2012年08月29日

夜温

7月半ばに京都に行って以来、暑さには辟易としています。
旭川空港に降り立ってからずっと、「北海道に住んでて幸せ〜」と実感しています。
冬の寒さなんかストーブで暖まればいいんだもん。
暑いのも寒いのも両方嫌いだけど、暑いのはこれ以上脱げないから寒いほうが良い。

とはいえ、残暑ですねー。お盆過ぎたら一気に秋になるんじゃなかったの?
「たったの」28℃でも、涼しい生活に慣れた身にはこたえます。

昨夜の茶の間は暑かった。じっとしてても汗が吹き出る。
日中留守にする時でも、窓を少し開け、西側のカーテンを閉めるのですが、それでも暑気がこもっていたようで、夕食後久しぶりに涼みに外に出ました。


いつもながら外はスーッとしています。
昼夜の差が大きいためかうっすら靄(もや)がかかり、月も向かいの山もぼんやりしています。
わが家の入り口のとこ、町道に出ました。
たった1つだけの街灯に寄る虫もいません。そう、蚊も飛んでないのですよ。
アスファルトに寝そべりたい気分でしたが、さすがにそれはやめました。

町道はもちろん、国道を走る車もありません。
聞こえてくるのは虫の音と川のせせらぎ、いやぁ、もう、別世界です。
タンクトップに短パンという、人様には見せられない格好でしたが、だあれもいませんよ。

すぐに涼しいを通りこして寒くなりました。

家に戻って玄関に入れば相変わらずもわっとしています。
けど、シャワーで汗を流してさっぱり。
最近2階に寝てるのですが、いつも少しだけ窓を開けてるので、その部屋もとっても快適です。

山はすこしずつ秋の気配が漂いはじめました。




posted by kyouei at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。