2009年09月14日

カモミールのこみち

小径(こみち)って、書きたかったけど、変換候補に出てこない。

玄関前と多年草花壇の通路を、カモミールにしようとしている。ローマンカモミール・ダブルフラワー、葉が細くて這うタイプ。夏からは八重の小花が咲き、踏んだら芝生のようになって、いい香りがする。

それを全部となるとかなりの作業量で、年月も味方につけないととてもとても。

玄関から舗装された町道までは、幅2mから始まって8mくらい(もっと?)に広がっている。こちらはカモミールだけじゃ無理なので、増えたペニーロイヤルミントを、抜いては投げ入れている。むき出しの地面のままでは水はけが悪く、コケが生えるから。

玄関から一歩外に出たところのイメージはどんどん湧くのに、家の中はさっぱり。雪が積もったら考えることにしよう。(笑)



posted by kyouei at 06:43| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小道、小路…。
ホントデスね。
意外です〜。
小径は普通に使う言葉に思えますのに。
(・・?

ローマンカモミールの香りは
青リンゴみたいでステキです♪
ケロ的にはハーブの中でも
最も好みなのです。
(*TーT)bグッ!

環境が合わないせいか
駐車場では殖えないのですが…。
涼しいところの方がよいのかな〜。

レモンバームやリッピアも
一気に地面を覆ってくれます。
リッピアは水陸両用です。
トロフネの中にまで進出しております。
(・Θ・;)アセアセ…

臭いのきつさではレモンマリーゴールドでしょうが、
アレはレモンとは違うと思ふ。
かなり好みが別れますよね(笑)。

あ、ジンジャーミントは
さわやか系の癒される香りです〜。
(*^^)v
Posted by ケロ at 2009年09月14日 08:55
カモミールは、刈り込んだり踏み固めたほうが良いようです。
なので、ひょろんと伸びたのを、せっせと切って、花を落とし、
植えるというより、土を乗せておしまい。
これでけっこう着くし、増え広がってくれてます。

リッピアは今年2度目の挑戦。
一回目は越冬に失敗〜。今度こそぉー。

レモンなんとかは、匂いか色からの命名ではないでしょうか?
黄色かったら、何でもレモン。(笑)
そうだ、レモン・ポテンチラ(嘘)も入れよう。
這うタイプ。あるかな?

あと、白い赤花。(笑)
イワアカバナらしいのですがいかが?
Posted by kazu at 2009年09月15日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。