2014年03月01日

観劇

娘が中高生の頃、何度か(何度も?)近隣の市町へ演劇を見に連れて行きました。
一番多いのは朝日町(現:士別市)のサンライズホール、ここは私好みの上演が多く、家から車で1時間の距離を、北海道では「近い」と言う。

とかく情報収集が遅れがちな地域なので、気付いたら(行きたかったのに)終わってたということが多いけれど、ここの友の会のメール会員になってからは、事前に案内が来るので助かる。
とはいえ、今回の上演日は孫たちが帰った翌日だったので、疲れちゃってるかな?と諦めていた。

すっかり忘れていたら、娘から電話が来て「行く?」と思いもかけないお誘いに即決で「行く!」いや〜、やっぱりいいね。面白かった。演劇って、なんか、人として忘れてはいけない大事なことを気付かさせてくれるのよ。

外は今日も雪が舞っています。目の前に立ちふさがる雪の壁も、月日と共にやがて融けて消えていきます。
3月は暦の上では春、気分的にも春、どんなにどんなに雪が積もってても春なんだ。


posted by kyouei at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。