2010年09月13日

慣れ

今年の夏が暑かったせいでか、庭にはいろんな種類の虫がいる。私の嫌いな毛虫、これもいろいろ。
前は見つけ次第抹殺してたけど、最近面倒になってそのまま見過ごすことも多くなった。そのうち鳥や蜂の餌になるんだろう、冬が来たら大半は死んじゃうし。

種類は多いけど、大量発生というのは少ない。キャベツや白菜なんか作ると、ごっちゃり付く虫がいるけど、そしてそれらが大嫌いな私は、見ただけで鳥肌立つけど、それは少ないなぁ。庭にはハーブや野草が多くて美味しい植物が少ないんだ。

菜園、キャベツ、白菜・・・敗北宣言です。笑

オオスズメバチが相変わらず、1匹、2匹飛び回っている。近くに巣はないようなので、やつらはたいていびゅんと飛び去る。共存?できているのかな?近くに来たらやっぱり逃げるけど、前ほどの恐怖心はなくなった。

日ごとに朝の気温が下がる。やつらの活動期間もあと少し。あれほど賑やかだった虫の声もめっきり減った。

アブはさっぱり、蚊もぐんと減ったので外作業が快適。


posted by kyouei at 06:47| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和歌山も昨日からグンと気温が下がりました 熱帯夜はもうないとのこと これでぐっすり眠れます

別のお花友達のところで今年は蝶が多いって・・・・ ツクツクボウシも鳴いてきましたよ 秋近し 冬に飛び越していきそうな話だったけれど このブンなら 実りある秋を楽しめそう

Posted by mihoko at 2010年09月13日 21:43
熱帯夜、京都に住んでいた頃、経験してます。
クーラー入れて寝てもタイマーが切れたら目が覚めてました。
こちら、何もしなくても、寝苦しい夜は1度か2度でした。

今頃になって黄色いチョウチョが飛び回ってます。
珍しい昆虫もいそうですが、調べるのが恐いのです。
Posted by kazu at 2010年09月15日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。