2013年10月30日

落葉松燃ゆ

落葉松はカラマツですが、「らくよう」と呼びます。
だからタイトルは「らくよう・もゆ」です。

シンボルツリーのドロノキも、いつの間にか葉っぱがすっ飛びました。
向かいの山の広葉樹もすっかり色づいた葉を落とし、落葉松(カラマツ)が黄色く染まったらフィナーレです。

黄色いから黄葉ですが、紅葉に含まれたりもします。

P1060137.JPG

P1060139.JPG

近くでじっくり見たことはなかったですね。
まさに黄金色に輝いてました。


足元は要注意。

P1060125.JPG



posted by kyouei at 22:37| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「足元・・」は、・・おやじの、ですかね。
確かに、どろの木は落葉するのが一番早そうですね、成長も。
Posted by okage73 at 2013年10月31日 17:13
「足元の」は、・・おやじですかね?

どろの木は確かに成長も落葉も早いですね。役には立ちそうにはないけど。
Posted by okage73 at 2013年10月31日 17:16
お久し振りです。暑い暑いと云っていたのに
季節はもう秋。
でも、そちらはもう冬支度でしょうね!

落葉松と書いて、「らくよう」と読むのですか!
いままで、「らくようしょう」と思ってました(笑

下の画像、たぶん鹿の糞だと思います。(勘で
こっちでは犬の糞くらいしか見かけませんが・・・
Posted by yasu@大阪 at 2013年11月01日 21:17
オジサン
糞は小指の先くらいの大きさです。

このブログ、投稿がすぐに反映されないようです。
また、エラーなんて言うくせにちゃんと投稿されてたりします。
そんな時はリロード(再読み込み)するといいですよ。

yasuさん
そうですね。もうほぼ冬、そしてそちらの冬以上の季節です。
呼び名は通称?気分によって変わります。
でも、落葉松に生えるキノコをラクヨウキノコといいます。

はい、鹿ですね。
熊だったら写真を撮らずに逃げ帰るかも。

昨日の夕方も鹿の鳴き声が聞こえました。
Posted by kazu at 2013年11月02日 05:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。