2010年08月05日

小さな弱肉強食

ここは1年の半分が雪の中なので、冬眠をしない動物にとっては、かなり厳しい環境となる。北海道各地で問題になっている鹿の害も、道東に比べたらずっと少ない。
2mを越す雪が積もってしまうのだから、食料はそれより上に出ている木の皮くらいだからだろうか?

夏は餌が豊富で快適な外、冬は外に比べたらずっと快適な建物の中で暮らす生物がいる。ヘビ、ネズミ、カメムシ、テントウムシ・・・その他いろいろ、調べたくもない。

明日から10日間ほど息子が帰ってくるので、通称「息子の部屋」を掃除した。
ここは息子の大事なレゴと、漫画をはじめとする書籍がたくさん詰まっている。寮暮らしのやつは、買い込んだものが溜まると、宅配便を使って送ってくるのだ。しかもいっぺんに2箱も3箱も。
あまり本をたくさん入れたら2階が落ちてきやしないだろうかと気が気じゃない。
最近は宿泊者もこないので、この部屋の掃除は半年ぶりくらいかな。

夫や娘たちが出しっぱなしにした本を、何も考えずに空いた棚に詰め込む。
ゴミは前の置き忘れが少々、クモの巣も張ってない。
けれど、無数に転がるカメムシとテントウムシの死骸・・・よく見ると何者かに食べられた感もあり。
それらを片っ端から掃除機で吸い込む。

外では草に隠れて滅多に見られない・・・(でもないが)生物の営みを垣間見る。


posted by kyouei at 19:54| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメムシを?食う?奴が居るんですかね。くわばらくわばら、自然の輪廻???
しかし、これを食うと成ると、何だろう?寄生虫か?しで虫か?
馬糞ころがしではなかろう。

蟻かな?蟻は巣へ餌を運ぶしな???
どこかで調べるかな。
Posted by okage70 at 2010年08月06日 07:09
何か分からないけど、分かりたくもないですぅ。
ネットより図鑑類のほうがいいかもしれないけど、
わが家には子ども向きの図鑑しかありません。
それを時々眺めては、うえっ、気持ちわるーと閉じる私です。
Posted by kazu at 2010年08月08日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。