2012年04月26日

屋根を守る

家(建物)を守るため、夫は夏も冬も忙しい。
雪降ろしが完全終了してやれやれと一息つく間も無しに、次はペンキ塗り〜。
まだ軒下にたっぷり残る雪山を利用して、先日は屋根の端っこを塗った。

数年前に買った大きな缶(18L)のペンキが終わったので、昨日(一昨日)旭川まで買いに行き、
今日(昨日)はさっそく屋根の上の人。
久々に上がった雪の無い屋根の上で「足がすくむ〜。」と、へっぴり腰で歩いてました。
軽トラックにロープを結び、命綱にして反対側の屋根を塗ります。

トタンはだいぶよれよれで、本来なら張替える時期をとっくに過ぎてるけど、
やっぱりここでも先立つものがないので、完全にアウトになるまで、ペンキでごまかします。
雨漏りなんか気にしません。

それより軒の修理が先です。雪の重さに耐え切れずちょっと傷んでます。
下から柱かなにかで支えをしないとやばそうです。
旭川まで買い物に行ったのは、その材の下見も兼ねてでした。

あっちこっち、ガラスが割れて、そこから猫が出入りしてます。
つぎはぎだらけの校舎ですが、私たちが出来る限り、形を維持したいと考えてます。

そうそう、猫がはしごを登って夫の仕事を邪魔します。
はしごを登って上まで行ったはいいが、トタン屋根は爪がかからないので、ずるずる〜と滑り落ちます。


posted by kyouei at 04:40| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通の広さじゃないから大変ですね。
今我家も塗り替え 考慮中 先立つものもだけど
誰かお客さんが、来るわけでもないし
夫婦二人だからとは思うのよね
Posted by mihoko at 2012年04月27日 00:31
我が家も、「古家」なので母屋も塗らねばならない。
物置は大々的だが足場が要る・・・方法検討中。
母屋は傾斜がゆるいので登れる、せいぜい命綱かな。
壁もモルタルなのでひび割れ防止をせねば。
Posted by okage71 at 2012年04月27日 09:20
先日ポストに広告が…
『そろそろ屋根の塗り直し、しませんか?』
そんな、タイトルでした!
見て行ったんだなぁ、、、(笑)

苗、有難うございました♪
あのチッコイ青ケシは、あのポットのまま、もう少し大きく成るのを
待ってた方がいいですか?
スグに大きな鉢に植え替えした方がいいですか?
まだ早いですよね。弱々しいので、もう少し大きくしてからの方がいいですよね。
Posted by alice at 2012年04月29日 00:08
mihokoさん
どんなあばら家でも雨露さえしのげれば・・・が、基本ですが、
さすがに屋根が壊れるとそうもいかないですよね。
私たちに校舎を守る義務もメリットもないのですけど、残せるものなら残したいものです。

オジサン
命綱は絶対つけてくださいね。
トタン屋根は滑るので、滑りにくい底の靴も必要ですよ。
壁もどんどん劣化してます。ちょっとやばいかも?

aliceさん
ウチは道路の方からは、物置のような旧校舎しか見えないので、
そんなセールスも来ないけど、元々が古い家なのでかなりガタが来てます。

幼苗は大きな苗より多少高温に耐えられるらしいです。
小さいから水切れだけは注意してください。
しばらく様子を見て、窮屈そうなったら、
一回り大きなポットに、そのままそっと植え替えたら良いと思います。
でも、これは案外タフかもしれません。


Posted by kazu at 2012年05月01日 07:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。