2009年12月11日

ピーピ自由の身

猫の呼び名は気分で変わる。ピーピというのは、凶暴母さん猫ピーちゃんのこと。
つい先日まで旧宅で娘と一緒にいて、まだこっちの猫と仲良しになれない。離すとどこかへ行ってしまいそうなんで、届くところにエサと水とトイレをセットして繋がれの身だった。

そろそろいいかと紐付きのまま離した。紐があれば捕まえるのもたやすいし。
で、案の定ぴゅーっと教室の方へ走り去った。今は玄関の戸以外、外へ出れないから簡単に見つけられるはず。しばらくほったらかして、「ピーピ!」と呼んでも来ない。今朝はマイナス21。8℃だよ、教室もさぞ寒かろう。
上着をはおって探しに行ったが、見つからない。あれ?2階かな?居ないぞ。風呂場にも居ない。も一度教室、ニャーって泣いてる。教室には本箱や古い家具が所狭しと置かれている。その足に紐がひっかかって身動き取れないでいた。「待ってなよ。」と、手袋はめに戻る。ピーピは凶器の爪を隠している。
紐は引っ張っても抜けなかった。仕方ないので首輪のほうを外す。これで完全自由の身。

さあ、何をやらかしてくれるかな?

ピーちゃんは名ハンター。献上ネズミが増えるのは間違いない。(汗


posted by kyouei at 08:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。