2011年09月16日

1ヶ月

台所の片隅を子育て箇所に選んだ若き母さん猫、チビコロリン。略してコロリ(ン)。
おぼつかない足取りでヨロヨロと歩き出した仔猫。
うひー、か、可愛い。そうそう、これくらい、この時期の仔猫を一番可愛いと思うのよ、私は。

ちょうど、生後1ヶ月。覚えておこう。

まだ母さんからのおっぱいと排泄も母さんが始末してる。
始末って知ってる?
母さん猫がお尻をなめて、しっこやうんこを食べるんだよ。
夫はそろそろ猫トイレを室内に入れないとダメじゃないか?と、玄関にあったトイレを洗った。
夏の間は、みんな外でし放題だったから、玄関に置かれたトイレはほとんど使われてなかった。

室内用猫トイレが、仔猫専用になるならいいんだけど、大人猫が使うとあっという間に汚れる。
まだ早いんじゃない?と私、掃除するのは夫だけど。

ピーちゃんはすっかりおばあさん猫になっちゃったけど、ピーちゃんが次々仔猫を産んだ時はどうだったんだろう?すっかり忘れてる。

もうそろそろ離乳食?そしてトイレトレーニングを始めるべき?

仔猫をベタベタに可愛がりたいけど、そうするとコロリンがまたどこか、今度は見えないところへ連れて行ってしまいそうなので、そーっと見守るだけにしてる。
もうじきさ、もうじき仔猫のほうから寄ってくる。

貰い手を探さないとならないんだけどなぁ。けど、どれも可愛くて手放したくない。くろっぽいのと灰色のと茶トラ3匹。茶トラはみんな父さんの茶色君にそっくりで区別が付かない。
このまま手元に置いていたら・・・大きなリスクを抱えているのを承知で仔猫ライフを楽しんでいる。


posted by kyouei at 03:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。