2010年04月11日

白い小動物

茶の間の窓の向こうは、そこそこに除雪していたので、今は積雪1mくらい。表層部で解けた水が沁みて凍り、雪というより氷に近い。
そこは、ネットをするのに座っている椅子から、右手を伸ばせば届きそうな位置、途中にガラス1枚あるけれど。

建物とこの氷塊の間には10〜20cmほどの隙間ができている。家からの熱が徐々に雪を解かしているのだろう。

昨日の朝、その隙間から「何か」が出てきた。
見たのは一瞬、私だけ。全長20cmくらいでスリムなボディー。顔は小さめ、真っ白、長い尾の先だけ黒い。

私、興奮気味に「えっ、今の何、なに? 初めて見た。可愛いのー!」猫じゃなく、夫に言う。
蛇や鼠、家の中にまで出てくるのだから、たいていのものには驚かないけど、これにはびっくり。

調べたら、エゾオコジョっぽいけど、違うかなぁ?


posted by kyouei at 08:24| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オコジョか〜
 北の国からですかね・・・まあ、その辺ならオコジョどころか、クマゲラも居ると思うけど。近くの江別の原生林で確認してブログに乗せている奴が居ます。雪の上も今なら可能ですから双眼鏡でももって出かけよう。熊公は今冬眠の最中でしょう。
Posted by 長沼オジサン at 2010年04月11日 22:19
エゾオコジョ?
画像検索してみました。

(*'▽'*)わぁ♪
かわゆいです〜。
冬は真っ白になるのですね。
チロリン君とどっちが強いかな(笑)。
Posted by ケロ at 2010年04月11日 22:51
「エゾオコジョ」名前の響きからして、ベッピンさんだと想像していたけどマジ可愛いわ〜♪
それに、準絶滅危惧類に登録されているらしくて、滅多に出会わないとも、でも出会えたら幸せが訪れるとも言われているらしいですね。

出会いた〜い!でも私の場合はカマイタチがイイとこかな(笑)
Posted by yasu at 2010年04月12日 22:16
>オジサン
クマゲラさんもいるでしょうねー。
朱鞠内湖で張り付いて、撮影してたカメラマンがいたくらいですから。
鳥に興味があれば、かなり面白いフィールドだと思います。
昆虫も小動物もお魚さんも、その他いろいろ・・・私は植物だけで手一杯。

>ケロちゃん
かわいいでしょー。あれっきり姿を見せませんが、
すぐ近くに居ると思うだけで嬉しくなります。
うーん、カメムシ退治で家の周りに、
薬と言う名の毒を撒かなくて良かったと思いました。

チロリンはすでにネズミを2〜3匹捕ってきてます。
けど、オコジョさんは捕らないでほしいー。
あっちのほうが頭いいことを願います。(笑)

>yasuさん
可愛いけど強そうよ。(笑)
ネズミや昆虫も食べるって。カメムシも食べてくれるかな?
何よりも茶の間から、すぐ手が届きそうなとこで見られたのが嬉しいです。
ウチのガラスが旭山動物園なみの特殊ガラスなら、
熊が来ても恐くないのにね。
Posted by kazu at 2010年04月13日 08:55
オコジョも住むようになりましたか…
芦別岳のてっぺんで、出会った時のことを思い出しました。
感激でしたねー
クマゲラは苫小牧の奥の森で出会いましたが…大きかったー
北海道の自然は、大きく雄大ですね。羆さんが守ってくれているかもしれません。

適度な林に復活すれば、いろんな動物と友達になれるのではないですかねー
いいなー
Posted by system at 2010年04月15日 18:08
ふふふ。いいでしょー。
今年はクマゲラも、発見したら報告しましょうか?
はい、熊さんのおかげです。
人も来なくってちょうどいいです。

林としても植生をもっと豊かに・・・目指してますよー。
オコジョはあれっきり。でも近くにいると思うだけで嬉しい。
Posted by kazu at 2010年04月18日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。