2009年12月17日

会報6号

私が橋梁保存会の会報の編集をしていることは、知っている人は知っているけど、知らない人は知らない。当然よね。(笑)

素人仕事だから、ワードを立ち上げるのも半年ぶり、そう、会報は年2回の発行なの。A4表裏、今回も記事が多くて字がちっさくなった。こんなちっちゃな字年寄りには辛いだろうなぁと思いながらも、いつも盛りだくさんになっちゃうの。

この会報を一番良く読んでいるのは私だろうなぁ。誤字脱字ないように注意深く打ち込んで読むからね。原稿がフロッピーで来たらありがたいけど、ワープロ印字や手書きだもん。それに写真。でも、裏面の深名線や鉄橋にまつわる思い出の記なんかは、よそじゃ絶対読めない超レアものでしょう。

ここに来る人の中に、多分この会報に興味ある人もいるんじゃないかな?年会費500円の会員になれば発行の都度送られるけど、一時的な寄付でも(なんせ貧乏な会だもんで)バックナンバーをお願いしたらコピーして送ってくれると思う。

コメント頂けたら、メールにて事務局の電話番号送ります。


posted by kyouei at 15:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そりゃ〜珍しいね(オジサンばかり憚ってすみません)
 そこの蛟竜橋の成り立ちとか、美深へ向かってのトンネルとか興味あるね、電話番号ではなくて住所・氏名をどうぞ。それがkazunokoさんの場合も、その旨教えてくんだされ!
 世にも儲からない路線の一つの「深名線」はとうとう乗らずじまいでした。懐古趣味じゃ無いけど、これからに向けての思い入れが欲しいね。殆ど、独断と偏見で満ち満ちていれば可也良いとは思います。
 少しでも、ご夫婦がその奥深い里に貴重な一時期を過ごしたと言う証にでもなれば良いのではないでしょうか。
 私も、あちらで、どのような証を残せば良いのか?他人様には全く大きな迷惑かと思いますが。
Posted by 長沼オジサン at 2009年12月17日 18:16
こんばんわ、おじさん。
北海道新聞取ってます?
なければ、こちら↓(頭の4文字省略)
://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/201101_all.html
この会のことなんですよ〜。

ウチらの証なんぞ要りません。
野の花と同じくひっそりと野垂れ死にたいですよん。
Posted by kazu at 2009年12月17日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。