2011年09月06日

でか息子

でか息子から、今月末頃に来ると電話があった。やつは滅多にメールをくれない。電話もほんとに急ぎの時だけだ。1ヶ月先のことを予告するのは、その間に2階の部屋を片付けろということを意味する。誰も使ってなくても掃除が必要な部屋。

夫はお爺ちゃん(義父)の初七日に会ってるけど、私は先に帰ってきたので、かなり久しぶり。初七日の前々日に「明日帰国する」と電話があって、彼は関空から京都に向かったのだった。息子は8ヶ月まで京都で育ち、お爺ちゃんとも同居してた。

ウチの子どもは4人とも修学旅行が京都で、全員お爺ちゃんに会うよう仕向けた。親は滅多に行けないから、孫の顔を見せるのがせめてもの気持ちだった。

今じゃ、家族全員が集まるなんて、結婚式や葬式などの、私が昔嫌いだった「式」くらいになってしまった。普通に言われるお盆や正月は、北海道外から来るには航空運賃が高すぎる。
そうだ、式といえば、来年の法事(一周忌)には、私らも行く予定だから、みんな(=娘3人:息子はここを読まない)準備しとけよ。


子沢山で良かったと思うことは、適度に子ども(&孫)と会えること。こっちから本州へは全然行けないけど、1人が年に1〜2回でも、×4となれば、いい周期となる。子育てに必死の頃は、老後のこんな(意外な)楽しみには考えが及ばなかったなぁ。子沢山ばんざい!だ。



はぁ・・・・茶色君がまた、鳥をくわえてきた。何で茶の間で食べようとするのだろう?今朝は夫が取り上げて、裏にポイしに行った。


posted by kyouei at 06:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何で茶の間で食べようとするだろう?って、それは茶の間にご主人様が居るからです。
「ご主人様!今日も獲物を仕留めて参りました!ホメテ〜〜!!!」と、言ってるのです。「ヨシヨシ、ようやった!」とナデナデして上げなくては。(笑)

パンジー・ビオラの種を蒔いたのですが、雨続きで家の中でヒョロヒョロ、「なぁ〜に、このヒョロヒョロ!どうすんのぉ〜」と笑われて居ります。
Posted by alice at 2011年09月07日 01:48
aliceさん
>茶の間で
そうなんです。偉い猫なんです。猫の鏡、優秀な猫。本能に忠実な猫・・・。
ネズミや鳥は慣れました。始末してくれる夫の存在感「大」です。
でも、でっかい蛾は嫌ですよー。
「ギャー、早くどうにかしてー。」と叫んでおります。笑

パンジー・ビオラは、徒長しても何とかなるもんです。
植え替えのとき、やや深植えにしてごまかしてしまいましょう。
上級者になると、発芽日数と天気予報をにらめっこして、晴れが続く頃に芽が出るようにするとかしないとか。

天気予報が当たればいいけどね。
Posted by kazu at 2011年09月08日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。