2012年11月01日

少なめ推移

今年もカメムシがどっと攻めてきたものの、去年と比べると断然少ない。
手が届く範囲の隙間をことごとく目張りした効果が出てるのか、それとも自然界の総数が今年は少ないのか?
夏の間に使った蚊取り線香も去年より圧倒的に少ないし、庭の虫もそれ程じゃあ無かったし・・・。
特別思い当たる異常気象でもなかったけど、私には思いもよらない何かがあり、虫たちの成育に適さない環境だったのだろうか?
それでもセッコウボクとハスカップは葉を全部喰われて丸裸になったから、それぞれの虫の成長時期のなんか微妙な加減なんだろう。


とにかく一日の最高気温10℃前後の寒い日がずっと続いているので、カメもそんなに飛べないっぽい。
去年は周囲10キロくらいのが、みんなわが家に集結したって感じだけど、今年は1キロくらいしか移動できなかった・・・みたいな。

今年が特別なんじゃなくて、去年が異常だったのならいいのだけど・・・。
去年は掃除機持って何時間も吸い続けてたもんなぁ。紙パックいくついっぱいにしたろう、それでもちっとも減らなかった。

まあ、あれだね。どん底を経験すると、あの時に比べればって感じるのよね。カメムシはいないのが当たり前なんじゃなくて、いっぱいいるのがスタンダードそう思っておけば間違いないでしょう。


posted by kyouei at 08:11| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。