2010年11月04日

活性化

今年、朱鞠内湖の各施設の運営がNPOに委ねられ、若くて新しい住人が増えた。若さはいいなぁ。やること考えるい事が前向きでいいでよ。年寄りは既得権にしがみつくことなく、どんどん若いもんに託したらいい。

若さは若さを呼ぶ。来年に向けての補充も考えられているらしい。若者対象のイベント企画もあるかもしれない。やはり、もうちょっとこの地域を活性化させたいね。

空家情報もちらほら聞こえ出した。もっとも古そうな家・・・と感じているが、内情は分からない。

もしもあなたが北海道への移住を検討してたら、できるだけ田舎へ行くことを勧めるよ。そこには若さだけで出来る仕事もある。いや、若さとやる気も必要だけどね。

もしもこの地に興味を持っていたら、冬の間に来て見たらいい。想像を絶する雪の量、そしてそこで普通に住む私たちが待ってるよ。

キャンプ場のログキャビン、通年営業になったっぽい。


posted by kyouei at 19:26| Comment(3) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、活性化の動きがあるのですね〜。
>キャンプ場のログキャビン、通年営業
真冬の幌加内にお泊りに来る人って…。
温泉で雪見酒なんてよいのですが、
キャンプ場ですとスキーでもするのかな?
(^^;)

こちらも最低気温が4℃と一気に寒くなりました。
kazu様もニャンコと楽しくお過ごしくださいませ〜。
(^◇^)
Posted by ケロ at 2010年11月04日 22:46
移住するにはその土地の一番厳しい時期を経験しないと…。
ということで1月、2月に行くといいような。
昔、鉄道の線路が有ったころ1月に行った経験が。

今年3月、石垣に行ったら定観のガイドさん(男)「石垣に済むなら台風を一度経験してから決めてください。」と言ってた。
とりあえず当地の銀行の通帳を作ってもらったけど。

北に西にと日本はいい。すむと思えば住めるから。
Posted by わら@宇都宮 at 2010年11月05日 12:47
ケロちゃんの夢の進行具合はどうですか?
マイナーな観光地だと、ちょっと変わった人が、
そこそこ来るので面白いよ。
仕事もまあ、少しくらいなら何かあるし。

キャンプでは、何もないのがいいって人もいますね。稀にだけど。
1〜3月はワカサギ釣りで泊まる人いるけど、
雪遊びだっていいし、除雪体験なんかもありよ。笑

わらさん
鉄路は無くなってしまったけど、バスも頑張ってます。
運休なんて滅多しません。

石垣も良かったな。北と南どっちにする?って迷って、
やっぱり北にしたのでした。

そうね、その気になればどこにでも住める。
仕事も暮らしも、住んでしまえば何とかなる。
田舎の人って面倒見いいよ。
Posted by kazu at 2010年11月05日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。