2011年10月17日

無駄な抵抗?

豊かな自然の中に住んでます。
豊かなのは木や草や鳥や動物だけじゃなく・・・虫も多いということです。

見渡す限りの山々から攻めてきたんじゃないかと思うほど、
やっぱり今年もカメムシは酷いです。
夫が言うのが正解だったようです。
今年は今までで一番多い。
だって、玄関に・・・降り積もっていたのです。

昼間壁にびっしり付いたカメムシは、隙間を見つけて家の中に入ります。
ウチは隙間だらけだから、どんどん容赦なく入ってきます。
それでも入り込むのに間に合わなかったやつらが、
夜、気温が下がって力尽きて下に落ちます。
それが積もっていたんですよね。

やつらは気温が下がったら動けなくなるだけで死んじゃいません。
気温が上がるとまたモソモソ動き出すんです。ゾンビみたいだ。

掃除機の紙パックがすでに満杯になり2度交換しました。
紙パックは奴らの出す臭い液でぐっしょり濡れていました。
玄関に積もったやつも吸い取りました。
掃いて捨ててもまた戻って来るのだから、紙パックに密閉して処分するのが一番です。

3晩続けて吸い込みましたが一向に減る気配はありません。
桁違いなのは知ってます。
冬中吸い続けたって、春にはわさわさ出てきてましたから。

それでも、例えば40万匹来たヤツが、30万匹に減ったとしたら、
快適さ・・・には程遠いけど、気休め程度にはなるんじゃないかと、
うじゃうじゃしてる窓を見ながら思うのです。



posted by kyouei at 06:46| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。