2013年04月22日

雪割り

毎朝氷点下になり、4月なのに平然と雪も降り、残雪もたんまり大地をおおっているけれど、
まあ、なんだね、徐々に春は近づいているというか・・・。

「雪なんてほうっておいたらそのうち解けるさ。」

そうなんですが、待ちきれず、それに水はけが悪い土地なんでせっかく解けた雪水の行き場がなく、たまった水が夜に凍ってスケートリンク状態も危ないし、解けたのがさっさと流れりゃ残雪の減りも早かろうと(実際は1日くらいしか違わないかも?)・・・

せっせと雪割りというか氷割りしていたら、前言を常套句にしていた夫までツルハシを引っ張り出して、夫婦で雪割り、まぁ、暇というか平和だねー。

やっとスノードロップとクロッカスが1つ2つ咲き始めました。ああ、うれし。


4月16日
P1030751.JPG

21日
P1030759.JPG

22日
P1030762.JPG


posted by kyouei at 08:18| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎年の 性懲りも無く 雪の山  でな按配でいかが?

我が家の雪割りは可也前に終わりました。しかし、今年は春が遅いね。太陽が顔を出せば春の歩みは一気だけどね。
暗渠があるともっと水はけするけどね。
Posted by okage72 at 2013年04月22日 09:27
>オジサン
暗渠ねぇ・・・。
明渠じゃダメですかい?

通路は奥に行くに従い、ゆるやかな下り坂になってるので、
通路が春の小川となりまする。
Posted by kazu at 2013年04月25日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。