2010年03月03日

一足先の春

外はまだ、3m近い雪壁が通路の両横にあるけれど、お日様が顔を出すようになって、やっと2階が春めいてきた。2階の南側和室二間、ここに何があるかというと・・・。

外では冬越し出来なくて秋に取り込んだ植物、雪が降ってから送って頂いたもの、ホームセンターへ行くたびにちまちま買った鉢植え、冬の間に増やそうともくろんださし芽苗、そして大量の種蒔きポット。

つい先日まで、毎日毎日雪で薄暗く、日も差さない中でかろうじて生きていたものたちが、やっときた春に一息ついているような。

窓はそれほど大きくないので、日当たり時間が長い特等席に何を置くか、そしてかんかんに晴れたら30℃になってしまうので、暑さ対策をどうするかが今後の課題になっていく。

もう、マイナス20℃なんてならなければ、1階元教室に移せるものもあるけど、まだまだ油断はできないのよねぇ。


posted by kyouei at 05:43| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶーふーうーは、夫々お家を建てました。レンガの家、わらの家、木の家。
そうです、木の家は意外と強いのです。良い木材で出来た家は少しくらい水が浸入しようとどうしようと壊れません。でも、ブロックの家は(鉄筋なし)直ぐ壊れます。そうですコンクリートは50年で劣化します。柱に注目してください。その材質で、恐らく地元の植生で分かれますが(私らのところは駄目)(十勝は柏や楢)その力は100年では壊れません。風通しと言うより、乾燥させるように湿気に注意で長持ちです。
Posted by 長沼オジサン at 2010年03月03日 17:44
隣家との間に廃屋があります。
もう何年も雪下ろしなんかしてなくて、半分以上壊れています。
景観が悪いので、ここに来た時から早く潰れてくれたらいいのに、と思ってるのですが、なかなか全壊に至りません。
今も重そうに雪をたんまり乗せて、少し傾きかけてきたのですが、周りの雪に支えられているかのようです。

今年の雪で幌加内の車庫が何件か潰れたそうです。
中の車もパーになったとか。
Posted by kazu at 2010年03月03日 21:31
昨秋遅くに取り込んでいた「タピアン」が咲き始めました。
 秋もこの草が耐寒性があるので遅くなったので駄目かと思ってましが、強いのですね、昨春に中札内の道の駅で一鉢500円で売られていたのを思い出します。
 来年は頑張って一鉢200円くらいのレベルでも目指しますかね。
 我が家の庭の野菜類(埋めたもの)はそろそろ全面掘り出しの時期を迎えております。
Posted by 長沼オジサン at 2010年03月04日 11:23
雪が固くて、種蒔きした苗箱を埋めるのに一苦労でした。
暖かかったり寒すぎたり極端ですよ〜。
Posted by kazu at 2010年03月05日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。