2010年09月19日

ドングリ拾い

今日、キャンプ場でドングリをたくさん拾っている人がいたので、夫が声をかけたら、N町に住んでいた人だった。つまり、お友達のお友達。
今はS市に住んで工房だけそっちにあるんだって。

山にそのドングリを植えるそうよ。その樹から家具ができる頃、もう私は生きてないね。
けど、ウチもドングリをもっと植えようと思ったよ。
その樹が朽ちて舞茸が出る頃・・・って百年くらい先かなぁ。笑

以前、夫が拾ってくれて、あっちこっちにばら蒔いたドングリは、みんな「何か」の餌になったようです。
けど、通路の脇で何本か育っている。いつか実がなって、リスが遊びに来てくれたら嬉しいなぁ。

猫に捕られないように身を隠す場所も作らないとダメだけどね。

たとえ自分が生きてなくても、未来に夢を託すのって楽しいよね。


posted by kyouei at 18:29| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんぐりの木は成長が早いから大丈夫よ!
食用にもなるって確か聞いたことが・・・

珍しい茸を頂いたのね 小麦粉調達できたかしらん
のびのびと生活されてるのが文面から読み取れて 旦那がもうちょっと自然が好きだったらなぁって思います まぁ私 ネオンも好きですが (お酒も飲めないのにねぇ)
我が家でも 樫の木からの贈り物であちこちに成長した子供たちが 育ってますよ 邪魔にもなるんですが・・・
Posted by mihoko at 2010年09月20日 07:26
成長が早いの? それは良かった。
そういえば、食べられるって聞きますね。お味はどうかな。

ウチのダンナも、自然が好きとは言い難いです。
山菜や茸が生えてても、採ろうともしません。

自分がそれほど好きじゃないものだから、
採ればおかずになって食卓にあがり、食べさせられるのが嫌みたい。
「オレは好きじゃないから。」って、いつも言います。
「私は好きなの!!!」と、言い返します。
Posted by kazu at 2010年09月21日 19:24
友達からメールが来ました〜!
その彼女ともご無沙汰で、メールしようかなぁって
考えていたところでした。
ちょうどそのとき私は京都に居たの。
縁ってふしぎですねー。
Posted by フワコ at 2010年09月23日 02:07
不思議といえば、末っ子が牛飼いさんになったのも不思議。
搾乳や仔牛の世話なんかしてるらしいです。
ウチよりもずーっと山奥、いずれそんな環境で暮らしたいと言ってたけど、
こんなに早くなるとはね。

お友達、なんでS市に引っ越したのかな?ちょい気になったりして。
Posted by kazu at 2010年09月23日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。