2009年05月01日

車に次ぐ盲点

昨日はこちらも相当な気温になり、雪に囲まれていても暑さを感じた。GW前後に夏日を記録する年は割りとある。
何年か前、やっと1株育った青いケシを初夏の陽気で消滅させてから、寒さだけじゃなく不意に来る暑さに対しても注意するようになった。

今年、思いもかけず手に入った優秀な青いケシの種。発芽率が素晴らしく3〜5センチほどに育ったポットがいくつかできた。
1日中日向では暑すぎる。午後から日陰の場所・・・ということで、雪の壁の下にできたすき間に置いた。角度的に午前中だけ日が差す。

今朝、茶の間の窓越しにそれを眺めたら・・・ん? 葉っぱが見えない。まさか・・・。

双眼鏡で眺める。

ない。

慌てて玄関から外に出て確認する。
やっぱりない。

上部がすっぱり切れたようになっている。
これもネズミが食べたのか?
これも食べるのか?
くっそー、高いケシ(種はタダだったけど、かけた労力が惜しい。)なのに。

もう1ヵ所に置いた方を見に行く。
あったー。
こっちは無事だ。
猫除けに用意してある網をかぶせよう。

そういや、猫たち、昨夜は3匹とも外で過ごしたのに・・・。


posted by kyouei at 08:06| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。