2010年07月29日

雨漏り

まったく最近は雨降りが続く。山の天気はコロコロ変わると言うけれど、雨でも雪でも、降り始めたら1週間ということもよくある。

窓辺が濡れていた。窓を開けているとこは仕方ないけど違うとこ。そう、雨漏りだよね。

茶の間の窓は壁からいくぶん浮き出たようになっている。もちろん、そういう仕様じゃなくて、老朽化ゆえ。
夫に「どうにかしてよ」と頼むも、「どうにもならない」の答えばかり。モルタルの壁ってどうにも按配が悪い。

多少の雨漏りは気にならない・・・気にしてたら生きてけない。濡れたら困るものを置かなきゃいいんだ。そのうち乾くだろう。とか言いながら、雨が降ったら怖くって(笑)建物の中を点検する気になれない。雨漏り箇所を見つけたら、どうにかしなきゃって思うでしょ、普通。「どうにか」をさっさと出来るならいいけどね。

けど、茶の間の窓はさすがに気になる。雨水の多くは玄関の小屋根から流れてきてる。「とい」なんて北海道の家にない。うん? 付けてみる? 夏だけ。
とにかく酷くさえなけりゃいい。

現在雨漏り箇所にペットシーツを置いた。これって単価10円くらい、安くて便利。


posted by kyouei at 09:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

蜘蛛

わが家は恐怖のクモの巣屋敷〜♪
ああ、どんどんワイルドになっていく。もちろん、屋敷なんてほど立派な家でナシ。

ま、家の中は少ないよ。けど、外を歩くときは前方注意だね。

子どもたちがコドモだった頃は、ぎゃーぎゃー騒いでいたもんで、夫がしょっちゅう取り払ってた。あの時代は私にとってもクモの巣は、じゃまっけなものでしかなかった。

けどジジババ二人の暮らしになって、蜘蛛がどこに巣を張ろうがどうでもよくなった。玄関を出てすぐの所はさすがに困るが、たいてい夫が先にかかる。

ウチにいるのはオニグモなんだろうか?巣も蜘蛛もでっかくて、アブがよくかかっている。ブンブンとうっとおしいアブを捕ってくれるので、ありがたい存在でもある。
取り払ってもどうせすぐ巣を張るし、直接危害や大きな迷惑ならないものは、何でもそのままにする。
posted by kyouei at 06:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

窓開き

暖かくなって、カメとテントが元気よくなってきた。晴れた日の窓は、光を求めてうっとなるくらいごちゃごちゃ〜。
外はまだ雪だけど、窓を開けて外へ追い出したい。

一念発起、開かずの窓を開ける。というのも、冬季すきま風防止&カメムシ進入阻止のため、窓の周囲をガムテープでぐるりと塞いでいたのだ。
おまけにレールのとこまで、洗えるネコ砂のゼオライトで埋め尽くしてた。こちらはカメムシ阻止&結露による氷漬け予防。

カメムシには、なんぼの効果があったか疑問だけど、はがしたガムテープに、うえーっとなるくらいびっしり付いてた。

ほんと、久々に窓なんか拭いちゃって(内側だけ)、ちょっとだけきれいになった。窓のすき間、毎年こんなことしなくてもいいように、考えないとあかんなぁ〜。

茶の間の窓が開いて、一番喜んでいるのは猫たち。ここは彼らの出入り口にもなる。
posted by kyouei at 11:55| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

一足先の春

外はまだ、3m近い雪壁が通路の両横にあるけれど、お日様が顔を出すようになって、やっと2階が春めいてきた。2階の南側和室二間、ここに何があるかというと・・・。

外では冬越し出来なくて秋に取り込んだ植物、雪が降ってから送って頂いたもの、ホームセンターへ行くたびにちまちま買った鉢植え、冬の間に増やそうともくろんださし芽苗、そして大量の種蒔きポット。

つい先日まで、毎日毎日雪で薄暗く、日も差さない中でかろうじて生きていたものたちが、やっときた春に一息ついているような。

窓はそれほど大きくないので、日当たり時間が長い特等席に何を置くか、そしてかんかんに晴れたら30℃になってしまうので、暑さ対策をどうするかが今後の課題になっていく。

もう、マイナス20℃なんてならなければ、1階元教室に移せるものもあるけど、まだまだ油断はできないのよねぇ。
posted by kyouei at 05:43| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ひとだんらく

「オレぁ、闘いにヤブれてばっかりだ。」
どこかで誰かと交わした夫のセリフ。

昨日の暖気(今年最高のプラス8℃!)で、圧縮された屋根雪の大きな固まりが滑り落ちて、函状になった通路を塞いだ。まるで崖崩れ現場のようで通行不能、誰もいないときで良かった。

