2012年05月01日

たぬき

春になって道路の雪が解け、家出の季節になってしまった。
昨日からチロリンがいない。自由に外へ出られる環境は猫の家出を止められない。
朱鞠内まで3キロの道のり、恋を求めるわけでもなく、居心地がいい場所があるわけでもないのに、なぜ行ってしまうのだろう。

夫が探しに行ったけど見つからなかった。また戻ってくると信じたい。


代わりにということは全然ないと思うけど、狸がやってきた。
何だかとてものそのそしてて、間近で狸をみたことなんてほとんどなかったから、
なにこれ? たぬき・・・だよねぇ?

校舎の玄関に入り込み隅っこでしばらくじっとしてたので、夫を呼んだが「そのうち出て行くだろう。放っとけ。」となった。
でも、ウチのほうに入って来られては困るので、住宅に通じる戸は閉めた。
猫は怒っていたが、さすがに自分よりでかいので飛びついては行かない。遠くから威嚇している。

放っておいたらやがて出てきて雪解け水を飲んでいた。
近づいて見ると右足の毛が剥げているようだ。どうやら怪我をしているらしい。それであんなに動きが鈍かったのか。

P1010107.JPG

怪我をしてても死にそうでも、自然の動物は自然のままにというのが、私らの考えなので、犬や猫なら保護するが狸には何もしない。ただ無事に生き延びて欲しいと願うだけ。


posted by kyouei at 06:49| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狸だよね〜〜〜
 長沼にはアライグマが畑の作物も食い荒らして困りました。
 トウキビは如何にも手で取って齧った後おいてあるようでした。
 昨日で72になりました。
Posted by okage72 at 2012年05月01日 14:09
オジサン
やっぱり狸ですよね。
家から去ってどこかへ行きましたが、今頃は・・・。
感情移入しやすい性格なんで、哀しいです。

私は明日で、○○才。
お互い長生きしましょうね。
Posted by kazu at 2012年05月02日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。