2010年01月21日

作戦成功

昨日は1月には珍しく朝から気温がプラス。
どれだけ珍しいかというと、一日中氷点下の真冬日じゃない日は、過去のデータを見ても1月中に一回あるかないか。こんな風に突然暖かくなるので「温暖化」なんでしょうか?寒い日はやっぱり寒くてイメージ違うんだけど。

そんなことはどうでもいいやね。
家を押しつぶさんばかりに屋根にしがみついている雪を落とす絶好のチャンス。こんな日は屋根に上がっちゃだめ、家の周りに居てもだめ。

中から暖める作戦で。

まずは可能性の高い住宅部からと、茶の間のストーブをわざわざ強くする。茶の間のドアを開け、階段の手前にあるカーテンを上げ、暖気を2階に送り込む。
私は半袖。

晴れていれば、そうしなくても落ちるだろうが、昨日は雨、たっぷり雪が乗っているので、何もしなければ落ちないかもしれない。

やがて屋根南面の雪がドサドサっと落ちてきた。しばらくして西面も雪崩のように降り注ぐ。遅れて北面も落ちた。やったね。

階段のカーテンを下げ、今度は教室へ行く通路のカーテンを開ける。教室までの間に寝室にしている部屋があって、まずはそこから。どんな状況か外から見ようと思って玄関のドアを開けようとしたら・・・れ?、開かない。屋根から落ちた雪が、玄関ドアを塞いでいた。ぐっと押して20cmくらいの隙間から覗いたら、寝室の屋根部分も落ちた模様。

ならば、と今度は教室手前のドアを開放する。冷たい空気がぴゅーっと茶の間に流れ込んでくる。教室はほぼいつも氷点下。

と、こんな調子で、全部じゃないけどかなり落ちた。

今朝はまた−10℃ほどに冷え込んで、通路を塞いだ雪を夫がトラクターで除雪しているけれど、氷の固まりだらけになって、はかどらない模様。


posted by kyouei at 09:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅れたね!
 我が家の屋根の雪も(今季初=大したこと無い)どっと落ちた。
 朝からタイミングを待って(暇人)ママダンプで解けているうちに
 せっせと表の溝へポイ!ポイ!綺麗になった、凍る前に。
 今家の前は例の巨大用水路の工事中で巨大機械(クレーンが5台)
 が一杯右往左往。そいつらが除雪すると我が家はぶっ壊れそうな
 響き方。全く、こんな田舎で煩いことで。

 雪をさん気をつけて、体力と腰をね!
Posted by 長沼オジサン at 2010年01月21日 10:19
落ちてすぐ処理したほうが、断然いいと分かっていても、仕事の後は出来ませぬ〜。
それに、夜のトラクターは危ないんだって。

団地に住んでいたとき、道路の雪はブルドーザが押していくの。
そりゃーすごい地響きでね。家中ガタガタ揺れてました。
しかも早朝からだよ〜。

夫の休日前に落ちたのは、タイミング良かったです。
でないと郵便やさんも入って来れない。
なんせ通路は、高さ2mほどもの雪の固まりだらけだったので。
一日かかってまた道が出来ました。
Posted by kazu at 2010年01月22日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。