12月から平均週休二日のほぼ全部を、屋根雪下ろしとトラクター除雪に費やしてきた夫の冬の闘いがほぼ終了した。おかげで今年も何とか、家がつぶれずに済んだ。

雪はまだ降るし、屋根にも積もるけど、これからは日が差して暖かい日も周期的にやってくるので、今までの心配と労力に比べれば、まるでたいしたことはない。

3ヶ月の冬の陣が終わり、これからは地味でマメなカメムシとの闘い(今度は私が主)・・・春の陣が始まっている。
posted by kyouei at 05:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

台所の窓に続き、

茶の間西側の窓も雪に埋もれました〜。

今日はやっとお日様が、ほぼ終日顔を出し、最高気温の記録は依然マイナスだけど、日が当たった玄関の温度計は6℃になりました。

こんな天気が続くなら、窓の雪もはねるけど、まだ降り続きそうなら・・・ということで、雪に埋もれさせたままにしています。埋もれていれば窓ガラスが割れる心配がないもんで。

2階は、屋根雪と玄関小屋根に1m以上積もった雪を落としてもらったので、また明るくなった。しかも今日なんか20℃越えていた。晴が続くとポットの乾き具合や幼苗の置き場を考えなくてはいけません。
2階に持ち上げる4リットルペットボトルの回数も増えます。でも断然晴れているほうがいいよー。
posted by kyouei at 17:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

暗い部屋

2階南側和室二間、私の冬季限定園芸部屋。
日照時間が少ないながらも、これからだんだん増えて行くはず。3月になったら気をつけないと、無暖房なのに30℃いっちゃう時がある。お日様は偉大なのだ。

でも、ここ数日この部屋が昼間でも暗い。なぜでしょう?

原因は屋根雪。これがだらーっと垂れ下がり窓を塞いでいるのだ。雪はくっつき合い、まるでこたつ布団をかぶせているかのように屋根に乗っている。

明日の予想最高気温は10℃ほど、マイナスの。
ちょっとは陽も差しそうだけど、落ちそうもないね〜。
posted by kyouei at 00:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ライフライン

昨夜はみんなで名寄のUという焼き肉やさん。

さて、これから食うぞー、という時に皆の携帯が一斉に鳴った。
朱鞠内が停電だってー。電気全部消えて真っ暗だってー。添牛内もだってー、共栄もー。
じゃあ、母子里はどう?政和は?幌加内(市街地)は?・・・みんな携帯をかけまくり。(笑)
どうやら政和から朱鞠内まで、20kmくらいの電気が全部消えているらしい。しかもなかなか点かず、復旧のめどがはっきりしない。役場支所に問い合わせてもはっきりしない。

どれ、俺が北電(ほくでん=北海道電力)に文句を言ってやる。
「もしもしー、○○の△△だけど、」
・・・おお、名乗っちゃったよ。
「電気いつ点くのさ?真冬に停電なんてストーブ消えてみんな困ってるよ。」
・・・そうだそうだの野次あり。
「年寄りとかなんかあったら、どないしてくれるん?」
「早くなんとかしてくれよ。」

そう、真冬なんです。今年は暖かい(最近-10℃前後)けど、例年なら20や30になる時期なのです。
今の灯油ストーブは、電気が切れたら消えるんです。長引けば凍死者だって出ちゃうかもしれない?お年寄りの一人暮らしならどんなに心細いでしょう。

その後も「点いた」という知らせなく、帰路の峠越えが9時頃、電気点いてたらいいねーという願いむなしく、朱鞠内は真っ暗。車のライトで標識だけは明るいけど、振り向いたら朱鞠内の集落は深い深い闇の中。トンネルだって真っ暗、うひぇー。

帰っても何も出来ない。ウチは5時頃までストーブを点けてたので、わずかにまだ暖かい(外よりは)けど。もうこうなったら布団にくるまって寝るしかない。
結局、復旧したのは11時少し前で約4時間、こんなに長いのは、何年か前の直撃台風以来だ。

ところで明日から、ウチだけ電気来なかったらどないしよ。(笑)
posted by kyouei at 21:21| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

作戦成功

昨日は1月には珍しく朝から気温がプラス。
どれだけ珍しいかというと、一日中氷点下の真冬日じゃない日は、過去のデータを見ても1月中に一回あるかないか。こんな風に突然暖かくなるので「温暖化」なんでしょうか?寒い日はやっぱり寒くてイメージ違うんだけど。

