2010年07月29日

雨漏り

まったく最近は雨降りが続く。山の天気はコロコロ変わると言うけれど、雨でも雪でも、降り始めたら1週間ということもよくある。

窓辺が濡れていた。窓を開けているとこは仕方ないけど違うとこ。そう、雨漏りだよね。

茶の間の窓は壁からいくぶん浮き出たようになっている。もちろん、そういう仕様じゃなくて、老朽化ゆえ。
夫に「どうにかしてよ」と頼むも、「どうにもならない」の答えばかり。モルタルの壁ってどうにも按配が悪い。

多少の雨漏りは気にならない・・・気にしてたら生きてけない。濡れたら困るものを置かなきゃいいんだ。そのうち乾くだろう。とか言いながら、雨が降ったら怖くって(笑)建物の中を点検する気になれない。雨漏り箇所を見つけたら、どうにかしなきゃって思うでしょ、普通。「どうにか」をさっさと出来るならいいけどね。

けど、茶の間の窓はさすがに気になる。雨水の多くは玄関の小屋根から流れてきてる。「とい」なんて北海道の家にない。うん? 付けてみる? 夏だけ。
とにかく酷くさえなけりゃいい。

現在雨漏り箇所にペットシーツを置いた。これって単価10円くらい、安くて便利。


posted by kyouei at 09:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「樋」は北海道では非常に珍しいのですが、例の家には玄関の上に付けてある(半分壊れ)。でも、横には雨水が流れるが、其の落ち口(縦樋が無い)で返って雨水を被ってしまうので、今回とってしまえと命令してある。でも、其の前に1間半角の外スペースが(家のかど)があるので、財布と相談しながら屋根だけでもつけようかと考え中。そうすると、冬も、夏場も凌ぎやすくもなるかなとか。
Posted by okage70 at 2010年07月31日 14:33
そちらは降雪が少なくていいですね。
こっちは冬のことを考えると、いろいろ難しいものがあります。
それでも業者に頼めば、何とかしてくれるのでしょうが、
お財布の中は常に空っぽに近いので・・・。

あと20年・・・建っていられるんでしょうか?
Posted by kazu at 2010年07月31日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。