2011年10月04日

束の間の平穏

家の中も外も、とっても虫が少ないです。
先日まで外でバタバタうるさかったでっかい蛾も、すっかりなりをひそめました。
氷点下になって、生き残れる虫も僅かです。

この平穏がずっと続いてくれたらどんなに幸せでしょう。

けれど、現実は・・・あと一週間ほどで恐怖のXデーが来るのです。
今は1匹も、そう、1匹だっていやしないのに。

家ごと、超巨大ネットで覆ってしまいたい。
理屈ではできるけど、現実にはまるでムリ。
隙間を全部塞げば、人間が窒息してしまいそうだ。

息子が、この家をカメムシに譲って、隣に新たに建てたらいいんじゃない?
と言った。
それも一計、じゃあ、お前が建ててくれ。返事はない。

一匹もと、書いてたのに、ブーンと一匹飛んできた。

テントウムシか、なら許す。

あー、ほんとに何もないけど今は幸せ、今だけは。





posted by kyouei at 18:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね小春日和と言うべきかの、陽だまりのある日には。
いよいよ年越しの命を繋ぐために大乱舞を虫たちが繰り広げる日がありますね。ぶよも何だか判らない虫たちが雲と化する日の事ですね。

そういう時こそ、選択性の強い殺虫剤は効くんだろうとは思いますが、私は共栄ほど(想像)ひどくは無いので逃げます。
Posted by okage71 at 2011年10月05日 09:41
殺虫剤、以前買って、一度しか使ってないのがあるのよね〜。
敵は圧倒的多数だから、焼け石に水だと思うけど、またちょっと使ってみようかな。

山の中に住む宿命とあきらめているんだけど、でも、
おちおちご飯も食べれない状況は何とかしたいなぁ。

向こうは命がかかってるんだもんね。そりゃ必死だね。
こっちは、必死さが足りないわ。
Posted by kazu at 2011年10月05日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。