2010年09月08日

・・問題

今日も仕事だった。そして今日も「・・は持ち帰りですか?」と聞かれた。
自称ライターだというその人の言うことは、キャンパー側としての理屈は通っている・・・と思う。生・・なんか、何日も持ち歩けない、困ると言う。やっと慣れた私は「そうですねぇ。」と相槌を打つ。
困っている人を見かけたら、どうにかしてあげたいのが人情だ。

けれどそれが出来ない事情がこちら側にもある。

ここで受け入れをできないことが、コンビニや他の自治体への迷惑に繋がると言われても、ポイ捨ては個々のモラルの問題であり、その責を問われると「そうかな?」と思うのです。

受付のおばちゃん相手に論議をかましても仕方ないことなのです。

「私たちも困っているんです。」そう言うしかない。
ここは元々受け入れ体制がないし、保管設備もない。

「こういうことは書きますよ。」
「ええ、おおいに書いてください。」皮肉じゃなく、ホントにそう思う。

私は運営を委託された法人に雇われているだけの、しがない身。解決策は設置している自治体にある?

それでも悩んで、いろいろ検索していたら、考えさせられるサイトを見つけた。
ここはURLを貼り付けられない仕様にしているため、興味のある方は「キャンプ場の利用マナー」で検索してみてください。グーグルなら5つ目に出てきます。

その記事の中、9番目の一文が象徴的です。


posted by kyouei at 20:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにキャンプ場は採算が取れていないかも…。
日本経済が右肩上がりだった頃の遺産なのかな〜。
地元自治体の好意で運営されているのですね。
残飯が熊を呼んで、キャンプ場閉鎖?
(^^;)
それは寂しい終り方かもしれません。

「利用してやる」という意識を変えなくては、
トラブルが続きそうな予感…。
ゴミの持ち帰りって、そんなに負担なのでしょうか?
(・・?
Posted by ケロ at 2010年09月09日 10:51
熊で閉鎖、今年もいくつかあるようです。
帯広の近く、芽室もそうみたい。
早々と今年度の営業は終了となったようです。

何でもそうだけど、立場が変わると考え方も変わるのね。
私には決定権がないから、なるべく穏便に、ご協力お願いしますとしか言えないわ。

長期やチャリやライダーなんかの気持ちは分かるの。
でも、山へ行ったら捨てられない。
山とキャンプは違うけど、ゴミを出さない工夫も、もっとせにゃならんよね。
それは日常生活でも同じことよね。
Posted by kazu at 2010年09月09日 21:15
ちわぁ。
ゴルフ、スポーツ施設でもローカルルールはつきもの。
そういう人を相手にする仕事には賃金をアップするように今度275号線通ったら町長に頼んどくです。
煙草のポイ捨ても7年ぐらいしてない。
今では、前の前の車で煙草吸っていると匂うのでわかる。
煙草の煙もゴミです。
Posted by わら@宇都宮 at 2010年09月11日 11:21
こんばんわ、わら@さん。
町長なかなかのタ・・です。笑
そうですね。超超ローカルゆえ、普通の人の想像を絶することも多いんじゃないかと思います。
生・・保管してたら熊が来ます。
町の存続のほうが大事なので、あまり要望も言えません。
Posted by kazu at 2010年09月11日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。