2009年12月31日

年の瀬

ウチの夫は働きモン、冬だけは。
ウチの妻(=私)は、働かないモン、1年中。
それでも笑いが絶えなくて、夫はいつも賑やか、
私は聞き流し専門。

まあ、いいんじゃない。
たいていそれで終わり。

数年前から明日が見えない生活だけど、
それでもどうにか暮らしてきた。
今日、生きていることを感謝して、多くを望まない。

明日のことは分からない。
それは誰だって同じ。
精一杯も生きてない。
せいぜい「せ」くらい。(笑)

こんなだから、良い年なんて来ないけど、
喰うに困らん程度に、生きていけたら上等でしょう。


posted by kyouei at 19:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
働くもの旦那様は一番の幸せ者ですね。
 kazuさん、keroさん、女狐さん、お邪魔虫のオジサンでした。
 もう直ぐお隣が(100m)お寺なので、除夜の鐘が我が家で
 聞けます。来年からは除夜の鐘を聞きに行くのに2kmほどあるな。
 ここも、まあ、真面目なお隣さんまで800mはあるので、
 御影のお隣(3〜400m)の方が近いのだが。住宅からは
 どの家も見えなくなっている。十勝の沃野です。
 今年は(この冬は)十勝地方が雪が多くてこれまで聞いた事も無いくらいの40cm以上です。来年からはまた少ない歳になるでしょう

 kasuさん御家族一同様、小さな幸せを(良く働く事のできる幸せ)
 を実感する歳が又来ますように。

  では、来年、お会いしましょう!ダーリンによろしく。
Posted by 長沼オジサン at 2009年12月31日 22:02
除夜の鐘も聞けず、煩悩も落とせずに新年になりました。
でも、TVがないので、実感、全然湧かず。ただの休日の朝です。

ウチはやっと、ここに根を張り始める年となりました。
オジサンは、今年が移住元年となるのでしょうか?

不便を知恵でしのぐ田舎暮らし、経験も知識も気力も足りなくて、
家中、保留箇所だらけですが、それでも生活できるもんですね。
Posted by kazu at 2010年01月01日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。