2009年08月23日

マツ科の木

敷地内には何本もの「マツ」の大木がある。
中でもカラマツが一番分かりやすく、他のマツは、「お〜い、これ、何松だー?」「(聞いてもすぐ忘れるくせに)・・・アカエゾマツだよー。」って、知ったかぶりをしていたら、どうやらそれはドイツトウヒだったらしい。いや、アカエゾマツもあるか?10本ほどの林の中に。
だけど、これ!ってすぐに言えない。なんか紛らわしい。

昨日は、落ちていたマツボックリから分析、どうやら、ドイツトウヒと思っていたのがアカエゾマツで・・・。

正体不明、ハイマツみたいに寝そべった松もある。雪の重みで潰れてしまったのか、それともこういう種類なのか、低いのでつい存在を忘れてしまうが、これもかなり古そうだ。

建物の北側はいつも湿っていて、生えているコケから松の赤ちゃんが芽生えている。これも、カラマツはすぐ分かる。でもって、これがアカエゾマツ?じゃあ、これは?・・・もしかしてトドマツ?(近くにトドマツの林もある。)
うーん、やっぱりよく分からない。

盆栽には興味なかったけど、最近、松も面白いかな?なんて、実生苗のコレクションを始めた。


posted by kyouei at 22:58| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kazuさま、おはようございます♪

北海道はもう涼しいようですね。
群馬はまだまだ暑いです。
昨日は特に蒸し暑くて、
暑さに負けて消えてしまった株があったりして。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

でも、オキザリスが続々と発芽中〜。
早くないですか?
普通は9〜10月に芽がでると思うのですが…。
植物はもう秋を感じているのでしょうか。
思いっきり熱いように思えるのですが(笑)。

松って実生で育てられるのですか。
ケロはお子様でした頃、
種を削ってピーピーと鳴らしてました。
松を植えられるようなお庭が欲しいです〜。
(^○^)
Posted by ケロ at 2009年08月24日 06:56
ケロちゃん、おはよー。
こちらでは、まだヒマワリが咲きません。
完全に温度と日照不足です。
もう、涼しいと言うより、寒いと感じる日が増えていきます。
暑いのよりいいんですけどね。

松は勝手に生えてきます。
壁のすぐそばなんで、抜かないとえらいことに?
で、それを抜いて鉢に植えてみました。
剪定して小さくする予定です。
盆栽の知識なんて、皆無なんですけどねー。

カラマツは春の芽吹きがきれいです。
大きくなる前に切ればいいので、ケロ邸にもいかが?
Posted by kazu at 2009年08月24日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。