2010年12月22日

プロのお出まし?

温水器はずっと不調のまま、夫が少しいじったけど、さらに漏る所が増えただけ。(苦笑

水を使うときは、いちいち夫に「水出してー。」「とめてー。」と頼む。夫が居ないときで、どうしても使いたい時は、よっこらしょと背伸びして自分で元栓を開け閉めする。夫にうまく物事を頼むのは、家庭平和の秘訣だと思う。笑

そろそろ本気でどうにかしないとと、気付き始めた夫、職場に公私(仕事と遊び)でやってくる設備屋さんに声かけた。「ちょっとウチの見てや。」

んで、昨日、仕事の帰りに早速寄ってくれた。「とりあえず、こことここを交換だね。」

ついでに聞いた。「これ全部(温水器ごと)交換したら、どれくらいかかります?」
部品を換えても、すぐ違う場所から漏るのは目に見えている。なんせ、30年くらい前の代物だもの。

「そうだねー、ここなら、灯油のがいいんじゃない?」
おお、それは気が付かなかった。なんも電気にこだわる必要はない。

「見積もり作ってきてあげるよ。」「お願いします。たくさんかかるようなら、お金を貯めてからになりますが。」

ちょっとの会話だったけど、感じはいい。頼むならここにしよう。すぐには無理、来年か再来年以降のことだけど・・・。

さあて、問題は、手の届く範囲に見積もりが納まるか?ってことだね。


posted by kyouei at 13:54| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日は−3℃〜5℃と
激寒のクリスマスです。
ススキの刈り取りは延期して
お家で読書にしよう。
(*^^)

確かに、新品に全交換がスッキリします。
安心です。
でも、配管からすっかり取り替えると
けっこうかかりそうですね。
「(´へ`;ウーム

北海道の温水器って寒冷地仕様なのでしょうか?
配管を断熱材でカバーしても
凍りつきそうな気がしますが…。
もしかして室内にセットされているのかな〜。
(・・?
Posted by ケロ at 2010年12月24日 22:08
ケロさん、お邪魔虫オジサンです。
当然、温水器は室内ですよ。ましてや、共栄では雪ですから外では無理。
最近、我が家では古家にリフォームで(特に水廻り)やりましたが、10年近く使ってなかっただけで機械は交換になりました。予定よりかなり出てしまいました。苦汁の皺をおでこに作り?はげた頭かな。
風呂もトイレも井戸のポンプも可也大変でした。温水器は通常の大きさで15くらいは新品でします。工賃は値切れば安くなるけれどね。
お湯が無い北海道の暮らしは私には理解できなくなっています。
単なるふやけのじじーです。
Posted by okage70 at 2010年12月25日 17:19
ケロちゃん
全交換したいけど、配管部は無理です。
というか、温水器だけの交換も今年は無理。
とりあえずの応急処置だけですが、それでもかなりかかりそうです。
修理しながら、「おおっ」とか「うわっ」とか、さわれば壊れそうなほど劣化しているので、一筋縄ではいかないようです。
オジサンも言ってるけど、温水器は室内、台所の片隅にでかい図体を晒してます。
もちろん、室内にあっても寒冷地仕様です。数日留守をしたら、家の中でも−20℃になるからねぇ。

オジサン
水廻りがダメってウチも入る前に言われました。
何とかごまかして住んでますが、少しずつ新しくしないといけません。
トイレだけは途中で一度リフォームというか、浄化槽の工事が入っているので少しマシですが、洗面所なんか放置です。苦笑
井戸も相当やばそうです。水は浄水器を使って飲んでますが。
お湯のない生活〜前の公営住宅は家全体が暖かいので、湯沸かし器が壊れてから数年辛抱してましたが、その反動もあってか、ここでは辛抱しきれません。
ストーブがないと寒さで死ぬように、お湯が出ないと心が寒すぎになりますね。笑
台所の洗い物くらいにしか使ってないんだけど・・・。


Posted by kazu at 2010年12月26日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。