2012年09月20日

廃屋撤去

ここに越してきた時から気になっていた隣の廃屋が、とうとう消滅しました。
景観向上のための町の補助事業に親族が応募した・・・っぽい。
地元の業者が請け負って旭川の下請けに出した?という構図。

屋根が落ち壁も崩れた廃屋から、風が吹けば木片やトタンが飛んできてたので、
景観上からも安全面からも大歓迎でした。

長年見続けてた建物も着手されればあっという間、二日間で更地になりました。

工事中、重機に乗っていた親方らしき人の怒鳴り声が聞こえました。
重機でガンガン壊したのを、作業員らしき3人ほどがトタンや木材の分別をしてたっぽいのですが、
親方の指示通りに動いてなかったのでしょうか?

P1030011.JPG

P1030015.JPG


昨日の夕方、きれいに撤去された場所を撮りに行きました。
ら、何やら地面に飛び交う蜂・・・うひゃ、スズメバチみたいだー。
慌てて家に逃げ帰り、夫に話したら、

「そうだよ。木のところに巣があったって言ってた。」と。

夫は私が行く前に、重機運搬の車を待つ親方と世間話をしてたけど、そのときも回りをブンブン飛んでたって。
「俺は全然気にしてなかったけど。」って、この『俺は絶対刺されない』という揺らぎ無き自信はどこから来てるのでしょうかねぇ。



ところで、巣を壊された蜂たちはどこへ行くのでしょう?
最近ちょっと増えてきてたのはそのせい?
作業してた人達は刺されなかったのかなぁ?


お花を植えたくなるほどきれいになった地面。植えないけどね。

P1030017.JPG





posted by kyouei at 06:35| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな「刺されない」自信は危険です。私も昨年一杯刺されて「おのれ」と、巣ごと焼き殺しました。今年まで後遺症はあったようです。
旦那様共々お気をつけられい!!

また一段綺麗になりましたか、きっと、親方は蜂が気に成ったのでしょう。序に巣も取ってくれれば良かったのに。
黄色大スズメバチは永遠の敵です。某国みたいですね。
Posted by okage72 at 2012年09月20日 09:34
景観良くなりましたね。

スズメバチ怖いですね。屋根裏に出来た蜂の巣を撤去するってテレビで見てて、サブイボが・・・・

家も隣の畑が荒れ放題なので、25日に業者が来てくれるんですって 
草が生えないように処理しなくちゃ!
Posted by mihoko at 2012年09月21日 08:51
オジサン
巣は埋めてしまったようですよ。
重機に乗ってれば恐くないですもんね。
巣が無くなって生き残った蜂はどうするんでしょうね?
ちょっとかわいそう・・・かも。

夫、けっこうスズメバチの生息圏で仕事してますが、一度も刺されたことがないんです。
よほどヤバイと感じたら逃げるでしょう。
ゴミステーションのシャッターを開けたら、中から出てきた時は、さすがにすぐ逃げたので。

mihokoさん
ウチも一度建物内に巣を作られて、夫が退治してくれたことあります。
軽装で立ち向かおうとしたので、冬の防寒着きせました。
「オレは平気だ」というけど、「私が平気じゃない」と説得しました。
何かあったら困るのは私だもん。

隣の庭は、スゲ?と、ユウゼンギクとミソハギとヒメヒオウギズイセンの大群落になってます。
オオハンゴンソウもあるので、最終的に何が勝ち抜くでしょうかね。

Posted by kazu at 2012年09月23日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。