2012年06月01日

やっと春

庭の雪が全部解けました。ウチの桜は今年は咲かない・・・か、気付かない内に終わったようです。
庭ではチューリップや水仙やプリムラが咲いてます。
ウチの裏にはまだ雪が少し残ってます。

長々と同居したカメムシもだいぶ外へ出て行きました。もう上を見ながらご飯を作ったり、カメムシを気にしながら食事をしなくても済むようになりました。

もう・・・6月なんですよね。世間では「夏」ですよね。

今月は苗の植え込み月間です。毎日10以上のポットを空にしてます。多いときは20〜30くらいかな?もっとかも?
2階はアサガオやアスターなどの耐寒性がない苗くらいになりました。今年は遅霜の恐れはないのかなぁ? 今月半ばには2階を空にする予定です。

いくら苗を投入しても、まだ草だけの場所があります。草だらけは仕方ないとしても、草よりも花を多く、徐々にその比率をあげてゆきたいものです。


5月に2度目の遠出をしました。
滝上の陽殖園へ連れてってもらいました。
そこは山全体が庭、ぐるっと一周したら何キロにもなります。山の小道の脇にはさまざまな花が咲き、山の上に池まで作っちゃう、その池には金魚やメダカが泳ぎ(越冬するそうです)、池の中の島にまでお花が植えられてます。

それら全部、園主さん1人で何十年もかかって作り続けている壮大な庭です。
目指す方向は若干違うけど、こういうこともアリ?という、面白さがありました。


私の庭はどんな風に進化?するのか、家の周りを見渡せば、そこらじゅうに花を植える場所がある。
そのどこに何を植えるか、どこに植えたら気分良く育ち増えてくれるか、栽培方法なんて検索しても出てこないものもあるし、そもそも自然環境が大きく違うので、良かれと思う場所に植えて観察するしかない。

それが楽しいんだよ〜。
意外な発見を見つけたら、ほんと面白い。



posted by kyouei at 21:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
北海道の庭作りを検索しているうちにこちらに辿り着きました。
ウチでは水仙やチューリップは終わりクレマチスモンタナが見頃を迎えています。
そちらではようやく雪が解けこれから一気に賑やかになってくるのでしょうね。
種から育てるのが好きなので 難しい山野草の種まきなど気になることがたくさんでこれからも寄らせてもらいます。

草仲間も見せてもらっています。
写真が鮮明で、越冬も確認でき草姿も分かってとても参考になります。
Posted by meemama at 2012年06月03日 11:13
ようこそ、meemamaさん
モンタナが咲いているのですね。いいですね。
こちらはモンタナ、かろうじて冬を越せていたのですが咲けません。
苗は年々小さくなり、今年はもう出てこないかもで、残念です。

今日、裏の雪がちょびっとになってました。
良く見たらチシマ桜が何輪か咲いてました。

草仲間で紹介する花は、ほとんどがここの露地で夏と冬を越したものですが、植えつけた場所によって結果が変わることが多く、まだまだ手探りです。
山野草の種蒔きも、やっと最近手ごたえを感じるようになれました。
Posted by kazu at 2012年06月03日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。