2009年05月05日

敷地まわりをぶらり

ぱっとしないお天気なので、双眼鏡だけ持って家の周囲をうろついてきた。
地面が何割か出て、残雪も自然状態の場所なら、多いところで50cmほどだろうか。

カラマツや桜の若木の皮がすっかりネズミに食べられている。まるで魚の骨のようになってしまった木は、このまま枯れてしまうのだろうか。
向かいの林の下はクマザサが茂っている。目ぼしい植物は、アザミとオオウバユリくらいか。

そこを左に90度、元畑を通って川の近くへ。やっぱりあった。エゾエンゴサク。雪解けを待てずに背伸びした若芽、あっちにもこっちにもにょきにょきしてる。

そこから雪原を戻る途中、急にざーって音が。風か?通り雨か?背後から追い越していった鳥の群れ。鴨より小さい。白鳥ほど目立たないけれど、北国の豊富な自然を求めて、多くの鳥が春を待ってやってきたのだろう。
そういえば今朝、ウグイスの声を聞いた。たぶん初鳴き。


posted by kyouei at 15:37| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。