2011年06月30日

カアコ

ウチのすぐ裏の、たぶんドイツトウヒ(松)から巣立ったカラスが、せっせと庭のドロノキの根元で何かをついばんでいる。
今年は毛虫が多いから、たぶんそれだと信じたい。
そうそう、カラスだってゴミを漁るだけが能じゃない。カラスもちゃんとした野鳥なんだ。

隣人はカラス退治に時々ロケット花火を打ち上げる。
パーンと谷間に響くその音が、銃声に聞こえて私はいつもドキッとする。

群れで来られたら辟易するけど、1羽2羽ならカラスも可愛いもんだ。
ウチのカラスは、お利口カラス?

傾いた電柱に止まったら、私はカラスーとか、カーコとか、カラコーとか、適当に呼びかける。
おまえに赤いベレー帽をあげたいね。


posted by kyouei at 05:14| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。