2009年12月07日

荒れ模様

−20℃が2日続いた翌日に、気温がプラスになり雨が降った。そして今日は一日中氷点下で風が強く、終日吹雪き、窓からの景色が白くかすんだ。
積雪80cm、吹き溜まる場所はもっと・・・かもしれない。

外へ出たいと騒いだ猫が、玄関のドアを開けたら躊躇(ちゅうちょ)して、一歩だけ踏み出してすぐUターン、私も猫同様ずっと引きこもり。

この時期の外出は極力控えめ、約束も「天気が良ければ」という前置き付き。それが20数年間この地で暮らした結論。どんだけ吹雪の中で往生したことか。

いくら対向車が滅多に来ないとはいえ、気が付いたら対向車線を走っていたなんて、生きているからこそ笑える話。


posted by kyouei at 16:59| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kazu様、こんばんは〜♪
群馬も冷え込んでおります。
明日朝は1℃とこの冬
一番な寒さなのです。

−20℃、積雪80cm…。
ニャンコも引き返すわけです(笑)。
郵便配達の方もたいへんですね。

ケロも雪道の運転はおっかないです。
数年前に榛名山周辺を走っていた時に、
チラホラと雪が降ってまいりまして…。

迷い込んだ道からUターンで脱出しようとしたら、
脱輪。。
携帯は持っておりませんし、
見渡す限りの山林で人家はなし。
榛名山、死の彷徨〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

1km以上歩いて、農家のおじさんに泣きつきました。
おじさんは親切でお礼も受け取ってくれなかったの♪
朱鞠内でしたら、凍死していたかもです。
(^▽^;)
Posted by ケロ at 2009年12月07日 21:36
そうですか吹雪ですか
 こちらはものすごいDOWNバーストが吹きました。自作のトタン囲いの竈焚き場?のトタンが見事にべりべり!雨もほんのおさわりで
 風の威力が夜中でした。恐ろしい風の威力で5年前の?かな?台風を
 思い出しておりました。今回の低気圧は冬にしては珍しい軌跡を
 描いたようです。気の小さいオジサンは夜中にも確認に数度起きました。お蔭で翌日は眠くて参りました。雪が積もった方が風の圧力は
 減ります。でも、猛吹雪で一寸先が・・・・は大変ですね。
 此の頃では、吹雪が止むのを待っています。
Posted by 長沼オジサン at 2009年12月07日 22:37
郵便配達の車は、深雪をものともせず、玄関前まで入ってきました。
おおー、すんげぇ、車。
夫が帰ってから2時間以上、トラクター除雪しましたが、
明日の朝はどうなっているやらです。

私も山道に入り込んで、延々バック運転なぞしょっちゅうでした。
でも、脱輪や雪にはまると身動きできなくなるので、
最近は慎重です。捜索沙汰になりたくないもんで。(笑)

10年位前の真冬に、毎日旭川へ通った時期がありまして、
吹雪の日も何日か走りました。
一寸どころか、フロントガラスにたたきつける雪で、
何も見えない時は恐かったー。
まるで白い画用紙、停まっても追突されないかとヒヤヒヤ〜。
Posted by kazu at 2009年12月07日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。