2009年06月11日

アマニュウか?

通路から花壇へ降りる斜面に、1本の大型セリ科植物が生えている。春に芽生えてすでに1m、やがて2mを越しそうな勢いだ。

そこはエゾ砂を入れ、やがてロックガーデンにする予定だけど、今年は間に合わないかも?なので、抜かずに放ってある。馬鹿でかい葉っぱは、周囲と不似合いでも、面白いかなぁ〜?と思って。

それを見てて、ふと、多年草花壇の中に取り入れたらどうか?というアイディアが浮かんだ。これ、じゃなく、葉っぱがもっと繊細なヤツ。

ウチの花壇は平べった過ぎてメリハリがない。雪で壊れるから工作物は置けないし、エゾクガイソウなどの大型植物は、育ちが遅い。

もうちょっと日陰をと、植えた木の苗はちっちゃ過ぎて、何年かかるか分からない。
つる性植物だって、竹の支柱より、他の植物に絡ませたい。

今年は「セリ科のなにか」で、ひとくくりしていた「○○ニュウ」たちを、じっくり観察してみよう。


posted by kyouei at 18:37| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kazu様、こんばんは〜。

ケロも大型の多年草が好きです。
特に雑草系の丈夫なヤツがよいです。

狭い駐車場にも、道端の雑草がこぼれ種から
生えてきます。
タケニグサとかヨウシュヤマゴボウとか
オオキンケイ○クとか。
あっと、最後のはアカンかもです。
(^^;)

でも、1年間楽しんだら引っこ抜くことが多いです。
スペースが足りないのです〜。
お家は掘っ立て小屋でよいから、
広い畑が欲しいなっと。
Posted by ケロ at 2009年06月11日 23:19
ケロちゃん、お待たせ〜。

>大型
オオイタドリはどう? (笑)
もう2m近いよ〜。
ここは野草も昆虫もでっかいみたいで、
イタドリは3m以上にもなります。
イタドリ恐るべし。

○のは、あかんですぅ〜。
ウチでは引っこ抜きました。
ま、個人の庭にちまちまっと生えるくらいは、
いいような気もしますけどね。

掘っ立て小屋には、いろんな虫が侵入してきますぅ〜。(泣

超大型雑草〜
今年じっくり観察します。
オオウバユリなんかも、
インパクトあっていいかなぁ?と、思いはじめました。(笑)
Posted by kazu at 2009年06月14日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。