2011年04月01日

帰省

長女に次いで、息子が5月に来ることになった。娘と違って息子は友達と遊ぶのに忙しく、家にはほとんどいないけど、親を超えていっぱしの口をたたくやつとの会話は楽しい。

これは、子供を育てている時には想像もできなかったことだ。いくら偉そうになったとはいえ、子供は子供、そして親は親。育ててやったという自負があるから、立場は逆転しない。

息子の帰省も年に1回平均、北海道と本州はやはり遠い。

こう書く私は、もう何年実家に帰っていないんだろう?
5年くらい?もっと? はぁー・・・親不孝ものだ。せめて母が生きているうちに、もう一回と考えているのだけど・・・。



posted by kyouei at 05:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おばあちゃん!頑張ってますか???
一向にジーちゃんに成れないで僻んでいるおじさんより。

でも、無理してでも、特に兄弟間の軋轢は大変な事になりますからね
顔くらいは見ておかないとね。

近くの「農業振興公社」は組織代えに(事実上閉鎖)なるので昨日いっぱい其の庭に自生している、唐松と松の苗を貰ってきて植えました。防風の役目に育って暮れとの祈りを込めて。
Posted by okage70 at 2011年04月01日 18:59
ばあちゃんとは(まだ)呼ばれたくない。
じゃあ、何と?
どなたかいい呼び名を知りませんか?

自分では「ババア」なんて言ってるくせに、
息子からそう呼ばれても抵抗は感じないけど、
孫にはなぜか呼ばれたくないですねー。
Posted by kazu at 2011年04月04日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。