2009年07月22日

アサギリソウ

斑入りとか銅葉(赤茶色の葉っぱ)の植物にそれほど興味がない・・・というか、あれば嬉しいけど、それをコレクションするほどの執着はない。たぶん寒さのせいで、普通の品種でも銅葉みたいになるのがあるせいだろうか?
でも、白っぽいシルバーリーフは庭のアクセントになるし、いいなぁと思うこの頃。

今日は、たまーに掘り出し物がある地元の花屋さんに寄った。うーん、たいしていいもんないなぁ、あってもお値段が高いなぁと宿根草を見てた。と、目に留まったのがアサギリソウ。細かな葉っぱがふさふさしてていい感じ。実はこれ、朱鞠内のSさんちで見てて、増えたら頂戴ね♪と約束してあるけれど、一株しかないし、株分けまでしてくれそうな気配もない。

何年後になるか分からないのより、目の前の苗、消えかけているお値段を聞いたら、150円というじゃないですか?ビニールポットじゃなくプラ鉢に入ってるのが、です。
即、買いました〜。(笑) しかも1割引でした。(^^)

帰ってから調べたら、さし芽も出来そう。うふふ、さっそく明日やっちゃおう。


posted by kyouei at 18:32| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラ鉢入りで150円、しかも1割引!
買いです〜(笑)。

シルバーリーフはカッコよいです。
ケロも週末にお店で悩みました。

寄せ植え用の斑入りのグラス類が売られておりまして、
カタカナの洒落たお名前なのです。
298円なので迷ってじっと見ていると…。

なんだか斑入りヤブランにソックリ(爆)。
アセッテ買わないことにしたのでした。
(^^;)

ちなみにケロは、長らくタツタナデシコ(ライオンロック)を
アサギリソウと思い込んでおりました。
全く共通点はありませんよね!?

どうやったら勘違いできるのか不思議です。。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
Posted by ケロ at 2009年07月22日 22:31
さし芽がうまく根付いたら、ケロちゃんちにも送りましょうか?
うまくいったら・・・ですけどね。

一つの植物に対して、お名前はたっくさんありますね〜。
学名も読み方さまざまですしねぇ。
おまけにネーム付ける人が間違ったりしてね。(笑)

ライオンロックってのは英名なんでしょうか?
初めて知りました。うーむ、どこがライオン・・・。

共通点はシルバーリーフかしらね。
Posted by kazu at 2009年07月22日 22:57
kazu様、こんにちは〜♪

アサギリソウ、次回分に予約したいです。
o(*^▽^*)oエヘヘ!
挿し木がうまくいくとよいな〜。

ライオンロックは流通する時の商品名のようです。
英名は Garden pink かもしれません。

タツタナデシコは Diansthus plumarius ですが、
ライオンロックは Dianthus spp. とかってなっていて
「ダイアンサス属の種類は多く、交雑が盛んで
ライオンロックの正式な学名は特定できない」
とありました〜。

う〜ん、ほんとにどこいらへんがライオンなのでしょう?
ロックはわかる気がします。
乾燥にごく強くて、ロックガーデン向きですもの。

けど、ライオンってなんでかな〜。
(・・?

 
Posted by ケロ at 2009年07月23日 08:07
ケロちゃん おはよー。
アサギリソウ うまくいったらいいな〜。

ダイアンサスは、英名でチェダーピンクというのがあります。
種から育てたのだけど、タツタナデシコの半分くらいの草丈で、
目があるのやないの、ピンクも濃淡さまざまです。
これらもみんな交雑種なんでしょうね。
Posted by kazu at 2009年07月25日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。