そんなことはどうでもいいやね。
家を押しつぶさんばかりに屋根にしがみついている雪を落とす絶好のチャンス。こんな日は屋根に上がっちゃだめ、家の周りに居てもだめ。

中から暖める作戦で。

まずは可能性の高い住宅部からと、茶の間のストーブをわざわざ強くする。茶の間のドアを開け、階段の手前にあるカーテンを上げ、暖気を2階に送り込む。
私は半袖。

晴れていれば、そうしなくても落ちるだろうが、昨日は雨、たっぷり雪が乗っているので、何もしなければ落ちないかもしれない。

やがて屋根南面の雪がドサドサっと落ちてきた。しばらくして西面も雪崩のように降り注ぐ。遅れて北面も落ちた。やったね。

階段のカーテンを下げ、今度は教室へ行く通路のカーテンを開ける。教室までの間に寝室にしている部屋があって、まずはそこから。どんな状況か外から見ようと思って玄関のドアを開けようとしたら・・・れ?、開かない。屋根から落ちた雪が、玄関ドアを塞いでいた。ぐっと押して20cmくらいの隙間から覗いたら、寝室の屋根部分も落ちた模様。

ならば、と今度は教室手前のドアを開放する。冷たい空気がぴゅーっと茶の間に流れ込んでくる。教室はほぼいつも氷点下。

と、こんな調子で、全部じゃないけどかなり落ちた。

今朝はまた−10℃ほどに冷え込んで、通路を塞いだ雪を夫がトラクターで除雪しているけれど、氷の固まりだらけになって、はかどらない模様。
posted by kyouei at 09:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

一週間ぶりに

玄関から町道まで出て、40mほどの雪をはねた。
と言っても、4日前に夫がトラクターで除雪しているから、雪はねスコップで通る道の分だけ、ちょちょいと。もうこの道の両側は、私の背よりも高くなっているから、通路にいたら前と後ろしか見えない。

本州が大雪ってことで、津南町の写真を見た。
ああ、同じくらい積もっている。積雪の記録はあっちのが多いけど、家の周りは対を張る。

でも、道路の雪が解けて(溶かして?)いたなぁ。
雪もすんごく重たそう。融雪屋根ってのもあるんだ?こっちじゃ無理だな〜。だって溶かすそばから凍っていくだろうから。毎日毎日氷点下、冷凍庫なみだもん。

津南の人は、雪下ろしをひと冬に何回くらいするのだろう?ウチは冬じゅうずっと雪下ろし。
なんて、雪自慢をしてどうする。

明日は珍しく、ちょびっとプラスになるらしい。でも、天気予報は雪と曇りとみぞれ。これじゃ屋根雪が落ちるのは期待できないな〜。
posted by kyouei at 20:47| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

目指したい暮らし

知人は真冬になると、冷蔵庫の電源を切るという。
一日中真冬日が続くこの頃、家の中でも温度管理が充分に出来れば、食品ごとに一番適する場所が必ずある。
それは単に電気代をケチるというレベルじゃなく、無駄な電気は使わない、地球に優しい生き方だろう。

私はまだまだ、うっかり者の性格ゆえ、作ったものさえ腐らす(温度高すぎetc)レベルなので、凄いなぁと思うけど実行に至れない。玄関は当然のごとく野菜置き場になってるけど。

その気になればすぐやれるし、いつかそうしたい。飽きないでそれが日常の暮らしになれば、たやすい事と思える。

その前に冷蔵庫の中にある、もはや「食品」と呼べないものを処分しなければ。(汗
posted by kyouei at 20:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

あちー。

天気予報が外れてお日様が出てきたので、
下ろし残した屋根雪が落ちないかと、
ストーブの目盛りを大にしてみた。

室温30℃(笑)
天井近くは35℃?
半袖になっても暑い。

posted by kyouei at 13:09| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

座椅子

昨日の買い物時にて、
「お母さんの電子レンジはいいから、お父さんに座椅子買ってあげて。」
娘は(去年の)除雪、今年の車の件、ずいぶんと父親に世話になっているはずだ。両方とも前々からねだっていたけど、最近経済観念が発達して財布の紐が固い。

夫の座椅子は、息子の学生時代使用のお下がり、ボロボロでヨレヨレだ。仕事から帰ったらいつも座っている唯一?の夫の安らぎの場所。

渋る娘を説得して3,980円の座椅子購入。さっき私も座ってみたけど、まあまあいい感じ。ホントはソファーが欲しいけど、狭い茶の間が益々狭くなるんで、諦めモード。
私といえば、昔、夫に買ってあげた回転式の食堂椅子が定位置。薄いながらもクッション付いて、肘置きもあって・・・あはは、座椅子の倍以上した。

