2012年03月17日

ハイテンション

約1年ぶりの東京の孫ちんは、すっかりおしゃべり上手・・・というか、しゃべり過ぎになってて、ばあちゃん子は三文安い・・・と言ったら娘に怒られるので言わないが、その感たっぷり。
同居はしてないけど娘が仕事に行ってる間は、向こうのお義母さんなど(おばあちゃん・おおばあちゃん・おばさんなど複数)にお世話になっている。そのせいか言葉使いも「そうなのよ〜。」「ごめんなさいね〜。」(孫は男の子)

環境が変わって、昨夜は京都弁での「おだっている」(浮かれすぎてはしゃぐ)状態でした。
おまけに自分でバナナがむけないことも発覚。呆れて末っ子が教え込んでました。(長女、寝ないで来たので昼寝中に)

さあ、ウチの家はそんなに甘くないぞ。短い間に「もう北海道はいやっ!」と言われない程度にきびしく教え込もう。厳しいけど楽しいお家になるよう、雪遊びもしよう。

末っ子に「私たちも3才の頃はこんなだった?」と聞かれても、「さあ?」とんと記憶がありませぬ。




posted by kyouei at 06:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あははは。
かわいらしいお孫さんの様子に、笑ってしまいました。
Posted by s at 2012年03月22日 09:03
Sさん
数年前に通ってきた道ですか?
私は数十年前のことなので、すっかり忘れていました。

ウチの息子もこんなだったかなぁ?
さすがに、おばあちゃん言葉は使わなかったけど。
でも、息子の耳はダンボでしたね。
大人達の話を黙ってじっと聞いていたよ。
Posted by kazu at 2012年03月22日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。