2014年03月12日

春はなかなか

孫が帰る日の前日(2月26日)に屋根雪が雪崩落ち、きれいに除雪した通路が埋もれました。
屋根雪は屋根トタンに接した面が厚い氷の固まりで、でっかいのは1m四方もあり、直撃をくらったらひとたまりもありません。
これが全部一気に落ちれば、ことは簡単なんだけど、落ちたのは全体の何分の1かで、残りは一触即発状態。
こういうのが一番困る。

とりあえずバリケードを作り今年も通行止めにする。
それから夫の休日は屋根雪降ろしが続く。雪というより氷に近い圧雪をスコップで削りながら落として行く。そして最後が見えてきた頃、雪の固まりと一緒に落ちる・・・。
木製の梯子がぶっ飛び折れた。「ズン!」という地響きを聞いた私が見に行ったら、雪崩れた雪の向こうから夫がひょこひょこ出てきた。あー良かった、無事だった。


落ちる前
P1060456.JPG


降ろして+落ちて、きれいになった後、吹雪いて非情にもまた雪が積もる。落ちた場所はこの煙突の左側らしい。
P1060473.JPG

旧校舎玄関の上にまだ塊りが残っている。これが恐い。
P1060474.JPG

落ちた雪を跳ね飛ばした後にまた積もった雪とバリケード。
P1060477.JPG

P1060479.JPG

春は簡単にやってきませんねぇ。


posted by kyouei at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。