2010年06月10日

踏まないで

庭にいたら、通路に白い車がとまって、にこやかな顔のおっさんが降りてくる。あっ、営業スマイル!と感じたけれど、営業をやっている友人かもしれない。
「お久しぶりです。覚えていませんか?」
覚えはないけど、ネットや仕事で知り合った人かなぁ?(人の顔をおぼえるのが苦手)と思いつつ、「どなたですか?」と聞く。

その、青年というには無理のある、やっぱりおっさんというのがぴったりな人は、私の花壇を平気で踏んで近づいてくる。

「前にほら、ムートンのシーツを買ってもらった・・・。」
(おいおい、またかよ。覚えてないのはそっちだろうが。)
「前の人と変わってませんよね?」
(変わるんだよ。)

きっと「お久しぶり」も営業トークなのねー。
お友達じゃないと分かれば、こっちの態度が変わる。

あ、そこ花が植わっているから踏まないで!石のとこを歩いて行って!
そう言ったら、そそくさと戻って行った。なんだ根性が足りん営業だな。

私は、「ばかたれ」と、ちいさく呟いた。


posted by kyouei at 07:35| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お花を踏みつけにして侵入…。
故意ではないとしても
なんだかな〜。
「(´へ`;ウーム

kazu様は大人です〜。
ケロやったら、黙って塩をぶちまけます(笑)。
早く踏まれないサイズに育ってくれるとよいですね。
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
Posted by ケロ at 2010年06月10日 08:48
そこまで営業(あ!失礼)そんなに儲かるんかね??
 「こんな奥までよっぽど稼ぐんだね〜〜」とでも申し上げたいですね。花を踏むなんてのは外道中の外道。人間ごと叩き潰せ。
 「あ!後ろに熊が」とでも、言葉をプレゼントですかね。
Posted by okage70 at 2010年06月10日 12:56
ezo様今日は
お陰様で明日、退院出来そうとです
娘もヘトヘト、婆もクタクタ

自宅療養が2週間なので、此方で過ごさせる予定

滅多に人が来ない我が家でも、
花何ぞに興味ござらん方々には、石ころ畑にしか見えない
ミニロック?
ズカッズカト、踏んで行く、ア!其処、絶滅危惧種ダゾ

と、マア(言葉に成らず、、、、、)

で、
仕方なく、、、囲いました、





Posted by 無碍 at 2010年06月10日 17:46
>ケロちゃん
踏まれても仕方ないほど境がないのです〜。
でもって、対応は相手によって変わるの。
猫と犬と親しい人はOKなんよ。
自分でも踏んでるしぃ。

>okageオジサン
ふふ、オジサンもきっと踏みますよぉ〜。
営業は田舎のほうが楽なんじゃないでしょうか?
けど、来る人みんな「要りません」って言ったら帰ってく。
都会で鍛えられたプロが来たら、儲かると思いますよん。

>無碍さん
お疲れさんです。が、まだ当分は大変ですね。

最近「お客さん」がよく来ます。
通路のとこ、ちょっとだけ柵っぽく。
今日は、それが正解だなぁ〜と思いました。
Posted by kazu at 2010年06月11日 20:25
なるほど〜〜「ふむふむ・・・」(だじゃれ)

因みに、家の家内は「お金ありまへんねん」とやんわりお断り、
と、思いきや、あっさり「要りません!」で終わり。
大分北海道化したが、まだ弱い、この辺の伯母さんは「何だお前」で
一掃します。でも結構変なもの買っているようですよ。

振れる袖の無いのが一番。
Posted by okage70 at 2010年06月11日 20:43
私もきっぱり、「要りません!」
これで帰っていくねー。
営業は、断られたときから始まる・・・んじゃなかったけ?
Posted by kazu at 2010年06月13日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。