2010年03月15日

雪の重さ

今年は雪が多かった。連日の除雪と雪下ろしに悲鳴をあげた人も多かっただろう。
真冬に大雨が降った。いつも暖房ガンガン焚いて、新しい屋根なら、滑り落ちる雪も、無暖房やケチケチの家は落ちやしない。この雨は全部雪に吸い込まれ、氷となって雪と一緒に屋根に残った。

隣家との間にあった廃屋が、雪の重みでとうとう壊れた。屋根雪はひとかたまりとなって、屋根と一緒にずり落ちていた。

バスに乗って市街地へ向かった。何年も形を保ってた廃屋や物置が、あっちもこっちも潰れていた。
やはり、放置していたら家は潰れる。そんな現実をまざまざと見る。

ちなみにウチの横にあったNさんの資材小屋は、潰すのが目的でわざと雪下ろしをしなかった。こちらは降雪早々屋根が落ちた。

春がもうすぐ・・・のはずなんだけど、今日も雪が降った。


posted by kyouei at 21:51| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。