2009年06月30日

不思議の庭

敷地内でまた得体の知れないものを見つけた。
それは茶色い棒のような・・・植物?
まだ花は咲いていない。ってか咲くの?
図鑑(「日本の野草」)で調べたら、○○○○ランに似ているような・・・。

明日もう一度、じっくり観察します。


posted by kyouei at 16:21| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知かとは思いますが
 散歩の折、道端でこの時期に見かけるようになった草花で、やっと私としては見つけました。「ホワイトキャンピオン」という花です。外来植物図鑑に載っているそうです。花の根元がプクッと丸くなっていて、「見かけん奴だね」と思って調べました。レッドキャンピオンは栽培種であるそうです。雌雄異株の草花だそうです。道端芝に混ざってやって来たようです。「何だろう?この花?」で始まりました。レッドキャンピオンは食用可能とありますが、これはどうなのかな?旨そうでもあるが、試食する気はありません。
Posted by 長沼オジサン at 2009年07月01日 22:20
おはようございます。オジサン。
そうですね、最近こちらでもよく見かけます。
さらに交雑種らしき薄いピンクのもあって、可愛いので庭に植えたりしてます。雌雄異株とは知りませんでした。

「旨そう」といえば、旨そうなキノコが生えてます。
怖いので食べたりしませんが。(笑)
Posted by kazu at 2009年07月02日 06:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。