猫もあっちこっちの椅子の上で寝てる。夫は座椅子を取られたら、猫がどくまで待っている。
posted by kyouei at 13:07| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

屋根雪

朱鞠内の積雪が90cmに迫った。
今日は野暮用があって幌加内市街へと往復をした。私が車を使う日は、朝、ダンナを職場に送り、夕方また迎えに行く。

「12月は、住宅のほうの屋根雪下ろしをしたことがないよ。」元住んでいたNさんが言っていた。住宅部分は茶の間の暖気が2階へ上がり、屋根も暖まるのだろう、ほとんど自然に落下する。
また、それを期待してストーブも点けっ放しにしたりと、あまりケチケチしない。

今日もドサドサと景気よく落ちていたなぁ。

けれど玄関をはさんだ茶の間の反対側、校舎のすぐ手前の寝室の屋根雪は乗っかったまま。ここは校舎と同じ屋根、つまり2階がない。

夕方、夫を迎えに行った。片道5分。外出疲れで、10分の積りが1時間も寝ちゃって、約束の時間に大幅に遅れたことは置いといて・・・。

で、帰ってきたら玄関の手前にどっさりの雪の山。どうやら寝室部分の雪が一気に落ちたらしい。
うわー、あぶね。こんなのに遭遇したら、ひとたまりもないよ。

回り道を作る余裕はないし、ひたすら当たらないようにと祈るしかないのか。(笑)
posted by kyouei at 20:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

田舎暮らしの必需品

昨日は「薪を要らない?」と、声をかけてもらった家に向かった。常時使用してないけど、棟続きの元校舎に薪ストーブがある。将来のため、薪はいくらでも常備しておかねばならない。
倒木、いや廃材か?と思ったら、建築端材だった。しかも500kg(だよね?)のフレコンバック入り。これは有り難い。燃やすにはもったいない、何かに応用できそうだ。

大きくて立派なトラクターで、軽トラックの荷台に積んでもらった。2つで満杯、もっと持っていく?と聞かれたけど、こちらの置き場所もいっぱいいっぱい。ありがとう、充分です。

でもって、ウチにあるのは、ちっちゃいトラクター、どうやって降ろそうかと夫が思案してたけど、ロープを使ってどうにか降ろせたようです。
やはり人力では限界があり、どんなにちっちゃくても古くても、エンジン動力機械のパワーは抜群だ。

20数年間、持っているだけだった丸ノコも最近活躍しているし、貰いもんの電気チェンソー、一番安もんだったエンジン仮払い機(草刈り機)も重宝してる。
夫も心なしか、使い方がさまになってきたようだ。

タダ同様なら、ブルドーザやユンボも欲しいところだけど、それで何をするの?と聞かれたら、池を掘るくらいでしょうか。(笑)
posted by kyouei at 10:19| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

机のキズ

娘が要らないと言った学習机、作業台にでもしましょうと元教室に運び込んだ。夫が本を整理してる傍らで何気なく見ていたら、天板にひび割れみたいなものが・・・。
しかも数ヶ所、数ミリで一定の幅。これは・・・。

さては丸ノコで、上に置いたコンパネと一緒に切ってしまったな。夫と大笑い。いいさ、怪我さえしなけりゃ何でも切ってくれ。

待てよ、先日丸ノコの刃が切れなくなったと新しい刃を買ったけど、もしかしてこれが原因じゃ?

深追いは致しません。おいおい気付くことでしょう。
どんな失敗も無駄なことはないと、失敗ばかりの私が言っても説得力はないかしらん。
posted by kyouei at 02:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

やっとお片づけ

今日と明日は夫が休みなので、何でもかんでも箱に詰めて旧宅から運んだ物を、ぼちぼちと片付け始めた。まずは茶の間の照明を交換、前の人が取り合えず付けてってくれたものは、暗くて低くてずーっと不便してた。でも、ないよりマシの2年間。旧宅で使っていたのだって気に入っているわけじゃないけど、かなり明るくなった。
ついでにずっと暗いまま我慢してた洗濯機置き場にも、新たに照明導入。明るいって素晴らしい。「お父さん、すごーい。」誉めることも忘れずに。(笑)

茶の間に散乱してた段ボール箱も2階へ運んだ。まだ、要らない・・・でも捨てられない物がたくさんあるけど、おいおい整理していこう。普段生活する部屋はなるべくシンプルに、長年の夢が実現するかな。

