったものもあるけど、それはまたやり直せばいい。
落ち込んでいる暇なんてないのです。
この頃、時間の経つのがすごく早い。5月6月は、1年で1番忙しく楽しい時期。
posted by kyouei at 16:56| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

毎日植えつけ

庭の雪がだいぶ解けて、待ちに待ったガーデニングシーズン再来。
半年間は地面をまったくいじれなかったので、苗を植える前にまず草を取る。
良かれと思う場所に、良かれと思う苗をひたすら植え続ける。
もう、ご飯を食べる時間も惜しいし、実際昼抜きでやってたりする。
家事もますます手抜き、こんな状態が2ヶ月ほど続く。

花は次々咲き、植えた苗が咲いた状態も想像し、1年で一番楽しい時期です。
小鳥の鳴き声が絶えず聞かれる草原で一日中土にまみれてます。

向かいの山にやっと桜が咲きました。
わが家の桜はまだです。
視界に入る雪の面積が日々減少してます。
新緑も始まりました。

日本で一番とは言わないけど、たぶんここを読んでくださる方の中で一番遅い春の始まりです。


posted by kyouei at 05:39| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

ラズベリー

ラズベリーが暴れまくって藪のようになっている。
敷地の端っこのほうに植えたので、どんなに繁茂しようと構わないのだけど、
そろそろちゃんと実を摘みたい気分になってきた。

今までは滅多にラズベリーがあるとこへは行かず、いつ花が咲いたか、実がなったかも知らない。
けど、移植5~6年だから、手入れをちゃんとすれば実が付くだろう。
摘みやすいような剪定の仕方、切ってはいけない枝などについて教えを乞おうとしたがやめた。
まずは自分で適当にやってみよう。

たくさん摘んでジャムにするなどと、たいそうなことは考えてない。
庭仕事の合い間に、ちょっとつまんで食べられたらいいなという程度。
ブルーベリーもいつの間にか鳥の餌になった。
鳥さんのためにも実のなる木を植え続けてる。
posted by kyouei at 08:18| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

誤算

ホームセンターの店先にパンジー・ビオラが並び始めた。
色とりどりの花が1つ68円。ああ、白は蒔いてないな、欲しいな〜という気持ちを我慢する。
1つ2つどころか10や20買ったって庭に植えたら全然目立たない。
それに今年こそはと張り切って、昨秋から種蒔きしたもんね。
ホームセンターの開花株に比べるとまだちっちゃなつぼみだけど、苗サイズは(ちょっとしか)遜色ない。

けどねー、去年の今時期は、通路や建物側の花壇は雪が解けてたのに、今年ときたらこんなんよ。

P1010038.JPG

せっかく苗が定植サイズに育ってるのに植える場所がない〜。


外気に慣らすため外に出してる苗。猫やカラスや強い日差しから守るため、網や籠を総動員してます。
ここは茶の間の窓のすぐ前なので、残雪が少ないけど、反対側に2mを超す雪の壁がそびえてます。

P1010039.JPG
posted by kyouei at 10:39| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。