2009年07月01日

自然との共存とは

虫との共存? いやだー。

カメムシ騒動は一段落したものの、その後も次から次へといろんな虫が出てくること、普通の神経ではやってられない〜。

現代的・快適な生活の課題は、いかに虫を遠ざけるかだったのでしょうね。

でも、薬という名の毒は使いたくない。
せいぜい蚊取り線香どまり。
あとは掃除機で吸い込んで・・・。でも、きりがないほど出てくる・・・orz
クワガタなんかは、外へポイって逃がすんだけどね。

「さべつだー。」(虫の声)
そう、差別です。


posted by kyouei at 10:12| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有難う御座いました。

北海道は自然が一杯ですよね。

家も一寸だけ畑(旦那だけど)やってます。

ねぎが皆寝てるので如何したか?と良く見たらモグラが地中を走ったようです。

虫も沢山付いて取っても取りきれないです。
Posted by ブルスケでお世話になった母ちゃんです at 2009年07月01日 21:15
さっきは繋がりにくかったので(私のブログがね)
今繋がったので 宜しかったらと思い 添付しました。
Posted by ブルスケでお世話になった母ちゃんです at 2009年07月01日 21:39
虫の観察も楽しいですよ〜〜。
嫌いな毛虫でさえもね・・・。

まえはオルトランのスプレーを使っていましたが 今はアースジェット。人間には これの方が害がないと思うし 以外とハエ以外の邪魔な虫も死んでくれます。

今日、たくさんのナナホシテントウの幼虫を発見。
「頑張れ〜〜」とエールを送っておきました。
Posted by メギツネ at 2009年07月01日 23:03
はじめまして。母ちゃん。
モグラは、こっちにはいないので助かってます。
でもって、庭は虫も案外少なめです。
予防策は卵のうちに発見、処分でしょうか。

でも、家の中は多いよー。>メギちゃん。
多いなんてもんじゃないよ。(笑)
最近、嫌な物は「見ない」ことにしています。
我慢の限界を超えたら、バルサンでも焚こうかしらね〜。

テントウさん。
冬は家の中にウジャウジャいるのに、夏はさっぱり姿が見えません。
どこへ行ったんだー。働けー。
Posted by kazu at 2009年07月02日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。