でもって、今度は2階が何でもかんでも部屋になった。8畳二間足の踏み場が無い。いいさ、ここは物置兼私の遊び場。一応順々に片付ける気はあるのです。

さて、午後から、夫は元教室に運んだ本の整理(これがまた捨てられないのさ。)私は台所でも片付けましょうか。不要食器もこれまた捨てられなくて・・・。

老後の暮らしが、ゴミの整理だけじゃ悲しすぎるので、どこかで決断しないとな〜。
posted by kyouei at 12:27| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

やっと煙突修理

あっちもこっちも、困ったことだらけのわが家、資金と行動力がないのでさっさと直せない。
不便だけど、まあ、いいか〜ってなことで毎日ずるずる後回し。ボロ家でも雨露はしのげるし。

でも、半年間使うストーブの煙突・・・っていうか、屋根の上から出てるやつじゃなくて、茶の間の壁から外にちょこっとだけ出てる煙筒は、やはり放っておけない。

消防の見回りが来たときも、屋根の上まで高くしないと危ないと指摘された。まあそれは、気をつければ大丈夫だろう。でも・・・。

煙筒が出ているのは西の壁、ここは西からの風が時折り強く吹く。そうなると風が煙筒の中に入ってきて、空気が逆流、ストーブは不完全燃焼、炎が揺らめいて臭くなって、ついにはボンって爆発する。慌ててストーブを消すけれど、吹雪の日なんか風がやまない。真冬の暖房切れはかなり辛い。電気ストーブじゃとーっても追いつかない。

何が辛いって・・・飢えと寒さ。(笑)

強い風と冬の大雪に耐える煙突を、素人にはどうしていいか分からないモルタルの壁、しかも変にいじればばらばらと壊れそうなところに、どうやって取り付けるのか?さらに取り付けたい場所の足元には、昔あったらしい本格的な煙突の残骸、コンクリートの固まりが・・・。

夫、完全お手上げ。

でも、世の中見捨てたもんじゃない。困った時には、朱鞠内のお助けマンSさんがいる。春になったら・・・が、夏になって、秋になって、冬になってしまったけど、Sさんから貰った長い煙筒、アングルは名寄のホームセンターで調達してきてくれて、道具類もSさん持参・・・と、まさにおんぶにだっこ状態だけど、今日やっと取り付け作業に入る。

ああ、これで暖かい冬が迎えられる。
posted by kyouei at 06:24| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

カメも冬眠?

カメムシとの上手な付き合い方(いえ、決して付き合いたい相手ではないけれど、)が少し分かってきた。

家のすき間は、2階の軒下など、手が届かない場所がたくさんあって、完全に進入を阻止するには、外壁全部、学校部分もあるから100万かけてもきっと足りないだろうし、かける気もない。

冬を控えて、カメがやって来るのは必然という前提で、いかに労少なくお金も薬もなるべくかけずに、最低限の暮らしを守るか。
カメとの付き合い暦3年目にして、ようやく光明が見えてきた。

電灯の周りを、わんわんと飛び交っていたカメ、吸えるものは吸い続けた。2階の掃除機は天井まで届かないけど、朝行くとみんな下に落ちていて、吸うのが楽だと気づいた。
カメは暖かいと明るい方へ向かってせかせか歩き回り、時々ぶんっと飛ぶ。でも、寒いと動けない。腹を上にしてひっくり返っている。死んではいないので、これも忘れず吸う。
もう、春まで寒いとこで冬眠しちゃったものは、よしとする。見えなければ、気づかなければ、居ないものと考えよう。

掃除機を使う回数が減った。数匹ならガムテープで対応できる。夕食時に台所の明かりを点けても、さほど気にならなくなった。家中快適に・・・なんて望まない。茶の間さえ暖かければ、それで充分。

カメが大挙して押し寄せてから約半月、この期間は仕方ないと諦めよう。この地で暮らすには諦めも肝心だ。

結論
カメはなるべく早く、茶の間から遠いところで冬眠させてしまおう。
posted by kyouei at 08:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

一部屋一台

TVじゃないよ。TVはないよ。

私が買ったのはハンディタイプ1台のみ、あとはみんな貰い物。

2階へ行ったら、畳の上に、まるで盛大に豆まきした後のように・・・散らばっている、やつら。
2階は寒いので、動けない。腹を上にして、ピクリともしないのもいるけど、これは死んだふり、気温が上がればよみがえる。

部屋の真ん中に出しっぱなしのそれで吸う。吸っても吸っても切りがないけど、吸わなきゃ足の踏み場がなくなる。

部屋から長時間離れる時は、吸い込み口にふたをする。紙をかぶせて輪ゴムで止める。
でないとやつら・・・出てくるのだよ。
posted by kyouei at 08:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。