2015年12月12日

スモークウッド

10年前の引っ越しの時、手当たり次第に詰め込んで運んだ教室の段ボール箱を整理していたら、
たくさんのスモークウッドが出てきた。
住民が自由に使えた町の加工施設には、本格的な燻製器があって、当時の自宅から近く、そういや一時期はまっていたっけ。私は卵の燻製が大好きだった。
それがある町の中心部までは30キロ以上もあるので、もう滅多に行けないし、通ってまでやる気力もない。
交通費も時間もたっぷりかかるからねぇ。それが今は惜しい。

でも、自分の家で出来るならいいかもなぁ。冬は暇だし薪ストーブの部屋は煙り出し放題だ。スモークウッドを使い果たしたら新たに買うつもりはないけど、熱源があるのだからスモークチップでもいい。少量の材料なら古い鍋やフライパンを使ってでも良さそうだ。もっと大きくやりたくなったらドラム缶だってあるぞ。
そういやスモークウッドには「くるみ」のシールが張ってあった。クルミだったら野良生えの若木がたくさん育っている。

肉も卵も良質なのが手に入る。素材が良ければ美味しさ倍増だよね。


posted by kyouei at 10:11| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は〜い、おじさんです。
 燻製は、わが家ではまだやってますぇん。
 豚さんの「スモークとん」を帰隊しています。
 例の生産者の「おにーさん」は人間固くてまだ
 やっていないようです。
Posted by 十勝の熊さん at 2015年12月14日 09:36
オジサン
いい肉があるのだから、加工品もいろいろ作りたいですが、目先の作業に終われてます。
ハムなんかも自作できたら美味しいでしょうね。
Posted by kazu at 2016年01月15日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。