2009年05月09日

石拾い

卵を買いに行った。20キロくらい離れた場所まで。わざわざガソリン代をかけて? そう。それだけの価値があるんです。その代わり1ヶ月分買う。余裕でもつ。

以前、「石があったらちょうだい。」と言ったのを覚えていてくれて、「あそこの電柱の下に捨ててあるから、好きなだけどうぞ。」と教えてくれた。

ここらの庭や畑は、掘ればゴロゴロと一抱えもある石が出てくる。農作業の邪魔になるから、畑の隅にはたいてい石の山が築かれている。でも、いくら不要に見えても、よそんちのを勝手に持ってくる訳にはいかない。

「全部持ってっていいよー。」

帰りがけに見たら、軽トラック1杯分以上もの石、とりあえず10個くらいを車に積んだ。後はダンナと一緒に来たときに積んでもらおう。

現地調達のロックガーデン拡張作業、ゆっくりと進行中。


posted by kyouei at 07:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
父ちゃんが伊達に住んでいたとき 噴火で転がってきたデッカイ石をくれると言う方がいらっしゃったそうです。
でもね〜〜、見たらあんまり大きいんで 「いいわ〜〜」と言っちゃいました。
もっと広い庭なら絶対 貰うんだけど・・。

ヒメイズイが出てきました。
どうも お騒がせ〜〜!
Posted by メギツネ at 2009年05月09日 08:38
石ですか
 御影の駅の前の土地にも石だらけ(国鉄倉庫後)で、何か作るのも徐々に石堀してから、でなければ出来ませんのでスコップ一個分以上の深さに掘ってこれまでに大分取りましたがまだまだ。掘り出した石が山になっているので、これで竈でも作ろうと画策中。1台植木屋さんの古車(クレーンつき)を買うと沢山持ち込めますよ。
本当は十勝川から良さそうな石を(十勝石も)取るのが目的。
Posted by 長沼オジサン at 2009年05月09日 10:14
いつ頃からかしらね。石(ほんとは岩)がいいなって思うようになったのは。
それを若い友人に話したら、呆れられました。

よそのお庭のでっかい石を、いつも「いいなー。」という眼差しで眺めています。

御影の駅前ですか? オジサンの夢の舞台は。
以前の公営住宅の狭い庭の時は、せっせと石を掘り出していたのですが、今は逆です。
何でも使いようですね。

>クレーン
欲しい〜。(笑)
田舎暮らしは重機があると便利です。
Posted by kazu at 2009年05月09日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。